ビジネスにおける格差社会の原因とブティック化の波

ビジネスにおける格差社会の原因とブティック化の波

これからの時代は、あらゆる業種で個人専門店化(ブティック化)が起き、1970年代の高度成長期に潰されていった個人専門店化(ブティック化)が、ここへきて時代の最先端ということになっている。判りやすく表現するならば、市場が細分化されオタク化しているということだ。こうした社会では、100人のファンがいれば、会社は十分に儲かるようになる。もし、あなたの会社がこれまでに100人以上のお客と取引があっても、あまり儲かっていないなら、それは、そのビジネスモデルが時代から外れてしまっていることを示している。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

格差が広がっていく時代

現在の日本は一部の少数にのみ富が集中していき、それ以外の人の所得はほとんど上がっていかない状態だ。それがいいか悪いかは、ここでは論じないが、生活費などの必要な経費は上昇をしていき、普通の人の可処分所得は減っていっている。つまり、大多数の日本人が貧乏になっていっているのである。

そうなると、消費者は、余計なもの(自分が本当に欲しいと思ったもの以外)を一切買わないという、消費姿勢にシフトしていかざるを得ない。

こうした格差社会では、高級レストランの売上げは落ちなくとも、ワタミなどの格安居酒屋の売り上げは、むしろガタガタになっている。つまり、ワタミで一杯やるくらいなら家でコンビニで買ってきた発泡酒を飲むし、その分無駄な外食を控え節約をし、月に一回高級フレンチを夫婦で楽しむ。こんな感じのライフスタイルがかなり確立しているのである。

これが、現代の一般的な消費動向になっている。

所得ピラミッドから見る問題点

ここで、注意しなければいけないことがある。高級店が流行るからといって、地方で闇雲に超高級レストランをやっても失敗する。なぜなら東京ほど、地方の消費単価は高くないからだ。

基本的に所得の層は、基本的にピラミッド型をしている。下のほうが広く、上に行くほど狭くなる。東京はこのピラミッドが大きく、地方がこのピラミッドが小さくなっている。

だから、東京と同じ超高級を狙うと、その層が地方では誰もいないということになってしまう。(東京から人を呼べれば別)

特に大きな格差は、じつは都会と地方といった地域間格差でもあるのだ。

所得ピラミッドから見る問題点

スモールコミュニティ型社会の出現

それだけではない。日本は、格差の問題だけではなく、ここ数年で世の中が大きく変化している。どのように変わったかというと、まず、これまでのやりかたでは、商品が売れなくなったことが挙げられる。それは、市場がスモールコミュニティ型に変化したためだ。

ここ10年で、話題になったものを思い浮かべてみると見えてくるものがある。Twitter、facebook、line、地下アイドル、モンハン、ポケモンGO・・・。これらすべてに共通するのが、コアなコミュニティーをその中心にしていることだ。

判りやすく表現するならば、市場が細分化されオタク化しているということだ。現代の日本は、このコミュニティごとに格差が生じている社会でもあるのだ。

そしてポイントは、このコアが小さなコミュニティだということだ。つまり、小さな塊が、世の中のあちこちにできていて、それが繋がって大きく動いているように見えているのである。要するに、今の世界は、スモールコミュニティの集合でできているのだ。

ここが、見えないと、今後の経営はうまくいかなくなる。

個人をブランド化できるかが鍵

今は、ただがんばって商品を売るだけだと、どんなに工夫しても売れない。それはお客が、商品自体にほとんど価値を感じなくなっているからだ。これは、お客自身もあまり理解していない。お客が、なんとなく感じているのは、商品の価値ではなく、誰から買いたいかということだ。あるいは、お金を使うことで、その小さなコミュニティーに所属したいという動機である。だから、どれだけお金をかけても、販売テクニックを駆使しても売れなくなっているのだ。

では、この時代に最も適している売り方は何かというと、商品を売るのではなく、あなたのをブランド化して売ることだ。今の時代は、情報発信が簡単なため、あなたの生き様や、思想にお客が魅かれて集まってくる。そこに共感した人が、あなたとの密な関係で商品を買うようになっていく。

これが今の時代の構図なのだ。

個人をブランド化できるかが鍵

個人専門店化(ブティック化)の波

その意味ではあらゆる業種で個人専門店化(ブティック化)が起き。1970年代の高度成長期に潰されていった個人専門店化(ブティック化)が、ここへきて時代の最先端ということになっている。ただし、いかに高付加価値をつけられるか、という視点を持たない限りどのような業種であっても生き残りは不可能な時代だ。小さくても、商品が売れないから、値下げしてお客を呼ぼうとすると確実に潰れる。本来、少量多品種、高付加価値商品が得意な小さな会社やお店だからこそ、大いにチャンスがあるのだ。

これからの時代は、100人のファンがいれば、会社は十分に儲かるようになる。もし、あなたの会社がこれまでに100人以上のお客と取引があっても、あまり儲かっていないなら、それは、そのビジネスモデルが時代から外れてしまっていることを示している。現在、ビジネスをやっていて、売上が横ばいや、やや下がっている。そんな場合はビジネスが時代からずれてきているので、早急に対応する必要がある。早めに、時代に合わせるようにしたほうがいい。今、ビジネスをやっている人は、しっかり時代に合わせないと、どんどん変化に置いていかれることになる。

こうした変化に対応するのが「気の経営」という経営の考え方になる。世の中の流れを観察し、小手先のマーケティングをやるよりも、お金の流れている場所で商売をする。これが気の経営である。私は現在、こういった気の経営によるビジネスモデルの切り替えのコンサルも行なっている。対象は、小さな会社やお店の経営者だ。法人であっても、個人企業でもかまわないが、ビジネスに前向きに取り組んでいる方で悩んでいる方は、ぜひ受けてほしいコンサルティングである。

関連記事

  1. 経営の意思決定は投資効率で考える

    経営の意思決定は投資効率で考える

  2. 他者から奪うと心が傷つく

    他者から奪うと心が傷つく

  3. 品揃えや低価格ではお客は動かない

    品揃えや低価格ではお客は動かない

  4. 人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

    人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

  5. 小さな会社の経営を通じて天職を見つける

    小さな会社の経営を通じて天職を見つける

  6. 小さな会社が取るべき二つの軸

    小さな会社が基本にすべき二つの軸

error: Content is protected !!