No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

小さな会社は、No.1を目指すのではなくOnly 1を目指すべきである。No.1になるということは、他社と競争して勝ち抜くことを意味する。小さな会社の弱点は小さいということだ。つまり、「人・モノ・金」といった経営資源が競合他社より少ないことである。だから小さな会社は競争になったら、勝てるはずが無いのだ。そうなると競争のないところで、Only 1になって、商売をするしかないのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
経営コンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等のコンサルティングを行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運についてをテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)。

小さな会社は特別なOnly 1を目指せ

「No.1にならなくてもいい、もともと特別なOnly 1」

これは、槇原敬之さんが作ったSMAPの『世界に一つだけの花』の有名な歌詞の一部分だ。こうした歌詞が書けるというのは、彼の天才性の証明ともいえる。中小企業や個人事業のような小さな会社の場合には、この歌詞のようにNo.1を目指すのではなくOnly 1を目指すべきである。

No.1になるということは、他社と競争して勝ち抜くことを意味する。

そもそもあなたの会社、競争に勝てるだろうか?

小さな会社の最大の弱点は、小さいということだ。つまり、「人・モノ・金」といった、よくいわれる経営資源が競合他社より少ないことが多いということである。だから小さな会社は競争になったら、勝てるはずが無いのだ。

そうなると競争のないところで、Only 1になって、商売をするしかないのである。こうした考え方をラグジュアリ-ブランドの確立という。

ラグジュアリ-ブランドの構築

ラグジュアリ-ブランドとは、ファッションジャンルで出てくるもので、一般的なブランドとは考え方が違う。

一般的なブランドは、従来のマーケティングの考え方、つまり、STP(セグメンテーション、ターゲッティング、ポジショニング)がブランド戦略の中心になる。セグメンテーションとターゲッティングは、文字通りどのように市場を細分化し、どの部分を狙うか、そして、ポジショニングとは競合に対してどのように差別化するかということだ。

これが、多くのビジネスで行われる基本的なマーケティングである。

一方で、ラグジュアリーブランドは、通常のブランドと作り方が全く異なる。ブランドの根幹は、あくまでデザイナーやメゾンの世界観であり、極論を言えば顧客も競合も意識していない。ラグジュアリーブランドの立ち上げにおいては、そのブランドでしか味わえないOnly 1の世界観を築くこと、作り手の主観を徹底的に磨き上げることが何よりも重要となる。

その結果として、多少の価格差で顧客が購入を悩むようなことは、一般的なブランドと比較すると遥かに少なくなっていく。この顧客を熱狂させ、その世界観の中に閉じ込めて他と比較させないことがラグジュアリーブランドの強みであり、価格競争に陥りにくいという点でビジネスとして魅力的なのだ。

このように独自の世界観をしっかりと伝えるビジネスモデルが、このラグジュアリーブランド戦略だ。No1ではなく、Only 1を目指すということは、言い換えれば、このラグジュアリ-ブランドを創ることに他ならないのである。

ラグジュアリ-ブランドの構築

Only 1であれば復活できる

今後のビジネスはOnly 1であるかどうかが重要なポイントになる。

新型コロナウィルスによるパンデミックのような大きな騒動の後は、そこまでにやってきた仕事の仕方が、はっきりと問われるようになっていく。つまり今まで、きちっとお客さんと向き合ってお客さんとの関係性をしっかりと構築できていた会社はこのコロナウイルスの後も復活していく。さらに特別な Only1であれば騒動の後もお客さんはすぐに戻ってくる。

ちなみに私がコンサルティングしているクライアントの会社さんは、全てOnly oneになることを目指して取り組んでいいたので、コロナ騒動の最中であっても、ほとんど影響を受けていない。

はたして、あなたの会社はどうだろうか?

関連記事

  1. 顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

    顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

  2. 顧客台帳を整備することが経営の第一歩

    顧客台帳を整備することが経営の第一歩

  3. お客の入口を継続的に数多く作る

    お客の入口を継続的に数多く作る

  4. 儲かるポイントは付加価値にある

    儲かるポイントは付加価値にある

  5. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  6. 大金を集めようとしない

    大金を集めようとしない

error: Content is protected !!