小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

小さな会社には、大きな会社とは全く違う独自のマーケティング方法や小さな会社独自の戦略が必要である。だから、小さな会社の社長や個人事業者は、小さな会社の為のスモールビジネス戦略を学んで、小さな会社専用の経営戦略を身につけることで、無駄な競争から抜け出し、事業は大きく売上を伸ばし発展することができる。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

小さな会社の為のスモールビジネス戦略

あなたが小さな会社や個人事業の経営者であるなら、まず小さな会社の為のスモールビジネス戦略を学ぶべきんである。そうすれば、確実に売上を伸ばして、利益も増やすことがでるだろう。

逆に、世の中によく見かけるような経営戦略をとってしまうと、価格競争に巻き込まれ、いずれは潰れてしまうことになる。

小さな会社の為のスモールビジネス戦略を学んで、小さな会社専用の経営戦略を身につけることで、競争から抜け出し、事業は大きく売上を伸ばし発展することができる。

しかも、その効果は一時的ではなく、半永久的に、その知識から収入を得ることができるはずだ。もちろん、いま業績が低迷している理由や、どうすれば、その状態を打ち破れるかも明快に理解できるようになるだろう。

小さな会社には、大きな会社や中規模の会社とは全く違う独自のマーケティング方法や経営戦略が必要である。まず、この小さな会社の為のスモールビジネス戦略の重要性を理解しておいて欲しい。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

小さな会社や個人事業の強みとは

そもそも、小さな会社の強みは何かというと、社長がお客さんの一番近くにいるということだ。それは、社長が自ら営業をして売るのだから、当たり前のことだ。しかし、この当たり前のことが、ほとんどの小さな会社の社長は自覚できていない。

そもそもお客さんが、なぜ、あなたの商品を買うのかというと、あなたを信用して買うのだ。つまり、「あなた」から買いたくて、お客は、買うのである。他の誰かではない。

ここを忘れないことだ。

それなのに、少し儲かるようになると、つい社員を雇って自分で売ることをやめようとしてしまう。社長が楽をしようとしてしまうのだ。これが、小さな会社の経営者が陥る最初の罠である。これでは、売れんなくなるのも当然だ。

誰だって、「あなた」以外の人から買うなら、大きな会社のブランドがあるところから買うだろう。よく、小さな会社だから強みが分からないと質問をうけるのだが、小さな会社の強みとはあなた自身のことだ。あなたの人間性そのものなのである。

小さな会社や個人事業の強みとは

自分のことをどれだけ伝えているか

そう考えると、あなたのやらなくてはいけないことが見えてくるだろう。

あなたは、あなた自身のことをどれだけお客さんに伝えているだろうか。また、伝える仕組みを持っているだろうか。自分のことを伝えてファンになってもらえる仕組みがあるだろうか。ここができていないと、ビジネスでは自分よりも大きな会社とでは、勝負にならない。

反対にここができていれば、どんな相手にだって勝てるようになる。なぜなら「あなた」のファンになってくれていれば、他に「あなた」は存在しないのだからだ。

そして、この、あなた自身を売りにするのが「絆マーケティング」という特別なマーケティング手法である。小さな会社にとって、これこそが最強のマーケティング手法となっている。

小さな会社や個人事業の社長は、ぜひ、こうした知識を学ぶようにすることだ。あなた自身をウリにする「絆マーケティング」は、気の経営塾』の中で詳しく解説しているので、興味のある方は『気の経営塾』に参加して欲しい。

いま、会社の売上が伸び悩んでいる方にとって、大きな力となることは間違いない。

関連記事

  1. 究極のセールス方法を知れば売ることは簡単になる

    セールスの基本を知れば売ることは簡単になる

  2. 顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

    顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

  3. ネット集客は一日でも早く始める必要がある

    ネット集客は一日でも早く始める必要がある

  4. 集客の優先度

    集客の優先度を知っておけば儲かるようになる

  5. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  6. オンラインとオフラインの両方が必要

    経営にはオンラインとオフラインの両方が必要

error: Content is protected !!