お客を育てるということを理解しているか

お客を育てるということを理解しているか

あなたが会社やお店を繁盛させるために、やらなければいけない事は、お客にあなたの扱っている商品やサービスを購入するのなら、あなたの会社やお店から買うことが、そのお客にとって一番いいという価値観と世界観を、あらゆる機会をとらえて、お客に伝えて教育をすることである。こうすることで、初めてお客は、あなたの会社やお店の価値を認識する。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

お客を集め育てていく

会社を繁盛させるには、次のステップを踏んでいく必要がある。

(1)あなたの会社やお店を知ってもらう(認知)
(2)認知見込客を集め
(3)成長させ(価値観の教育)
(4)最初の商品を購入してもらい(新規客)
(5)成長させ(得意客化)
(6)固定客にし
(7)成長させ(ファン客化)
(8)維持する

つまり、お客を集めて、育てていくという流れが絶対に欠かせない。

では、この育てるというのは、どういうことかというと、あなたの会社やお店の価値観や世界観を教育することである。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

お客に価値観や世界観を共感してもらう

教育というと、先生が生徒に教えるみたいだが、そんな堅苦しいものではなく、あなたの会社やお店の持つ価値観や世界観をお客に伝えて理解してもらい、さらに、その価値観や世界観に共感してもらうことだ。

そもそも、この価値観や世界観とは、どういうことなのだろうか。
ここは少し解りにくいので、簡単な例を挙げて説明する。

例えば、「象」という動物がいる。小学生以上なら誰でも知っているだろう。まず、この象の特徴をあげてみて欲しい。。

身体が大きい
鼻が長い
耳が大きい
灰色をしている
しっぽが小さい
アフリカやインドに生息している
  ・
  ・
  ・
まだまだ特徴をあげられる。

では、この特徴を持った動物を「象」というのは、何故だか解るだろうか?

それは、誰かが、

身体が大きい
鼻が長い
耳が大きい
灰色をしている
しっぽが小さい
アフリカやインドに生息している
  ・
  ・
  ・
こうした特徴を持った動物を「象」という名前を付けたからだ。

ビジネスにも世界観が必要になる

見たことがなくても認識できる理由

では、なぜ私たちは、実際には、ほとんど見たことが無いのに、

身体が大きい
鼻が長い
耳が大きい
灰色をしている
しっぽが小さい
アフリカやインドに生息している
  ・
  ・
  ・
こうした特徴を持った動物が「象」だと知っているのだろうか?

それは、子供の時に、親や先生、絵本とか、そうしたものによって、

身体が大きい
鼻が長い
耳が大きい
灰色をしている
しっぽが小さい
アフリカやインドに生息している
  ・
  ・
  ・
こういった特徴を持った動物は「象」なんだと教育されてきたからである。これがもし、「象」はピンク色をしていると、教育されたとするならば、「象」はピンク色なのだ。

つまり、
身体が大きい
鼻が長い
耳が大きい
灰色をしている
しっぽが小さい
アフリカやインドに生息している
  ・
  ・
  ・
こうした特徴を持った動物は「ゾウ」として認識できるのは、子供の時に教育されたからに他ならない。このようなことは、私たちの生活のあらゆる面で存在している。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

ビジネスにも世界観が必要になる

たとえば、あなたがメルマガを出してビジネスをやろうとしたときに、

メルマガは

「毎日出したほうがいい」

のだろうか?

それとも、

「週1回ほどのほうがいい」

のだろうか?

Aさんに尋ねれば、

「ほとんどの人は、毎日数多くのメールを受け取っているので、毎日出さなければ、埋もれてしまって読まれない。」

こう答えるかもしれない。

また、別のBさんに尋ねれば、

「毎日出すと、迷惑メールに入りやすくなるので、週1回くらいのほうがいい。」

こうした答えが返ってくる。

このどちらが正解かというと、どちらも正解なのだ。

Aさんは、メルマガは毎日出すほうがいいという価値観・世界観を持っているのに対し、Bさんは、メルマガは週1回位がいいという価値観・世界観を持っているということなのである。

Aさんは、「メルマガは毎日出す」という価値観や世界観を持っていて、それを発信して教育をしているということだ。

Bさんは、「メルマガは週1回位がいい」という価値観や世界観を持っていて、それを発信して教育をしているのである。

さて、あなたが会社やお店を繁盛させるために、やらなければいけない事は、お客にあなたの扱っている商品やサービスを購入するのなら、あなたの会社やお店から買うことが、そのお客にとって一番いいという価値観と世界観を、あらゆる機会をとらえて、お客に伝えて教育をすることである。

こうすることで、初めてお客は、あなたの会社やお店の価値を認識する。

これが、お客を育てるということである。

【参考記事】:


関連記事

  1. 全自動で稼ぐことは考えないほうがいい

    全自動で稼ぐことは考えないほうがいい

  2. 仕事は私たちを幸福にはしてくれない

    社長は仕事だけを優先しないほうがいいい

  3. 経営者に求められるのは文章を書く技術

    伝える技術

  4. 失敗しない起業法は存在するのか

    失敗しない起業法は存在するのか

  5. 小さな会社の経営者は価値観や世界観を語れ

    小さな会社の社長は価値観や世界観を語れ

  6. 失敗することを恐れなくていいが失敗の仕方を間違えてはいけない

    失敗することを恐れなくていいが失敗の仕方を間違えてはいけない

error: Content is protected !!