社長は理念や哲学を語ろう

小さな会社の経営において、最も重要な事は、あなたの価値観や世界観、そして哲学を語ることだ。そして、自分の哲学を否定する人ではなく、受け入れる人を相手にし、そこに全勢力を注ぐのだ。これは、セールスや集客、マーケティングなどの全ての場面において最も重要な事だ。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

価値観や世界観、哲学を語る

小さな会社の経営において、最も重要な事は、あなたの価値観や世界観、そして哲学を語ることだ。これは、セールスや集客、マーケティングなどの全ての場面において最も重要な事だ。

社長が独自の哲学に基づいて発言し行動した場合、お客からの評価は、真っ二つに分かれることになる。単純に、好きか嫌いかに分かれてくる。しかし、それでいいのだ。

全ての人に気に入られることは必要ない。また、世界中の全ての人を、お客にする必要もない。そもそも、そんなことできやしないのだから。

それよりも、あなたの哲学に賛同して熱烈なファンになる人も、数多くいる事を知っておくことである。

社長が自分の経営理念を忠実に追求すればするほど、ファンは増え、同時に反対派も増えていくことになる。結局のところ、自らの信念を解りやすく伝えるほど、熱心なファンが増えるのは間違いない。

そして、自分の哲学を否定する人ではなく、受け入れる人を相手にし、そこに全勢力を注ぐのだ。

当たり前の無難な路線を歩んで、全員を喜ばせようとしても、得られるものは何もない。全ての人をファンにするなどということは、世界的な大企業ですら、不可能なことなのだ。

私たち、小さな会社の進む道は、世界中の人を相手にするのではなく、自分だけのファンを作り、市場を創り出し、そこにいる人たちに、自分の哲学や経営理念を伝えることにある。

経営理念はあなたの人生観

経営理念は、強い信念と意見からできている。

あなたの経営理念は、あなたの人生観であり、それは、全員の共感を得られるものではないことを自覚すべきだ。明確な哲学を築いてそれを外へ発信すれば、それは、自分の市場を作る第一歩となる。

もちろん、それは、全ての人が賛同してくれるわけではない。しかし、仮に1000人の心を強く動かせれば、1000人からなる自分の市場を作れるのだ。

逆に、自分の哲学や経営理念を持たずに、競合相手と差別化できるものを持たなければ、それは、価格競争に繋がっていく。だから、小さな会社の社長は、自分の哲学を明確に自覚する必要があるのだ。

あなたの哲学は何だろうか?
自分の使命だと確信していることは何だろうか?
自分が支持するものは何だろうか?
反対に支持できないものは何だろうか?
そして、この世界はどのように、変わっていってほしいと思っているだろうか?

こういった経営理念が明確であればあるほど、あなたのファンが増え、独自の市場を持つことに近づいていく。

ぜひ、自分の価値観、世界観、哲学を明確にし、それを発信していって欲しい。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

小さな会社に必要な3つのこと

小さな会社に必要なことは3つある。

(1)何をする会社なのかが明確であること
(2)マーケティングの仕組みがあること
(3)時代の流れを知り需要に合っていること

この3つだ。

まず最初に、小さな会社の場合、最も大事なことというのは、そもそも、社長が何をしたいかということだ。

問題を抱えている小さな会社の特徴として、ビジネスが明確ではないということがある。

これは、商品を売ることとは少し違う。

そのビジネスを通じて、何を世の中に提供するのか?
どんな役に立とうとしているのか?

ここが明確ではないということだ。

お客は、こうした思想や哲学の部分にあなたの会社の魅力を感じる。そして、それに共感すれば、金を払う。だから、そこが明確になってないと商品に魅力を感じてもらえないのだ。

お客にとっては、あなたの会社の利益などどうでもいい事である。お客にとって、大事なことは、どこまで行っても自分の利益だ。

あなたの会社が、原価を割って赤字になるまで頑張って価格を下げても、あなたの会社の未来などお客は心配しないだろう。それどころか、あなたの会社にダメージを与える安価な商品を買いまくることになる。だから、あなたは、お客さんに価格以外の魅力を提供する必要があるのだ。

それこそが、あなたのビジネスの哲学なのである。
この哲学こそが、カギになる。

Body Shopとgoogle

Body Shopの創業者である、アニータ・ロディックは、次のような理念を掲げている。

「企業活動は、貧困、環境といった世界の問題に、
大きな影響を与えます。
企業には、世界に対する責任があります。
弱い立場の人々の生活を高めるために、
すべてのビジネスが『愛と思いやり』を基本にして、
その力を最大限に発揮すべきです。」

この理念をもとに、Body Shopは世界中に店舗を発展させている。

また、googleは次のような理念を掲げている。

「Google の使命は、世界中の情報を整理し、
世界中の人々がアクセスできて
使えるようにすることです。」

何のために、あなたはビジネスをしているのか?

ここを明確にすることで、初めてあなたの会社の商品やサービスが魅力的なものになっていく。

小さな会の社長は、まず、ここができているかどうかが鍵になる。もし、あなたの会社に経営理念があるのであれば、一度よく、確認してみることだ。

それ、お客に伝わっているだろうか?
瞬間的に、お客が理解できているだろうか?

残念なことに、ほとんどの会社の理念が、お客に伝わっていない。それどころか、作った本人自身も、よく解っていないようなものが多い。

こうした、理念やポリシーといったものは、伝わらないと意味がない。だから、明解でなければ作る意味はないのだ。

まずは、自分に直感的にわかること。
次に、家族や社員がすぐ理解できること。
そして、お客さんにわかりやすく伝わること。

これが、必要な理念である。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

理念が明確でないとお客は魅力を感じない

世界的に有名な経営理念に、スチュー・レオナードの理念があります。

Rule1 The Customer is Always Right!
Rule2 If the Customer is Ever Wrong,
Reread Rule1.

ルール1 お客様はいつも正しい。
ルール2 たとえ、お客様が間違っていると思っても、
原則1を読み返せ。

これは、すごく解りやすい。
誰が読んでもわかるし覚えやすいものだ。

一方これをイタリアン食料品店&飲食店のイータリーでは次のようにしている。

1:The customer is not always right
顧客はいつも正しいわけではない。
2:Eataly is not always right
イータリーもいつも正しいわけではない。
3: Through our differences, we create harmony
顧客とイータリーの差異が調和を創り出す。

どちらがいいとか悪いとかではない。大事なことは、わかりやすく伝わるということだ。世の中にあるいろいろな会社のホームページを見てみてみればいい。中途半端な、何を言いたいのかわからない経営理念やポリシーが溢れかえっている。

あなたの会社の理念はそうなっていないだろうか?
一度、よく見直してみることだ。

おそらく、あなたの会社の経営理念は、ここまで明確なものではないだろう。だから、お客にっとっては、魅力を感じないのだ。

この世界観を伝えるという部分をもう一度見直してみることである。

関連記事

  1. 売上を増やす為の3つのポイント

  2. 楽しんで仕事をしているか

  3. 忘れられたお客をすくいあげる

  4. 集客ができれば経営は簡単になる

    集客ができれば経営は簡単になる

  5. 独自の強み(USP)を持つ

  6. 役割を自覚し天職に生きる

    役割を自覚し天職に生きる

error: Content is protected !!