社長はなぜ会社を拡大しようとしてしまうのか

社長はなぜ会社を拡大しようとしてしまうのか

会社やお店を大きくすることには、くれぐれも気を付けるようにしたほうがいい。会社やお店というのは、大きくしようとするほど倒産するリスクは、むしろ増えていくものである。事実、これまでに多くの会社が拡大を目指し、全国に出店して、そして、潰れていった。高品質で低価格は結局成り立たないし、大量生産をする企業は、より安い労働力を持つ国に勝つことはできない。結果として、価格競争による利益の減少に苦しむことになるのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運についてをテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

中小企業や個人事業といった小さな会社の経営においては、スモールビジネス戦略を取ることが望ましい。そのスモールビジネス戦略には、「無理な拡大を目指さない」という基本的ルールがある。

それでは、そもそも企業は、なぜ拡大を目指そうとするのだろうか。

多くの社長はこう答える。

「よりより商品やサービスを、より多くのお客様に、より安く届けるため」

これは、確かに正論である。
これができれば素晴らしいことだ。

しかし、高品質、低価格を追求してきた日本の企業がどうなったかは、ここ数年の状況を見ていればよくわかるだろう。高品質で低価格は結局成り立たないし、大量生産をする企業は、より安い労働力を持つ国に勝つことはできない。結果として、価格競争による利益の減少に苦しむことになるのだ。

拡大するほど倒産リスクが高まる

そもそも会社やお店というのは、大きくしようとするほど倒産するリスクは、むしろ増えていくものである。事実、多くの会社が、拡大を目指し、全国に出店して、そして、潰れていった。

会社が倒産する理由は、基本的には、資金ショートだけであり、その原因のほとんが、固定費が大きくなりすぎて、環境の変化などにより売上が減った時に、経費が賄いきれず窮地に立たされるからだ。

ここで、一時的に借り入れなどをして、たとえ、窮地をしのいだとしても、その後は、資金繰りに追われ、最終的には、やはり倒産することになる。この時にはもう、負債は手の施しようがないくらい膨れ上がってしまっているのだ。

だから、会社やお店を大きくすることには、くれぐれも気を付けるようにしたほうがいい。会社やお店をを大きくしようと思った時に、結局、この無理な拡大サイクルにハマって抜け出せなくなっていくことになる。

スモールビジネス戦略で、あえて拡大をしないというルールを作るのは、倒産しにくいビジネスを作るという意味なのである。

拡大するほど倒産リスクが高まる

社長にとっての拡大のメリット

拡大することによる社長のメリットは何だろうか?

まずは、
「社会的にかっこいい」
ということがあげられる。

大きな会社の社長はやはりステータスだ。マスコミに取り上げられたりして、ちやほやされたりもする。もしかしたら芸能人と結婚できるかもしれない。しかし、おそらく収入的には、大きくても、小さくてもそれほど変わることはない。

資産は、株式を上場すると大きくなるが、それを売って現金にできるわけではない。(もちろん、会社そのものを売却すれば別だ)それどころか、借入金額が大きくなるほど社長個人のリスクは大きくなる。借入をする際には、必ず個人での保証も求められるからだ。

また、会社を大きくして、上場したいという目標を持つ社長もいる。これは起業したら、やはり誰でもやり遂げてみたいロマンである。しかし、株式を公開した時点で、会社の目的は株主価値の増大となり、極端な言い方をすれば、株主のために仕事をすることになる。そうなると、短期的な利益を最大化することを求められ、目の前の利益を最大化するために、多少の犠牲も厭わなくなるしかない。

社員を酷使し、仕入先に圧力をかけ、競合他社の足を引っ張り、自然環境に過度な負荷をかけ、お客様の購買意欲を巧妙に駆り立てて、必ずしも必要でないモノを売ってでも利益を最大化させるしかなくなる。

「よりより商品やサービスを、より多くのお客様に、より安く届ける」

だったはずの目標が、上場した瞬間から株主の為の利益の最大化になるのである。

極端な表現だが、これが、現代の株式資本主義社会の姿である。

ビジネスの拡大を目指すということは、最終的にはここを目指したいかどうかなのだ。そして、一度でも、こうした拡大を目指すと、後戻りできなくなってしまう。

私は、こういう世界は、あまり好きではないので、あえて急激な拡大を目指さないようにしている。そのほうが、お客さんの喜ぶ顔が見えて、私にとって、やりがいがあるからだ。

ここで間違えないで欲しいのは、拡大をしないからといって、売上を減らすということではないということだ。同じ売り上げを増やすのであっても、数量を追うのではなく、バランスよく上げていくということである。抽象的な言い方をするならば、面で広げるのではなく、深さを追求するということだ。

不特定多数に大量に売るのではなく、限定したお客に、時間経過まで考えて商品を売っていくということである。つまり、時間軸を中心としたマーケティングをするということだ。その為には、お客一人一人と向き合うことが必要になる。

