売上に対する考え方で会社の成功は決まる

売上に対する考え方で会社の成功は決まる

来とは今の延長線上にしかなく、今の活動が未来を作っている。だからこそ未来のことを考えて、今、何をすることがいいのかを選択するかを決める必要があるのだ。社長の行動も二つに分かれてくる。それは、一度きりの収入の為の行動か、継続的な収入を得る為の行動かだ。今だけの収入を目指すのか、それとも、将来の収入の流れを目指すのかで、未来の収入が大きく違ってくる。同じ行動をするのであっても、こうした未来の収入の流れを作ることを意識して労働をしてほうがいい。そうしないと、いつまでたっても自転車操業から逃れらなくなる。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

利益を出すには2つの道がある

売上を上げる為の商品やサービスについてどのように考えているだろうか?
これは、商品の品質とかではなく、ただ売上を上げるために「売るもの」という意味でだ。

私は、商品やサービスには、2つの種類があると考えている。一つ目は、今だけの収入を得る商品やサービス、2つ目は、未来の収入をも得る商品やサービスだ。例えば、仕入れた商品を売るのは前者で、その商品のメンテナンスなどを売るのが後者だ。

さて、ここで問題になるのは、初期の頃は、1よりも2のほうが収入が低くなりがちなことである。それどころか支出が逆に必要になることもある。しかし、1~2年後になると、2のほうが圧倒的に大きな収入となるものだ。ところが、ほとんどの人は、この1~2年後の収入に目が行かない。目先の商品を売って得られる利益に惹かれるのだ。そして、つい、その商品を売ることを優先してしまう。

まあ、これは仕方ない。社長が一番最初に考えるのが資金繰りの問題だし、だれも、未来のことなどそれほど考えていないからだ。特に、未来の収入を得る為の活動は、今すぐの収入を生まない場合も多いために、余計、未来のことを考えにくいのである。しかし、だからといって、考えないくていいものでもないのだ。

未来とは今の延長線上にしかなく、今の活動が未来を作っている。だからこそ未来のことを考えて、今、何をすることがいいのかを選択するかを決める必要があるのだ。

社長の行動も2つの種類がある

さらに、社長の行動についても二つに分かれてくる。それは、一度きりの収入の為の行動か、継続的な収入を得る為の行動かだ。

ここで、一つの例を出して説明する。

たとえば、1日1時間だけ商品を売って利益が5,000円出るとする。月に20日(20時間)働いて100,000円だ。しかし、これが継続的な収入の流れを作る作業に当てるとすると、同じように、一日1時間の労働で1時間5,000円の利益を得られたなら

2カ月目は、月200,000円
3カ月目は、月300,000円
1年後は、月1,200,000円
2年後は、月2,400,000円

やっていることは、同じ毎日1時間の行動である。違いはただ一つだけ、継続的に収入が上がるような行動を考えて実行するかどうかということだ。これが、もし毎日2時間働いたとしら

1ヶ月目は、月200,000円
2カ月目は、月400,000円
3カ月目は、月600,000円
1年後は、月2,400,000円
2年後は、月4,800,000円

これが、利益そのものではなく、利益の流れを作るということである。1日1時間程度の時間を作業にあてて、利益の流れを作ることで、同じ労働でも、1年後、2年後の利益額は大きくなる。

こうした流れを作るものの代表的なものに、投資がある。利息や、株の配当、不動産賃貸収入などだ。ビジネスに置き換えると、リピート客を増やす仕組みを作るとか、紹介を増やす仕組みを作るといったことがこれに当たる。

社長の行動も2つの種類がある

いまだけの利益か収入の流れを作るのか

こうしたように、今だけの収入を目指すのか、それとも、将来の収入の流れを目指すのかで、未来の収入が大きく違ってくる。同じ行動をするのであっても、こうした未来の収入の流れを作ることを意識して労働をしてほうがいい。そうしないと、いつまでたっても自転車操業から逃れらなくなる。

ストレスフリーな経営をしたいと思った時に、一番重要な事が、その行動によって得られる利益が積み重ねが効くものかどうかである。つまり、利益を流れとして作れるかということだ。通常の商品を売るだけでは、一度の収入しか生み出せない。

例えば資金繰りのために、バーゲンセールを行う。確かにこれでその月の窮状はなんとか凌げるかもしれないが、いつまで続けられるだろうか。一年中バーゲンばかりをしていては、おそらく忙しいだけで、赤字が続くことになる。

積み上げ型でストレスフリーな経営を

世の中の商品の多くは、このように商品という名の時間を売る仕事がほとんどだ。その交換レートはともかくとして、時間と収入を交換しているものだ。つまり商品を売る行動によって時間を消費し、利益を生み出すものがほとんどなのだということである。

しかし、安定的な経営を考えた時に、この時間と利益との関係を断ち切らない限り上手くいかない。時間だけは絶対に補充ができないし、時間が最も貴重なものであることは間違いないからだ。

あなたの会社が今していることは積み上げるものなのか?
刹那的なものなのか?

一度よく考えてみればいい。経営を安定させようと思ったら時間と交換する労働収入ではだめなのだ。もちろん労働は必要だが、その労働をきっかけにもたらす収入が、積み上げ型になっているかどうかが大事なのである。この積み上げ型の利益は、セールスを止めた後も機能する。つまり、ほったらかしでも収入が上がり続けることができる。

会社が安定した経営を行いたいと思ったら、その売っている商品がどのようなタイプの利益をもたらすものかを常に吟味することだ。そうすれば、ストレスフリーな安定した経営に一歩近づくことができる。

関連記事

  1. 今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

    今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

  2. No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

    No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

  3. 経営を偶然に任せてはいけない

    経営を偶然に任せてはいけない

  4. 顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

    顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

  5. 独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

    独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

  6. 顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

    顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

error: Content is protected !!