強み(USP)を見込客にどう伝えるか

強み(USP)は伝えることが大事

独自の強み(USP)を見つけることは、とても重要な事である。しかし、それだけでは全く効果はない。最も重要な事は、それをいかに判り易く伝えるかということだ。どんなに素晴らしい強み(USP)があっても、それが、見込客に伝わらなければ、無いのと同じなのだ。強み(USP)は、全てのマーケティングの場面で伝えていく必要があるものである。なるべく短い言葉で、わかりやすく確実に強みを伝えること。これが、ビジネスを成功に導く重要なパーツなのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

強み(USP)は伝えることが大事

あなた独自の強み(USP)が決まったら、次は、それを、様々なマーケティングの場面で具体化し、メッセージを伝えていく必要がある。

あなた独自の強み(USP)を見つけることは、とても重要な事である。しかし、それだけでは全く効果はない。最も重要な事は、それをいかに判り易く伝えるかということだ。

とにかく誰にでも、はっきりと解りやすくインパクトのある表現をしていくことが必要になる。一瞬聞いただけ、読んだだけ、目に入っただけで、あなたの強み(USP)がすっと頭に入ってきて、忘れられないようにする。

結局のところ、どんなに素晴らしい強み(USP)があっても、それが、見込客に伝わらなければ、無いのと同じなのだ。見込客に対して、説得力のある、そして、惹きつける言葉を使い発信することで、初めて、あなたの強み(USP)は、効果を発揮するものになる。

見込客の頭の中で一番になる

全ての成功する商品やビジネスには必ず強み(USP)が存在している。この強み(USP)をしっかりと中心に据えて発信していかない限り、見込客は、それを目にすることすらない。

見込客は、あなたが売っている商品を必要としたときに、この強み(USP)のおかげで、あなたやあなたの会社のことがスグに頭に思い浮かぶ。つまり、見込客の頭の中で一番となるということである。一番になれば、見込客は、最初にあなたのところへ、連絡をしてくることになる。

このように、見込客に対して、あらゆるマーケティングを通じて、解りやすく強み(USP)を伝えれば、必ずあなたのビジネスは成功することになる。

見込客の頭の中で一番になる

コピーライティングを身につける

ただし、この時に、どれだけその強み(USP)に対する本質に迫った表現をすることができるかが伝わるための重要な条件になる。なるべく短い言葉で、わかりやすく確実に強みを伝えること。これが、ビジネスを成功に導く重要なパーツなのだ。

よく、ビジネスには、コピーライティングが重要だと言われるが、それは、この部分のことを意味している。見込客に、どうすれば解りやすくあなたの強み(USP)伝えていけるかが、コピーライティングの仕事なのだ。だから、このコピーライティングのスキルの優劣によって、そのまま、業績の優劣が決まってくることになる。

強み(USP)は、全てのマーケティングの場面で伝えていく必要があるものであるから、社長自身がこのコピーライティングのスキルを身に付けていく必要がある。

特に、小さな会社の社長は、優先的にここを勉強することが必要になるのだ。

関連記事

  1. 経営の難問を解決する簡単な方法

    経営の難問を解決する簡単な方法

  2. マーケティングでは改善を積み上げ最適化すること

    改善を積み上げ最適化する

  3. 経営には試行錯誤が必要になる

    費用対効果の高いスキルとは何か

  4. 経営を偶然に任せてはいけない

    経営を偶然に任せてはいけない

  5. ネット集客は一日でも早く始める必要がある

    ネット集客は一日でも早く始める必要がある

  6. 顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

    顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

error: Content is protected !!