独自の強み(USP)の見つけ方

独自の強み(USP)の見つけ方

強み(USP)を見つける為には、まずあなたの業界で満たされていないニーズを見極めることだ。顧客がひどく不満に思っている部分、スキマになっている部分、そこから、あなたに埋められそうなものを選んで、そこに集中することだ。ただし、この強み(USP)は、あなたの会社全体で実行できる必要がある。強みというのは、言い換えればお客との約束なのだ。強み(USP)として、お客と約束を交わし、それを全力で実現していく。これが、あなたの会社が、最初にやるべきことになるのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

独自の強み(USP)を見つける

強みが大事!
USPが大事!

いろいろなセミナーなどに行くと、必ずこういったことが言われる。

そんなこと、わかってるけど、じゃあ、どうやって、それを見つければいいんだい!

おそらく、あなたは、そう思っているだろう。

強み(USP)を見つける為には、まずあなたの業界で満たされていないニーズを見極めることだ。

例としてざっと上げてみると、

広い選択肢
大幅なディスカウント
的確なアドバイスや補助
利便性(豊富な在庫・配達の速さ)
最高級の製品やサービス
迅速なサービス
特別なサービス
長期的な保証や広範囲にわたる保証
ライバルには提供できない特別な点
有形無形の利益
価値のある特典

こうした事で、顧客がひどく不満に思っている部分、スキマになっている部分、そこから、あなたに埋められそうなものを選んで、そこに集中することだ。

既に、そこに他のライバルがいるなら、複数の要素を結び付けて強み(USP)を作り出すこともお勧めだ。こうすると、強み(USP)を見つけやすくなる。

強み(USP)とはお客との約束

強み(USP)とはお客との約束

ただし、この強み(USP)は、あなたの会社やお店全体で実行できる必要がある。強みというのは、言い換えればお客との約束なのだ。

「私たちは〇〇が強みです!」

こう宣言したら、それはお客と約束したことになるのだ。そして、この大きな約束を常に果たすことが絶対的に求められることになる。

だから正直に、今の強み(USP)が実行できそうにないなら、他のものを選んだほうがいい。ユニークで、しかも、常に実行可能だと確信できるものを、強み(USP)として選ぶのである。

強み(USP)をまず設定する

強みとかUSPといったものは、社長がまず設定して、そこに、仕事全体を寄せていくものだ。自然にできてくるものではない。社長が、どのような事を強み(USP)にしたいかを決めるのだ。

その為には、自分がどのような会社やお店にしたいのか。
さらには、ビジネスを通じて、どのような事を表現したいのか。
そして、どのような人生を送りたいかということを決めることだ。

はじめに強み(USP)ありきなのだ。

強み(USP)として、お客と約束を交わし、それを全力で実現していく。これが、あなたの会社が、最初にやるべきことになるのである。

関連記事

  1. 売上を倍増させる売上方程式

    売上を倍増させる売上方程式

  2. ネット集客は一日でも早く始める必要がある

    ネット集客は一日でも早く始める必要がある

  3. ビジネスモデルはお客について考えることから

    ビジネスモデルはお客について考えることから

  4. 売上が増えない理由には2つある

    なぜ、あなたの会社は計画通り行かないのか?

  5. 強み(USP)は大きな利益をもたらす

    強み(USP)は大きな利益をもたらす

  6. 無理にイノベーションを起こす必要はない

    無理にイノベーションを起こす必要はない

error: Content is protected !!