一点に集中することがビジネスを繁盛させるコツ

何もかもをやろうとしない

小さな会社の戦略は、とにかく小さく選別して一点集中をすることだ。こうすることで、たとえ、大手がライバルとして出てきたとしても、負けることは少なくなる。小さな会社がやるべきなのは、いくつものことをやるのではなく、一点に集中することだ。優先順位を決めて、一点集中することが生き残りのカギなのだ。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

何もかもをやろうとしない

多くの小さな会社の社長が、つい陥りがちなのが、何もかもを自分でやろうとすることだ。

そもそも、自分で会社を経営するくらいの人ですから、とにかくアイディアが豊富である。常に、いろいろな事を思いついて、つい、手を出してしまう。これは、私もまったく同じで、つい、いろいろ思いついてやりたくなってしまう。

しかし、もともと小さな会社なのだから、人手もなく資金力もない。そうなると、全部が中途半端になって結果につながらなくなるのだ。10の力があっても、それを2つに分散すると5と5にしかならない。結局、中途半端な物になってしまうのだ。

小さな会社がやるべきなのは、いくつものことをやるのではなく、一点に集中することだ。やりたいことを優先順位をつけて、まず、一点に集中する。そして、一つのことができたら次に行く。こうしないと、せっかくのアイディアのほとんどが無駄になるのだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

商圏を絞ることを恐れないこと

これは、マーケティングにも同じことがいえる。

小さな会社になるほど、何故か商圏を絞ることに抵抗を感じる。絞ってしまうと、お客が減ってしまうという感覚がしてしまうからだ。

しかし、もともと、小さな力なのだ。だったら、商圏をとことん絞って、そこに全力を投入するほうが間違いなく、優位性を持つことができる。広告も、広い範囲に打つのではなく、近くの狭い範囲につづけて打ったほうが、認知度も高く成り、効果が高くなる。

お客にも同じだ。多数のお客を対象にするより、一部に絞ってしまったほうが、お客の満足度も上がる。とにかく、小さな会社は一点集中がカギなのだ。

小さな会社の戦略は、とにかく小さく選別して一点集中をすることだ。こうすることで、たとえ、大手がライバルとして出てきたとしても、負けることは少なくなる。

これを集中しないで散漫にやっていると、あっという間に、蹴散らさせてしまうことになる。優先順位を決めて、一点集中することが生き残りのカギなのである。

商圏を絞ることを恐れないこと

どこの一点に集中するかがカギ

ただし、この時に注意することがある。それは、どこに集中するかという問題だ。物事には、効果の出るものと出ないものがある。

商圏などの場合は、会社や会社の場所を中心に考えれば失敗はまずないが、マーケティングの方法などは、上手くいくものといかないものがある。一点に集中したのはいいけれど、効果の出ないところに集中してしまったのでは、結局失敗する。

これを防ぐためには、まず、いくつかを並行してテストをし、その結果で、どこに集中するかを決める作業をする必要がある。つまり、最初は複数のことを同時に取り組んで、結果の出たものを残して集中していくという段階を踏む。

これを繰り返すことで、効果の高い施策へと経営資源を集中することができるし、切り捨てることへの恐怖も無くすことができる。

関連記事

  1. ビジネスの中でどうネットを使うか

    小さな会社はネットをどう使うべきか

  2. いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

    いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

  3. 平等思考では儲からない

    平等思考では儲からない

  4. あなたの会社やお店はほとんど知られていない

    あなたの会社やお店はほとんど知られていない

  5. 目指す売上や利益は明確に決めること

    売上を10倍にする5つのステップ

  6. 4次元マーケティング

    4次元マーケティング

error: Content is protected !!