集客ができれば経営は簡単になる

集客ができれば経営は簡単になる

ビジネスで必要なスキルは、つまるところたった2つだ。1つ目は何かの専門家(つまり何かを売ることのできる人)であること。そしてもう一つが集客だ。お客は集めなければ、自然に集まってくることはない。どのような商品やサービスでも最初の一つを買って見なければ、その商品が良いか悪いかなど誰にもわからない。だから、一番最初にお客を引っ張ってくる方法が重要になるのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

ビジネスに必要なスキルは2つだけ

これまでに、数多くの業種のコンサルティングをやる中で感じたのは、「ビジネスを難しく考えすぎている」ということだ。

ビジネスは、本来はもっと簡単に考えてもいいものだ。しかし、起業してもほとんどの会社が7年以内につぶれていく。これは、根本的なところが間違っているからだ。

ビジネスで必要なスキルは、つまるところたった2つだ。

1つ目は何かの専門家(つまり何かを売ることのできる人)であること。これは、料理でも、マッサージでもセラピーでもなんでもいい。そもそも、これが無きゃ商売できない。

そしてもう一つが集客だ。お客さんが来なければどうにもならない。だから、この車の両輪が無ければ、ビジネスは動かないのだ。

ところが、たいていビジネスを始める時に、この2つを持たないで始めてしまう。

例えば、ラーメン屋をやるとすると、ほとんどの人は、美味しいラーメンを作ることだけを考えてしまう。一生懸命食べ歩いて、研究して、すごく美味しいラーメンができても、「残念!」だめでしたってなる。なぜならラーメンが美味しいか不味いかは、お店に来て食べてもらわなければわからないから、そもそも、お客が来なきゃ話にならない。

これ、どのような商品やサービスでも一緒だ。最初の一つを買って見なければ、その商品が良いか悪いかなど誰にもわからない。だから、一番最初にお客を引っ張ってくる方法が重要になるということだ。

この単純な真理を忘れている。

集客には3つある

じつは、ここでいう集客は次の3つに別れる。

(1)最初に来てもらう為の集客
(2)一度来てもらったお客さんに、再度来てもらう為の集客
(3)前に来てくれたけど、その後来なくなったお客さんの為の集客。

この3つの集客ができたら、もう一生食うに困ることは無くなる。

集客には3つある

だから、私は、今仕事が無くなって、なおかつ日本に居られなくなっても食べていける自信がある。

ちなみにそうなったら、料理できるんで海外で日本食堂をまず始める。難しいことせずに、調味料は日本から取り寄せる。粉末の焼きそばソースとか海外で使ったら絶品だ。まあ、この話はおいといて、とにかく、ビジネスを経営したり、起業するにあたって、集客のスキルは必須なのだ。

そして、多くの社長が、この集客の部分を甘く見すぎなのである。

集客ができれば生きていける

美味しけりゃ口コミでお客が来るなどというのは単なる幻想である。お客は集めなければ自然に来ることはない。では、どうやって集めたらいいのかというと、これは、やるビジネスによって具体的な方法は違ってくる。

ただ、基本を身につけてしまえば、どんな業種であっても集客することはできる。そのためには、とにかく集客について勉強して身につける必要がある。

中小企業や個人事業のような小さな会社の経営者やこれから起業を目指す人は、料理の研究といった専門知識も大事だが、それと同じくらい、この集客を勉強するべきだ。

そうすれば、ビジネスは驚くほど簡単になる。

関連記事

  1. 小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

    小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

  2. 現実社会の経験が強み(USP)になる

    現実社会の経験が強み(USP)になる

  3. 小さな会社の社長は最初に哲学を語ろう

    小さな会社の社長は最初に哲学を語ろう

  4. 独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

    独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

  5. 今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

    今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

  6. 平等思考では儲からない

    平等思考では儲からない

error: Content is protected !!