魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

あなたは、自分の会社の強み(USP)が何か判っているだろうか?驚くべきことに、多くの小さな会社の社長がこの強みを答えることができない。それどころか、具体的な強みすら考えたことがほとんどないのが実情だ。強み(USP)など持たず、聞きかじった情報に流され便乗するだけで、漠然と市場に身を任せているだけなのだ。だから、独自性も個性もなく「うちから買ってくれ」と主張するしかなくなるのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

どのような強み(USP)があるか

「あなたの会社の強み(USP)とは何だろうか?」

小さな会社のマーケティングは、結局、すべてこの問いかけからスタートする。

あなたの会社は、顧客にとって(←ここ大事)

「どこが強みなのか?」
「何がUSPなのか?」
これが、明確になっていないと、結局、顧客が魅力を感じることができない。そして小さな会社は、ここに対して常に向き合い、全力で取り組んでいく必要があるのだ。

なぜなら、この強み(USP)こそが、あなたの会社やお店が繁盛するかどうかを決めているもっとも大きな要因だと言っていいからである。

この強み(USP)には、様々なものが考えられる。よくあるものでは、最高の品ぞろえという選択の広さを強みにするものがある。他にも、低価格という強みもあるし、最高の品質や、限定品という売りもある。さらには、サポートの良さや、フォロ-の細かさなんてのもあるだろう。

このように、強み(USP)は作ろうと思えば、無限に作り出すことができる。どのような強み(USP)を作るかは、あなたの会社がどう進んでいきたいかによって決まっていく。つまり、強み(USP)とは、あなたの会社が進む方向性を示しているのだ。

強み(USP)は難しく考えなくていい

こうした強み(USP)を設定する場合には、難しく考える必要はない。

どこを強み(USP)にすれば、顧客は魅力を感じるのか?
そして、あなたの会社がライバルに勝てる強み(USP)は何なのか?
どうすれば、あなたの会社が勝てそうなところに働きかける強み(USP)を打ち出せるのか?

ただ、そう考えていくだけでいい。

これは、もちろん今、そうなっていなくてもかまわない。強み(USP)を決めてから、会社を変化させていけばいいのだ。強み(USP)を基にして、会社を成長させていけばいいのである。

だからこそ、社長であるあなたがどのような会社にしたいのか、さらには、あなたの会社のビジネスによって、お客に、どのような未来を提供していきたいのかが問われるのだ。

自分の強み(USP)判っていますか

自分の強み(USP)判っているか

さて、あなたは、自分の会社の強み(USP)が何か判っているだろうか?

驚くべきことに、多くの小さな会社の社長がこの強みを答えることができない。それどころか、具体的な強みすら考えたことがほとんどないのが実情だ。強み(USP)など持たず、聞きかじった情報に流され便乗するだけで何の指針も無く、漠然と市場に身を任せているだけなのだ。だから、独自性も個性もなく「うちから買ってくれ」と主張するしかなくなるのだ。

これでは、どう考えても商品は売れないだろう。

お客が買う理由も、ただ手頃だというだけでは、どうして買ってもらうことができるだろうか。あなたが買う側だったら、それで本当に買いたいと思うだろうか。

強み(USP)が、明確ではない商品やサービスは、顧客にとって魅力を感じることはできない。そして、これが明確になっっていない商品やサービスがほとんどなのだ。

強み(USP)とはポジショニング

この強み(USP)を決めることを、別の言い方ではポジショニングという。ポジショニングとは、ターゲット顧客の頭の中に、自社製品について独自のポジションを築き、ユニークな差別化イメージを植えつけるための活動だ。

つまり、 魅力的な強み(USP)を決めて、それを顧客に理解できるように伝えていくことである。私のところの商品やサービスは、あなたにこんなメリットをもたらしますよと伝えるのだ。

ほとんどの会社が、ここが、上手くできていないから、結局、価格競争に巻き込まれてしまう。

こうした状況の中で、魅力的な強みを取り入れた一部の会社だけが、競合相手に圧倒的な差をつけて、想像もできないほどの利益を出しているのも当たり前のことだ。つまり、ここに、大きなチャンスが眠っているのだ。

魅力的な強み(USP)を見つけることができたら、それは、あなたの会社に大きなチャンスをもたらすだろう。この強み(USP)によって、圧倒的な差別化ができ競合相手に勝てるようになっていくことになる。

そして、すべてのマーケティングメッセージはこの強み(USP)から始まっていく。だからこそ、ほとんどの会社ができていない、この魅力的な強み(USP)を作り出すことこそが、小さな会社が取り組むべきマーケティングの第一歩になるのだ。

関連記事

  1. 今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

    今、あなたの会社やお店に求められる経営戦略

  2. 常連客の持つ不満をわかっているか

    常連客の持つ不満をわかっているか

  3. 小さな会社が生き残るには強小企業を目指せ

    小さな会社が生き残るには強小企業を目指せ

  4. 平等思考では儲からない

    平等思考では儲からない

  5. 少ない予算でテストを繰り返して「売る」練習をする

    少ない予算でテストを繰り返して「売る」練習をする

  6. オンラインとオフラインの両方が必要

    オンラインとオフラインの両方が必要

error: Content is protected !!