小さな会社の経営はポジショニングで決まる

小さな会社の経営はポジショニングで決まる

ポジショニングとは、競争のない場所を探すのではなく、儲かる場所で、切り口やメッセージを変えて、競争から抜け出すということである。ビジネスの成否は、どのようにビジネスを行うかよりも、どこでビジネスを行うかということのほうが重要になる。分かりやすく言えば、儲かる場所でビジネスをやっているかどうかが重要なのだ。(内田遊雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

どこでビジネスを行うかが経営の最初の一歩

ーケティングとは、簡単に表現すると、あなたの商品を買いたいというお客を、あなたの前まで連れてくる活動である。

こう一言で書くと、いかにも単純で簡単そうだが、実際には、いろいろ複雑な段階がある。

段階を追って説明すると、まず、どの市場の中でどのポジションを取るかが最初となる。ビジネスの成否は、どのようにビジネスを行うかよりも、どこでビジネスを行うかということのほうが重要になる。分かりやすく言えば、儲かる場所でビジネスをやっているかどうかだ。

コンサルで相談を受けると、ほとんど、この最初の部分、すなわち儲かる場所でビジネスができていないことが原因であることが8割近くに上る。

世の中には、お金がたくさん流れている場所がある。こうした場所でビジネスをするだけで、おこぼれがたくさん手に入るものだからだ。

逆に、ここがしっかりできていれば、その後の展開がとても楽になる。会社が儲かるかどうかの最も基本の部分が、このどこでビジネスを行うかということである。

場所が決まったらポジショニングを決める

どこでビジネスをやるかが決まれば、その中で自分がどのポジションを取るかが次の段階となる。

つまり、

「私の商品の売り(USP)は○○だ。」

という、この○○の部分を明確にして、特徴をしっかりと伝えることだ。

もともと、小さな会社の場合には、経営資源とよばれる「ヒト・モノ・カネ」が、あまりない状態である。特に人と金は、まったくと言っていいほど無い状態である。だから、まともにライバルにぶつかったのでは、競争に勝てるはずないのである。

しかし、経営する以上、ライバルに勝たなければ潰れてしまうことになる。そこで、勝てない競争をしないように、経営するということが必須となるのだ。

つまり、競争相手のないところで、Only oneの商売をする必要がある。ここを、設定するのがポジショニングであり2つ目の段階である。

ポジショニングとは、自分がどこのマーケットで商売をするのかであり、どのような優位性を持ってマーケットに、認知させるかといったことを決めていくものなのである。

わかりやすく言えば、どこだったら儲かりそうで、どうすれば、市場を独占できるかということなのである。

人が誰もいない場所では商品は売れない

人が誰もいない場所では商品は売れない

ここで、気を付けなければいけないのは、競争が無いところに入るといっても、お客のいないところでは、商売はできないということである。

よく勘違いする人がいるのだが、 競争のないポジショニングを意識するあまり、特殊なターゲットにしすぎて、商圏内にお客がいなくなってしまう人がいる。

それでも、ネットショップをやっているのであれば、全国が商圏になるので、かなり特殊なポジショニングを取っても、それなりに見込客は確保できるものだ。

または、東京のような人口の密集している場所であれば、やはり、特殊なポジションでもお客さんが見つかる可能性がある。しかし、これが地方となると、そうはいかない。よく、東京で流行っているからと、同じ形で地方に進出して失敗するのは、ここが原因である。東京では、お客がいたポジションであっても、地方では、そこに人がいない可能性が高いのである。

商品の切り口を変え競争から抜け出す

特にリアル店舗の場合などは商圏が狭くなるので、あまり特殊なポジショニングを取ったりした場合、地方では、お客が誰もいなくなってしまう。

当たり前だが、誰もいないところでは、商品は売れない。たとえ、売れたとしても経営を維持していけるほどの数にはならないのである。誰もいない人も通らない場所に、自動販売機を置いても絶対に売れないのだ。

そうではなくて、ポジショニングとは、競争のない場所を探すのではなく、儲かる場所で、切り口やメッセージを変えて、競争から抜け出すということである。

つまり、お客さんがいるところでビジネスをするのだが、ライバルが赤い看板を出していたら、青い看板を出すという意味なのだ。こうすることで、独自のポジショニングというメッセージが伝わるのである。

ここさえ間違えなければ、ポジショニングだけで、かなりの優位性を出すことが可能になる。そして、このポジショニングがマーケティング全体の60%以上を占めるのである。

【参考記事】:

関連記事

  1. 小さな会社は強み(USP)に特化せよ

    小さな会社は強み(USP)に特化せよ

  2. 独自の強み(USP)を持つ

    独自の強み(USP)を持つ

  3. 経営者が値引きに走る理由

    経営者はなぜ値引きに走るのか

  4. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  5. 独自の強み(USP)の見つけ方

    独自の強み(USP)の見つけ方

  6. 顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

    顧客獲得コストを計算し比較して集客しているか

error: Content is protected !!