他者から奪うと心が傷つく

他者から奪うと心が傷つく

利益を求めることは、企業として当然のことだ。それは決して悪い事ではない。問題は他人から奪ってまで利益を得ようとすることなのである。利益とは、価値の交換によって成り立つ。価値が増えれば、当然利益も増えていく。だから、価値を創造すれば、その分だけ利益も増えていくことになる。これを、価値を創造せずに利益だけ取ろうとすれば奪うことになってしまうのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

利益の追求は目的として正しい

一般的に、企業の目的は利益の追求だといわれる。

企業の目的が利益の追求というのは、決して間違っているわけではない。利益が無ければ、企業は経営を続けていくことができない。しかし、企業が利益の追求のみを求めていくと上手くいかないことのほうが多くなるのだ。

これは個人においても同じである。

個人が利益を追求するということは判りにくいかもしれないが、得をすることだけを考えていると言い換えればいいかもしれない。

利益を求めることは、人間として当然のことだ。それは決して悪い事ではない。問題は他人から奪ってまで利益を得ようとすることなのである。

個人であれ、企業であれ、利益を追求するあまり、自分だけが得をして、他人から奪うことばかり考えると、決して長続きしなくなるのだ。それは、恨みを買うだけではなく、他者から奪ったことで自分の心も傷つくからである。

奪うと自分を罰するようになる

相手から何かを奪うと、当然、恨みを買うことになる。これはこれで怖いのだが、それよりも怖いのが自分の心が傷つくことである。

ほとんどの人間には、良心がある。この良心が、他人から奪うことで傷つくのだ。自分の心が傷つくと、それに対して、自分で自分に罰を与えてしまう。その結果、色々なトラブルを引き起こして上手くいかなくなっていく。これは、自分で自分で罰してしまうので、逃れようがないのである。

これは、個人でも会社でも同じなのだ。

利益は無限だから奪う必要はない

しかし、稀に良心が無い人もいる。こういう人は、他人から奪っても自分の心が傷つかないので、問題が起きることはない。

しかしそれでも、他人の恨みが積もって、それが、社会全体に広がることで罰せられることが起きていく。ただ、こうした良心のない人は、ほんの一握りであり、ほとんどの人は、自分で自分を傷つけてしまうのである。

利益は無限だから奪う必要はない

ではなぜ、利益を奪わないといけないのか?

それは、利益が有限だと思っているからだ。有限であれば、たくさん利益を得ようとしたら、誰かの分も取ってこなければならなくなる。だから、奪うことになるのだ。

しかし、利益は有限ではない。

利益とは、価値の交換によって成り立つ。価値が増えれば、当然利益も増えていく。だから、価値を創造すれば、その分だけ利益も増えていくことになる。これを、価値を創造せずに利益だけ取ろうとすれば奪うことになってしまうのだ。

利益とは、価値を創造するところに生まれるもので、決して奪い合うものではない。経営に携わる人は、この事を忘れてはならないのである。

関連記事

  1. スマホを前提に経営を計画しているか

    スマホを前提に経営を計画しているか

  2. 令和の格差を生み出す要因

    令和の格差を生み出す要因

  3. お金が流れている場所でビジネスをしているか

    お金が流れている場所でビジネスをしているか

  4. 小さな会社は変態していくことが重要である

    小さな会社は変態していくことが重要である

  5. 小さな会社が取るべき二つの軸

    小さな会社が基本にすべき二つの軸

  6. ビジネスの法則を知っておけ

    ビジネスの法則を知っておけ

error: Content is protected !!