お金を稼ぐチャンスはゴロゴロ転がっている

お金を稼ぐチャンスはゴロゴロ転がっている

今は、時代が大きく変化している最中である。こうした時は、じつはチャンスもゴロゴロ転がっている。見つけることさえできれば、ビジネスチャンスは幾らでもある。ピンチな時はチャンスでもあるのだ。しかし、お金を稼ぐ為には、うまくいく方法といかない方法がある。どのような仕事をするか、どのような市場を選ぶか、どのタイミングでそれを行うかが、そのまま成否を分けることになる。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

実質賃金が下がり続けている日本

今の日本は、中国発のコロナウィルス禍によって、社会が大きな制約を受け、これまでのビジネスのやり方は、大きな転換を余儀なくされている。

こうした社会の劇的な変化に対して、これまでとおなじり方をしていたのでは、経営が不可能になったのだ。こうして、未曾有の不況が日本を襲っている。

しかも、日本においては、1997年から二十数年間、実質賃金が下がり続けている。実質賃金とは、収入から物価の上昇分を差し引いた実質的な所得で、実際に使えるお金のことだ。つまり、実質的な所得が下がり続けているということは、現実には、日本国民がどんどんと貧乏になっている状態なのである。

もちろんこれは、平均値であって、全く関係なくお金持ちになっている人もいる。しかし、社会全体で見れば、日本全体が貧しくなっているのは事実なのである。

そうなると、まず物が売れないので、中小企業や個人事業だけでなく、大きな会社も厳しい状態が続いていた。そこへきて、今回の新型コロナ禍だ。日本は、今大きな曲がり角に直面している。

時間の切り売りか価値を創造するか

そして、今後、時間を切り売りする単純労働者と、価値を創造できる人との所得格差が広がることになる。つまり、単純労働は外国人労働者でも出来てしまうということだ。今でこそ、コロナの影響によって外国人労働者の入国が制限されているため、あまり感じないかも知れないが、コロナ禍以前は、コンビニで働いている人は、もはや日本人が珍しい状態だった。これは、あらゆる企業内においても同様だ。

自分で価値を作り出せる人は、会社にいても、自分で起業たとしても、はたまたフリーエージェントになっても大丈夫である。しかし、そうでない人は、これからの10年はますます厳しくなっていくだろう。

さて、あなたは、どうだろうか?
時間を切り売りしているのか?
それとも、価値を創造しているだろうか?

どう生きていきたいのか

私が指導するコンサルティングでは、どうすれば、価値を創造できるかということも深く掘り下げている。

中小企業や個人事業者のような小さな会社が、どうすれば強み(USP)を打ち出すことができるかということだ。

独自の価値を創造し競争の無い市場を作り出す。この鍵は、あなたの底に持っている価値観にある。それは、つまり、あなたの一度きりの人生を、どのように生きていきたいかにつながる。

仕事とは、お金を稼ぐだけではなく自己実現の場でもあるはずだ。どうすれば、自己実現と仕事を結び付けられるか。これが、コンサルティングでお話しする、いちばん根っこの部分なのだ。

変化の時はチャンスが転がっている

今は、時代が大きく変化している最中である。こうした時は、じつはチャンスもゴロゴロ転がっている。それを見つけることさえできれば、ビジネスチャンスは幾らでもあるのだ。ピンチな時は、チャンスなのだ。

ただ気をつけてなければいけないのは、思いつきで闇雲に行動しては失敗する。思いつきで成功できる確率は、おそらく1割以下といえるだろう。

そもそもお金を稼ぐ為には、うまくいく方法といかない方法がある。それも、本人の努力とは関係なしに、どのような仕事をするか、どのような市場を選ぶか、どのタイミングでそれを行うかが、そのまま成否を分けることになる。努力はあまりかんけいないのだ。

私のコンサルティングでは、こういった実践的な、商売繁盛のノウハウや運のタイミングや掴み方について伝えている。

このピンチの時代をチャンスと捉えて、挑み、運を掴んで欲しい。

関連記事

  1. 経営の本質とは何か

    経営の本質とは何か

  2. スマホを前提に経営を計画しているか

    スマホを前提に経営を計画しているか

  3. ビジネスにおける格差社会の原因とブティック化の波

    ビジネスにおける格差社会の原因とブティック化の波

  4. 小さな会社は変態していくことが重要である

    小さな会社は変態していくことが重要である

  5. 震度7の地震は5年に1回起きている

    災害から再起する為に日頃からやっておくこと

  6. 令和の格差を生み出す要因

    令和の格差を生み出す要因

error: Content is protected !!