儲かるポイントは付加価値にある

儲かるポイントは付加価値にある

付加価値とは、「顧客があなたから買う理由」だ。なぜ、顧客はあなたから買うのか?ただこれだけなのだ。あなたから買う理由というのは、いくつも考えられる。そして、この理由を明確にして行くことがビジネス戦略としての付加価値ということなのだ。付加価値という言葉をあまり難しく捉えずにシンプルに考えることだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

付加価値とはあなたから買う理由

ビジネスの本などを読むと、必ず出てくる言葉に「付加価値」とがある。ここでは、この付加価値について少し考えてみたいと思う。

付加価値とはそもそも何かというと、これがちょっと分かりにくい。

付加価値(ふかかち)とは、ある「もの」が有している価値と、それを生み出す元となった「もの」の価値との差のことである。一般的に、何らかの「もの」を使って新しい「もの」を生み出すと、元々の「もの」より高価値な「もの」となる。このようにして高価値となることについて「価値が付加される」という意味合いで、「付加価値」と呼ばれる。(ウィキペディアより)

なんだそうだ。
これで、解る?

わからないよね!
私もよくわからん。(笑)

私は、この付加価値については、こう考えている。

付加価値とは、

「お客があなたから買う理由」

だ。

なぜ、お客はあなたから買うのか。ただこれだけなのだ。これを考えれば、自ずと付加価値の答えが見えてくる。

付加価値とはあなたから買う理由

付加価値はいくらでも見つかる

この理由で一番最初に思いつくのは何かというと、その商品があなたしか売ってない場合だ。

これは、もう、明確である。

独自の新商品を開発して、特許を取れば、だいたいこの状態になる。それが、お客が欲しいとなれば、値段にあまり関係なく売れていくことになる。

次に思い浮かぶのが、あなたの商品が一番安いという場合だ。これも、理解しやすい。同じ商品でもあなたが一番安く売っていれば、たいていのお客さんはあなたから買ってくれるものである。

そして、もうひとつのパターンがあなたが好きだから買ってくれるという場合だ。

卑近な例だが、例えば、あなたがものすごい美人(またはイケメン)ので、あなたに好意を持っている人が、どうしてもあなたに好かれたい場合、この場合も、あなたから商品を買ってくれるだろう。

これ以外にもいくつか理由は考えられるが、とにかく、あなたから買う理由というのは、いくつも考えられる。そして、この理由を明確にしていくことがビジネス戦略としての付加価値である。

付加価値という言葉を、あまり難しく捉えずにシンプルに考えればいいだけだ。

関連記事

  1. 最小の資金で競争に勝つ

    最小の資金で勝つ小さな会社の戦略

  2. 集客の極意は依怙贔屓(えこひいき)にある

    集客の極意は依怙贔屓(えこひいき)にある

  3. 顧客台帳を整備することが経営の第一歩

    顧客台帳を整備することが経営の第一歩

  4. 売上の増えない原因は2つに集約される

    62,500人の見込客を忘れていないか

  5. お客の入口を継続的に数多く作る

    お客の入口を継続的に数多く作る

  6. 勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

    勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

error: Content is protected !!