【参考記事】:

こうした考え方を取り入れることで、価格競争を起こさずに、利益を増やしてくことが可能になる。まずは、無理な拡大をせずに、顧客と向き合うこと。これが、スモールビジネス戦略の考え方の中心となるのである。

社長にとっての拡大のメリット

デフレ下のビジネスモデル

まあ、そういう私も、以前は、ビジネスをやる上で拡大は避けて通れないと考えていた。なぜなら、会社やお店を経営していると、年々経費が増えていくことに気づく。水道光熱費や、人件費が必ず増えていくから、売上を増大させるしかビジネスを維持できる方法は無いと思っていたのである。

これはインフレ経済下の経営スタイルだ。

売上を増やすためには、生産を増やさなくてはならない。もちろん、営業などの販売コストも当然増えていく。その為、会社やお店を維持するためには、商圏を拡大し、売上を増やしていくしかあり無いと考えていたのだ。

しかし、これが、一旦、経済がデフレ環境に落ち込むと、結局、価格競争が始まり、売上そのものが下がっていき、問題は売上をいかにして上げるかが問題になる。デフレ環境では、ビジネスコストが増えるから問題が起きるのではなく、需要そのものが不足していくのだ。

日本では1997年以降ずっと、お客の購買力が 落ち続けている。これがデフレ経済における実質賃金の低下だ。これは、拡大をするのではなく、経営を根本から見直さなければならない状況になっているのだ。

売上の減少を、補うためには、単価を上げるか、客数を増やすのか、はたまた、リピート回数を増やすのかしか無いのだが、しかし、需要そのものが落ちているときは、客数やリピート数を上げることが、なかなか難しくなる。そこで、しかたなく単価を上げていくことにならざるを得ない。しかし、もちろん単なる値上げでは、お客が減ってしまう。そうではなくて、新しい価値を創造し、客単価を上げていくことに進むしかないのだ。

そうなると、単に拡大すればいいという問題ではなく、どうすれば、新しい価値を作りだせるかにかかってくるのである。これからの時代は、拡大していくのではなく、むしろ縮小して、濃密な経営を目指していくほうが上手くいくのだ。

反対にまだ、拡大をしなければいけないと思い込んでいるようでは、これからも、厳しい時代は続いていく。特に中小企業や個人事業者といった小さな会社は、拡大することで、競争に巻き込まれていく。拡大しないことにこそ小さな会社の生き残る道はあるのだ。

デフレ下のビジネスモデル

ブティック化の波にさらされる日本

これからは、あらゆるところで、ブティック化の波が起こってくる。ブティック化とは、小型の専門店化ということだ。

これは、どういう事かというと、たとえば、ある一つの専門的なテーマで情報発信を行って見込客を集めたとしても、それだけでは、売れなくなっているということだ。その見込客を、さらに細分化して絞り込みを行い、ニーズにマッチさせる必要性があるのだ。この時の、お客の購買動機は、どのような商品を買うかということから、だれから、どのような商品を買うかにシフトしていく。

2016年に世界的に経営の潮流が変わった。これが、グローバリズムからの反転である。具体的には、これからは、ブティック化の時代になる。これまでの、グローバル企業を中心にしていく社会の流れから、パーソナルブランドを中心にしていく小型専門店(ブティック)化への流れとなる。

日本は、1997年以降実質賃金が下がり続けていて、これで、お金を使えというのは、到底無理な話でどう見たって、消費が縮小していく。その上、コロナ禍である。とにかく値引きキャンペーンやって、お客さんに何とか購入して貰おうと、どのお店も必死になっている。

消費者心理としては、とにかく慎重に物を選ぶようになる。だから広告を打って集客をする場合に反応率が下がる。こうなると、利益を出すことがかなり難しくなっていく。こうした時期には、どれだけリピート客を持っているか、ファン客を持っているかが鍵になってくる。これまでのように、広告で集客し商品を売るだけの狩猟型経営では、立ち行かなっているのだ。

これからは、

「どれだけお客を育てファンを作っていくか。」

ここにかかってきている。

つまり、農耕型経営をしない限り成り立たない時代になってきたのだ。だから経営方針を、農耕型に切り替える必要がある。その為には、むやみに拡大を目指すのではなく、お客との濃密な関係性を作ることが特に重要になっていくのである。

これを実践するのが、スモールビジネス戦略であり、「無理な拡大を目指さない」というルールなのだ。

関連記事

  1. ビジネスと宗教は似ている

    ビジネスと宗教は似ている

  2. 品揃えや低価格ではお客は動かない

    品揃えや低価格ではお客は動かない

  3. 経営の本質とは何か

    経営の本質とは何か

  4. 需要と供給があなたの会社の利益を決めている

    需要と供給があなたの会社の利益を決めている

  5. 人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

    人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

  6. 世の中も顧客も必ず変わっていく

    世の中も顧客も必ず変わっていく

error: Content is protected !!