人はなぜ大金を求めるのか

現実に収入が増えたときに、以前より幸福になったと答える人は、実は低所得の人たちに多く見られるだけで、ある一定以上の収入の人にとっては、幸福度は上がらないという調査結果がある。金で、ある種の不幸を防ぐことはできるだろう。安全な暮らし、環境のいい地域での生活、さらに、便利な製品を使うことができるからだ。しかし、反面、富が増えることや買い物によって得られる幸福は、長続きしないものだ。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

金はたくさんあるほど幸せになれる

セミナーなどで大金を稼ぐことを目的としないという話をしても、そうはいっても、大金を稼ぎたいと考える人がほとんどである。

「金があればあるほど幸せになれる」

この考え方が、恐らく世界中の国の人々に、浸透しているからだ。

しかし、現実に収入が増えたときに、以前より幸福になったと答える人は、実は低所得の人たちに多く見られるだけで、ある一定以上の収入の人にとっては、幸福度は上がらないという調査結果がある。

つまり、
「ある条件の下では金で幸福が買える」
ということである。

確かに少なくとも、金で、ある種の不幸を防ぐことはできるだろう。安全な暮らし、環境のいい地域での生活、さらに、便利な製品を使うことができるからだ。しかし、反面、富が増えることや買い物によって得られる幸福は、長続きしないものだ。

ある程度の金があれば、十分な生活必需品を手に入れることができるので、生きる為の心配はしないで済む。

ところが、それを超えると、

「金が増えれば増えるほど幸福も増える」

こうした考えは成り立たなくなるのだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

誰もが富と権力を手に入れたい

ほとんどの人が、富と力を同一視し、その両方を手に入れたいと望む。
富と力を手に入れることが、どれくらい達成できたかを示すのが、この「金」という秤なのだ。

「金」は力や地位、社会の中での影響力、そして、社会にとっての自分の価値さえ示す基準であると思い込んでいるのだ。

「金」の量が、自分の価値であると多くの人が思っている。だから、「金」を多く持てるということは、自分自身の価値が高くなることだと多くの人が錯覚している。

もちろん、財政的な安心は目に見える目標だ。安定した生活の為に必要な金を計算し、その金を確保するだけの計画を練り、十分な貯金をしていくことは、誰でも達成可能である。

ただ、問題はそれだけでは、感情的に安心できるとはいえないという点にある。

「金について心配や苦労せずに幸せな暮らしを送るのに必要な年収はいくらですか?」

こうした問いの応えは、年収が幾らの人であっても、今の2倍は必要だと答える人が一番多い。つまり、実際には、どんな金持ちになっても、満足できないし、決して安心できないのだ。

世界的な大金持ちに対して、
「どれくらいの金があったら安心できますか?」
という質問をすると

「あと少し余分にあればいい」
こうした返事が返って来るという。

結局のところ、「金」は、どれだけあっても満足できず、安心もできない。「金」というのは、幸せの条件の一つに過ぎないということなのだ。

もちろん、そこそこ快適に暮らせる生活費を得ることは必要だが、幸せになるためには、金だけでは不十分であり、幸せになるためには、必要十分な収入に加えて、ゆとり、楽しみ、良好な人間関係、良好な健康状態などをバランス良く確保することが大切になる。

しかし、多くの人がここに気づかずに、ただ大金を欲しいと考える。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

大金を集める意味はどこにあるのか

大金を集めるという意味はどこにあるのだろうか?
それを目的とする商売とは、どんなものだろうか?
その生き方で、本当にいいのか?
あなたは何をする為に、毎日仕事をしているだろうか?

いきなり、こんな質問をされて、すぐに答えられる経営者は、じつはほとんどいない。

特に、小さな会社やお店では、毎日忙しく行動しているのに、たいして成果を上げられていないと悩む経営者がとても多い。朝から晩まで忙しく頑張って働いているのに、売上げがほとんど増えなかったり、仕事がうまくいかなかったりというように、いつまでも同じような繰り返しである。

だから、とにかく何とかして大金を稼ぎたいとつい願ってしまうのだ。明確な商売の目的がないために、結局のところ、なんとなく大金を稼ぎたいという思いだけになっている。

「この商売の目的は何なのか?」

こうしたことを考えていれば、大金を稼がなくてもいい事に気づくことができる。
そこに、別の道が見えてくるのである。

関連記事

  1. 常連客の持つ不満をわかっているか

    常連客の持つ不満をわかっているか

  2. 小さいからしなやかに生き残ることができる

    小さな会社は変態していくことが重要である

  3. いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

    いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

  4. 商品が売れる理由を理解しているか

    商品が売れる理由を理解しているか

  5. 顧客に支持され続ける会社を目指す

    お客に支持され続ける商売を目指す

  6. ファン客や得意客の集め方

    ファン客や得意客の集め方

error: Content is protected !!