蕎麦屋とラーメン屋のどちらが儲かるのか

蕎麦屋とラーメン屋のどちらが儲かるのか

私は、「好きなこと」「やりたいこと」をビジネスを作ることを勧めている。しかし実際には、それだけではだめなのである。現実の状況と「やりたいこと」を擦り合わせていく作業が必要なのだ。経営でで重要なことは、いかに失敗しないようにするかだ。ビジネスを上手く行っていくコツは、やりたいことをやるのではなく、どうすれば失敗しないかを考えることにある。失敗しないということは、成功する確率が高く成るということだからだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

ラーメン屋と蕎麦屋

ビジネスを行う上で重要なことは、いかに失敗しない方法でビジネスを行うかである。

私は、セミナーやコンサルティングを通じて、これまで多くの会社の起業に関わってきだ。そのなかで、多くの社長に特徴的なのが、「私は○○が好きだから〇○業をしたいのです。」 と、まず、やりたいことが先行しがちなことだ。

しかし、これでは失敗の確率が上がってしまう。ビジネスを上手く行っていくコツは、やりたいことをやるのではなく、どうすれば失敗しないかを考えることにあるのだ。

例えば、あなたがラーメン屋か蕎麦屋のどちらかをやるとする。どちらのほうが失敗しにくいだろうか?
こうした判断は、たいてい好き嫌いで選んでしまうものだ。

自分はラーメンが好きだからラーメン屋をやる。
蕎麦が好きだから蕎麦屋をやる という具合である。

しかし、ラーメン屋と蕎麦屋では蕎麦屋のほうが失敗しにくいのだ。

例えば、ラーメン屋の顧客単価はどれくらいだろうか?

ラーメンだけなら800円~1000円 もっと安い店もある。それに、ビールと餃子を追加して1500円~2000円

一方で、蕎麦屋は、手打ちなら1000円~
天蕎麦がついて1500円~
日本酒と簡単な肴を追加して2000円~

普通に考えても、500円以上の客単価の違いがある。

蕎麦屋のほうが圧倒的に儲かりやすい

では原価率はどうだろうか?

これは、それほど変わらない。むしろ、ラーメンのほうが高いのではないかと思われる。ラーメンは、豚骨などにすると、スープにかなりコストがかかりる。仕込み時間もラーメンのほうが半端なくかかる。煮込む時間がかかりますから光熱費も上がることになる。温度も上がりますから、冷房費も上がる。さらに、油が充満するから、店舗の清掃コストも大きくなっていく。商品原価どころか、ランニングコストまで高い状態だ。

おそらくラーメンの経費から見る適正価格は、あと3~400円ほど高くしないと利益が出にくいのではないかと思われるが、競合を考えると残念ながらそれができない状態である。

一方、蕎麦屋は、山の中でもできる。(むしろそのほうが人気が出たりする)ということは、初期投資も安くなる。土地代はタダ、古民家などであれば、空き家が出まくりですから、言い値で買えたり借りれたりできる。さらに、清掃コストもラーメンに比べて低い。そして、なんといっても単価が高い・・・

ここまで、考えれば、どちらのほうが失敗しにくいかは、自明の理なのである。

蕎麦屋のほうが圧倒的に儲かりやすい

経営とは現実と理想を擦り合わせること

一方、蕎麦屋は、山の中でもできる。(むしろそのほうが人気が出たりする)ということは、初期投資も安くなる。土地代はタダ、古民家などであれば、空き家が出まくりですから、言い値で買えたり借りれたりできる。さらに、清掃コストもラーメンに比べて低い。そして、なんといっても単価が高い・・・ ここまで、考えれば、どちらのほうが失敗しにくいかは、自明の理なのである。

関連記事

  1. 会社を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

    会社を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

  2. 新規客を集めるタイミングを間違えなければ集客は簡単になる

    新規客を集めるタイミングを間違えなければ集客は簡単になる

  3. 経営の難問を解決する簡単な方法

    経営の難問を解決する簡単な方法

  4. 社長は数字に強くなれ

    社長が数字に強くならなければ経営はできない

  5. ビジネスモデルはお客について考えることから

    ビジネスモデルはお客について考えることから

  6. 小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

    小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

error: Content is protected !!