小さな会社は強み(USP)に特化せよ

小さな会社の役割とは、地域のために商売することである。その地域に住む人達の暮らしに役立つために経営をすることなのだ。だから、小さな会社は、それぞれのお客の顔が見えるところでビジネスをする必要がある。そのためには、強み(USP)に特化し、商圏や商品を絞って初めて成り立つ。小さな会社は、経営者の個性が前面に出てくる。だから経営者の個性や人間性の上に立ったビジネスになっていく。(内田游雲)

profile:
内田游雲(うちだ ゆううん)

ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。静岡県静岡市に生まれる。中小企業経営者に向けてのコンサルティングや人生のコーチングを専門に行っている。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的指導には定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「運の研究-洩天機-」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

何でも揃う店は魅力がない

小さな会社を経営していく上で重要な事は、「強み(USP)に特化」することだ。

そこそこの物が何でもそろっているお店は、あまり魅力を感じることはない。
何でもできますというのは、見方を変えれば、特徴がなく何も特筆すべきことがないということでもあるからだ。

それよりも、
「私どもには、これしかありません。
しかし、これは日本一です。」
こういうお店こそ、魅力にあふれるものだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

しかし、小さな会社に限らず、多くの経営者が、商品を絞ること、または対象顧客を絞ることに恐怖を覚える。

「そんなことしたら売上が減ってしまう!」
こう恐怖を抱く。

しかし、それは大きな間違いなのだ。

小さな会社の役割を自覚する

小さな会社の役割とは、地域のために商売することである。
その地域に住む人たちの暮らしに役立つために商売をすることだ。
一方、大きな会社の役割とはビジネスをすることで納税し、国家の繁栄に貢献することである。
大きな会社と小さな会社の役割は全く違う。
大きな会社は国を繁栄させるためにビジネスをし、小さな会社は、地域に住む人の幸福にするため商売をすることにある。

だから、小さな会社は、それぞれのお客の顔が見えるところで商売をする必要がある。
そのためには、強み(USP)に特化し、商圏や商品を絞って初めて成り立つのである。

そもそも、小さな会社は、経営者の個性が前面に出てくる。
小さな会社で社員が少なければ、だれでも社長の顔を見て商品を購入する。
だから、社長の個性や人間性の上に立ったビジネスになっていくべきなのだ。

誰であっても、人間には、それぞれ違った個性がある。この個性を商品やサービスに反映させることができたら、経営者の個性=商品やサービスの個性。
そして会社やお店の個性になる。
そして、それが、そのまま、強み(USP)となる。

この世の中に、まったく同じ人間は存在しない。持って生まれた才能やこれまでに身につけた技能、経験といったものの集合として、その人の強みは構成される。だから、世の中に同じ強みを持った人は2人といない。(もちろん、似ている人はいるかもしれないが・・・)

人間には、持って生まれた才能というものがある。その才能を基にビジネスを組み立てることで、本当の強み(USP)が発揮されていくのである。

Only one のビジネスになる

つまり、こうした「強みに特化」したビジネスは、Only 1 のビジネスになるということだ。
その結果、これまで競争の中でビジネスをおこなってきたものが、競争のないビジネスになっていくことを意味する。

レッドオーシャン(戦いの海)ではなく 、ブルーオーシャン(静かな海)でのビジネスを作るほぼ唯一の方法は、 この「強みに特化」するということなのである。

しかしそうはいっても、
「自分の強みだけの仕事をしていたら会社なんか経営できない!」
こう思われるかもしれない。
お客の求めるものは、そんなに単純ではないはずだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

確かに、会社を経営するということは、多くのことをやらなければならない。
実際に、会社を経営するには総合的な能力が必要である。
しかし、このような場合も、自分の強み以外のことは、つながりの中で他人に任せるようにしていけばいい。
そうすることで、相互に支援し、 応援し合える絆を作り出していくことができる。

じつは、この応援し合える絆を作り出していくことこそが、 「強み(USP)に特化」する最大のメリットになる。
それぞれが強み(USP)に特化したビジネスを構築し、お互いを補完し合う世界。
奪い合いの中でビジネスを構築するのではなく、与え合いの中でビジネスを構築していくこと。
何もかも、自分のものとするのではなく、多くの人とシェアし分かち合うこと。
これこそが、小さな会社が目指すビジネスの世界である。

関連記事

  1. 世界観と人生観

  2. 新規客を集めるタイミングを間違えなければ集客は簡単になる

    新規客を集めるタイミングを間違えなければ集客は簡単になる

  3. 会社を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

    商売を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

  4. 小さな会社ほど細分化された市場を意識する必要がある

    小さな会社ほど細分化された市場を意識する必要がある

  5. 小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう

    小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう

  6. 天職への指標

error: Content is protected !!