なぜ、あなたの会社は計画通り行かないのか?

売上が増えない理由には2つある

小さな会社が取るべき戦略が『スモールビジネス戦略』である。この『スモールビジネス戦略』を一言で表現するならば、「最小の資金でライバルとの競争に打ち勝つ為の戦略」ということだ。経営を難しく考えると、いろいろなことに目が行き振り回されてしまいがちだが、単純化すると、これだけにしっかりと取り組むだけで十分なのである。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

計画通り売上が上がらない理由

あなたの会社やお店が、計画通り売上が上がらない理由とは何だろうか?
この理由にはたいてい2つある。

1つ目は、既存客、見込客に対して効果的なセールスができていない。
2つ目は、新しい見込客を絶え間なく獲得していない。

このどちらかができていない、または、両方ができていないことが原因だ。

言い方を変えてしまえば、この二つだけをきっちりやれれば、どのような会社やお店であっても繁盛するしかない。

経営を難しく考えると、いろいろなことに目が行き振り回されてしまいがちだが、単純化すると、たったこの二つだけをにしっかりと取り組むだけで十分なのである。

【参考記事】:

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

スモールビジネス戦略を取り入れる

この2つを実行する時に、中小企業や個人事業者といった小さな会社が取るべき戦略が『スモールビジネス戦略』である。

この『スモールビジネス戦略』を一言で表現するならば、
「最小の資金でライバルとの競争に打ち勝つ為の戦略」
ということだ。

世の中には、多くのマーケティング手法が溢れている。しかし、その多くが、大きな会社の為の戦略でありマーケティング手法なのだ。

これを、小さな会社が真似をすると、効果がないどころか、集客コストの増大で経営が悪化していくことになってしまう。小さな会社は、そもそもが資金力が足りないのだから、競合他社と同じような事をしていては、勝つことはできない。

スモールビジネス戦略を取り入れる

小さいという利点を最大限に活かす

だからこそ小さな会社は、その小さいという利点を徹底的に生かしていくことである。私のコンサルティングでは、この小さいという利点を徹底的に研ぎ澄ましていく。

その為には、小さな会社独自のマーケティング戦略が必要になるのだが、この戦略こそが、『スモールビジネス戦略』となる。

この『スモールビジネス戦略』は、個人事業のような、一人会社でも大企業に対して戦える戦略になっているが、それでもやはり、マンパワーが不足することは否めない。その分だけ社長である経営者が頑張るしか無いのだ。

この戦略をあなたの会社に導入することで「最小の資金で競争に打ち勝つこと」が実現できるようになるはずだ。

関連記事

  1. 平等思考では儲からない

    平等思考では儲からない

  2. 小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

    小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

  3. 強み(USP)とは約束のこと

    強み(USP)とは約束のこと

  4. 集客の優先度

    集客の優先度を知っておけば儲かるようになる

  5. ファン客や得意客の集め方

    ファン客や得意客の集め方

  6. 目指す売上や利益は明確に決めること

    売上を10倍にする5つのステップ

error: Content is protected !!