小さな会社経営の基本理念とは

小さな会社経営の基本理念とは

私たちがビジネスを行う目的は、お金儲けだけではない。もっと他に重要な事をするべきである。つまり、規模の大きさを目指すのではなく、ただお金を稼げばいいのでもなく、あなたの生き方そのものが反映するような、そんなビジネス経営を目指すのだ。小さな会社の経営者は、経営をしながら修行をしているようなものだ。あなたの人間としての成長が、あなたの会社の成長となる。いくら器が大きくなったとしても、中身がスカスカでは、ダメなのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
経営コンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等のコンサルティングを行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運についてをテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

スモールビジネス戦略における基本理念

スモールビジネス戦略とは、中小企業や個人事業といた小さな会社が、繁盛するために必要な独自のビジネス経営戦略の考え方である。

スモールビジネス戦略における基本の理念は以下の8つとなる。

(1)大金を集めない
(2)無理な拡大をしない
(3)信念と情熱の経営
(4)強み(USP)に特化
(5)楽しんで仕事をする
(6)長続きさせる
(7)顧客と共に成長する
(8)天職に生きる

これらの詳しい内容は、別の機会にそれぞれ詳しく説明するが、こうした内容は、今風に言えば、反グローバリズム戦略といえるものだ。人、物、金が国境を越えて動き、働く人や、その国の繁栄よりも、ただ、お金儲けを目的とする。そんなビジネスは、もうやめにしたほうがいい。

私たちがビジネスを行う目的は、お金儲けだけではない。もっと他に重要な事をするべきである。つまり、規模の大きさを目指すのではなく、ただお金を稼げばいいのでもなく、あなたの生き方そのものが反映するような、そんなビジネスを目指すのだ。

商売は心の美しさをだしつくす業

私の尊敬する経営思想家の岡田徹氏の書いた文章に、次のようなものがある。

「繁盛しようと
思うことはない
思うべきは
今日もまた人の心の美しさを
わが商売の姿と
したいことである。」

私たちが、経営をする目的は、金儲けではなく、人間としての美しさを表現する為である。これは、決して綺麗ごとではなく、そのほうが、むしろ顧客の支持を得て繁盛していくのである。

商売は心の美しさをだしつくす業

同じ岡田氏の文章に次のようなものものあります。

「商売とは
人の心の美しさを
だしつくす業(なりわい)
あなたの商人の姿に
前だれをかけた
み仏(ほとけ)をみたい」

経営者の成長が会社を成長させる

小さな会社の経営者は、経営をしながら修行をしているようなものだ。あなたの人間としての成長が、あなたの会社の成長となる。それは、決して、会社の形が大きくなるということではない。いくら器が大きくなったとしても、中身がスカスカでは、ダメなのだ。

小さいけれども、素晴らしい社長がやっている仕事として、世の中の人が評価をする。そんな経営をやって欲しいのである。

その為に大事な事は、社長であるあなたが、経営という修行を通して、人間として成長していくことなのだ。そこにこそ、小さな会社の戦略における経営理念があるのだ。

関連記事

  1. 大金を集めることを目的にしてはいけない

    大金を集めることを目的にしてはいけない

  2. 商人としての責任を自覚して経営をする

    商人としての責任を自覚して経営をする

  3. 顧客に支持され続ける会社を目指す

    顧客に支持され続ける会社を目指す

  4. 社長と経営者はどう違うのか

    社長と経営者はどう違うのか

  5. 小さな会社の社長が1年に1度は必ずやるべきこと

    小さな会社の社長が1年に1度は必ずやるべきこと

  6. お客が本当に必要なものを見極める

    お客が本当に必要なものを見極める

error: Content is protected !!