誰かと組んで起業はしてはいけない

誰かと組んで起業はしてはいけない

起業するということは、自分で全ての判断をするということだ。自分の責任において全てを行い、その結果も全て自分で背負うという覚悟が必要になる。起業するということと人生を生きるということは、本質的には全く同じである。起業を目指すのであれば、まず、全てを自分で決める覚悟を持つ必要がある。そして、その結果が良くても悪くても、全て自分が受け止め責任を負う覚悟をしなければならないのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

起業は独りでするものである

多くの人が起業をする際によくやる間違いは、誰かと組んで起業するということだ。
こうした人は、たいていの場合失敗してしまうことになる。

起業するということは、自分で全ての判断をするということだ。自分の責任において全てを行い、その結果も全て自分で背負うという覚悟が必要になる。これがないと、どこかで他人ごとのようになってしまう。独りで起業出来ないということは、自信が無いということだ。その自信が無いということを、お客は敏感に感じ取る。

もしどうしても、誰かと起業する場合には、主導権と責任を自分で取ることだ。つまり、自分が社長になって、主従関係を明確にしておく。そして、最後まで投げ出さないことだ。

これができないようならば、自分独りだけで起業すべきである。そして、その覚悟がないのであれば、そもそも起業などしない方がいい。

起業家に必要な資質とは何か

サラリーマンの最大の欠点は、自分で決断できないことにある。

これは決して悪いことではなく、サラリーマンであるときには、これは必要な資質となる。そもそも、勝手に判断されて行動されてしまっては、経営者はたまったものではないだろう。だから、自分で考えるのではなく、言われたことを忠実にしっかりとこなすというスキルが必要になる。

しかし、それがひとたびサラリーマンを辞め、起業を目指すとなると、判断できないということは、欠点にしかならない。

起業を目指すのであれば、まず、全てを自分で決める覚悟を持つ必要がある。そして、その結果が良くても悪くても、全て自分が受け止め責任を負う覚悟をしなければならないのだ。

このたった一つのことが、起業家として必要な資質なのである。

自分の人生は自分で責任を負う

そもそも、あなたの人生に起きる出来事は、すべて、あなたが考えた行動をしてきた結果である。明らかにそうであることも、一見そうでないことでも、全てあなたの選択と行動の結果として引き起こされているものである。全ての原因を辿れば、必ず自分のところに戻ってくることになるのだ。

結局のところ、自分の人生を作っているものは、自分自身に他ならない。すべての出来事と、すべての結果は、自分が作り出しているのだ。そして、そのすべての責任は自分が負うしかないのである。

起業するということと人生を生きるということは、本質的には全く同じである。起業するということは、自分で考え行動し、その結果に対して全責任を負うことなのだ。

関連記事

  1. 社長が会社で一番重要な存在である

    社長は自分の貢献度を過小評価してはいけない

  2. どこかへ消えてしまった「ご恩と奉公」

    人生の目的と経営の方向を合致させる

  3. 商品を売る為の最高の方法

    商品を売る為の最高の方法

  4. 経営者に必要な観見の目

    小さな会社の社長に必要な観見の目

  5. お客を育てるということを理解しているか

    お客を育てるということを理解しているか

  6. お金の使い方には投資と消費がある

    資金繰りが良くなるお金の使い方

error: Content is protected !!