究極のセールス方法を知れば売ることは簡単になる

究極のセールス方法を知れば売ることは簡単になる

セールスとは、必要な時に必要なものを提供することである。つまり、お客のニーズを汲み取って、「必要なものはこれではないですか?」こう言って差し出すことなのだ。これが究極のセールス方法である。セールスとは売ることではない。それを、変に売ろう売ろうとする。必要ないのに売ろうとする。そりゃあ売れないだろう。だから、本来はクロージングというのが正しい言葉なのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

小さな会社の社長はセールスの達人を目指せ

セールスの基本とは、お客のニーズを汲み取って、

「必要なものはこれではないですか?」

こう言って差し出すことだ。

これが究極のセールスである。だから、本来はクロージングというのが正しい。

物事には、必ずこうした中心軸となる本質がある。ここを見抜けるようになると、何もかもが、霧が晴れるように見渡せるようになっていく。

そこに至れるかどうかは、自らの姿勢と志が鍵なのである。

「セールスのテクニックを知りたい」
「セールスの道を切り拓く」

この二つの言葉には、天と地ほどの差がある。テクニックを知って満足しているレベルと道を極める厳しい修行に挑戦する決意。

仕事観と人生観の違いも如実に表れてくる。

「商品さえ売れればいいという発想」
「セールスの世界の達人を目指す志」

どのレベルの人生を選択するかで、人生の面白みは大きく異なる。どのような人生を生きていきたいのか、自分の人生をよく考えてみることである。

誰もが一流の仕事を願っている。誰もが一流の人物を目指そうとする。では、この一流になるには、どうしたらいいのか。それは、やはり、志で決まるのだ。安易な目標を選べば楽をできるだろう。しかし、楽な目標を選んでしまったらそこで成長は終わってしまう。

ぜひ、小さな会社の社長はセールスの達人を目指していって欲しい。

セールスの極意とは何か

さて、それではまずセールスの本質を明確にしておく。

セールスとは、

「必要な時に必要なものを提供すること」

お客さんが、寒くて困っていれば、

「炬燵があります」
「ストーブがあります」
「エアコンがあります」

こう、差し出すだけだ。それ以外の事は、何も必要ない。それを、変に売ろう売ろうとする。必要ないのに売ろうとする。そりゃあ、売れないだろう。セールスには、じつは技術など必要ないのだ。

お客さんのニーズを汲み取って

「必要なものはこれではないですか?」

こういって差し出すだけでいいのである。

これが究極のセールス方法である。だから、本来はクロージングというのが正しいのだ。

大企業の広告戦略の意味

大企業の広告戦略の意味

しかし、多くの経営者はこれが判っていない。そもそも、お客が何を必要としているかが判らないのだ。だから、大金をかけて、沢山の宣伝をする羽目になる。

喉が渇いていない時に、コーラを売ろとしてもなかなか売れない。たとえそのコーラが無料だったとしても手を伸ばす人は少ないだろう。

しかし、のどがカラカラに乾いているときにコーラを出されたら、たとえ少し高くても飛ぶように売れていく。ところが、コーラの会社には、消費者がいつのどが渇いているかなど解らない。だから、いつ、どこにいても、のどが渇いた時にコーラを思い出せるように膨大な広告費を使って宣伝を大量に展開しているのだ。

これは、他の多くの商品も同じである。大手の会社は、このために大金を投じてイメージの良い広告を作成し展開しているのだ。

小さな会社はお客に聞こう

しかし、小さな会社には、とてもそんなお金などあるはずがない。では、どうしたらいいのか。その答えは簡単である。

お客に直接聞けばいいのだ。

「あなたは今何が必要なのでしょうか?」

ただそう聞けばいいのである。

そうして、その必要な商品を探し出して提供すれば売れていく。小さな会社だからこそ、お客に一番近いところにいて必要なものを差し出すのだ。

これが、セールスの基本であり極意なのである。

関連記事

  1. 会社は長続きさせることが目標

    会社は長続きさせることが目標

  2. 無理にイノベーションを起こす必要はない

    無理にイノベーションを起こす必要はない

  3. 売上の増えない原因は2つに集約される

    62,500人の見込客を忘れていないか

  4. 無駄な値引きをしてはいけない

    無駄な値引きをしてはいけない

  5. あなたの会社やお店はほとんど知られていない

    あなたの会社やお店はほとんど知られていない

  6. 小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

    小さな会社や個人事業者の為の経営戦略

error: Content is protected !!