会社を繁盛させるには何をすればいいのか

会社を繁盛させるには何をすればいいのか

あなたが会社を繁盛させたいと本気で思うのなら、目の前の仕事を闇雲に頑張るのではなく、まず最初に、どうすれば、会社を繁盛させることができるかを調べることだ。そして、見つけた方法にお金と時間を投資することである。具体的に言えば、会社を繁盛させるには、集客をしっかりやって、利益率の高い商品をしっかりと売ることである。大事なことは、経営者の取る行動が今後の利益を決めているということだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

不可能なことに取り組まないようにする

突然だが、社長であるあなたに質問しよう。

「あなたは会社やお店を繁盛させたいか?」

まあ、ほとんどの社長が「繁盛させたい」と答えるはずだ。

では、あなたは、会社を繁盛させる行動を、しっかりとやっているだろうか?

この場合、瞑想するとかイメージトレーニングするとかは、行動に含まれない。それを無駄とは言わないが、大事なことは、社長の取る行動が今後の利益を決めているということである。

例えば、会社があまり儲からなくなると、つい小さな会社の社長は何か別の副業をやろうと考える。これ、非常によくあることで、特に、個人事業者はついこうした行動をとりがちだ。

とりあえずの収入を得ようと、コンビニなどでバイトしたりする。時給1,000円として、8時間働いたら1日8,000円、20日働いたら月収16万円になる。

しかし、8時間も働いたら、他の仕事できなくなるにちがいない。逆に言えば、この行動は、月収16万以上(もちろん働く時間を伸ばすとか、時給が上がるとかすれば少しは増えます)には絶対にならない上に、自分の会社を危うくすることになる。

「いつか会社を繁盛させるぞ」

そう信じて、コンビニバイトで一時しのぎに働いても、絶対にあなたの会社は繁盛しない。あたりまえのことなのだ。

コンビニバイトで金持ちを目指す

コンビニバイトを一生懸命頑張っている人が
「俺はコンビニバイトを一生懸命頑張って年収一億円を目指している!」
と言っていたら、あなたはどのように思うだろうか?

おそらく
「コンビニバイトじゃ年収一億円になれるわけがない」
と、誰もが思うことだろう。

コンビニバイトでは、良くても時給1,200円なので、1日16時間365日休まず働いても700万円にしかならないからだ。365日、休みなしで16時間って、すごい頑張っている。しかし、絶対に年収1億円にはならないのだ。

コンビニバイトで金持ちを目指す

じつは、上記のようなコンビニバイトをバカにしている人も、ほとんど同じことをしている可能性が高いのである。つまり、物理的に不可能なことに取り組んでいることに気が付かないということだ。

先程の、一時しのぎにコンビニバイトをする社長の話もそうだすが、頑張っても頑張っても絶対に会社は繁盛しないことに、日々時間を費やしているのである。

このあたりまえの間違いを、多くの人がやっている。絶対に無理なのだ。それでは、100%上手くいかないのである。決死て難しく考えることはない。普通に考えてみることだ。

会社を繁盛させる仕事を優先的に行う

それでは、会社を繁盛させるにはどしたらいいのだろうか?

もしあなたが本気でそう思うのなら、目の前の仕事を闇雲に頑張るのではなく、まず最初に、どうすれば、会社を繁盛させることができるかを調べることだ。

そして、見つけた方法にお金と時間を投資することである。もし、会社を繁盛させる方法が見つけられなければ、それを知っている人に教われば良いのだ。会社を繁盛させる仕事に取り組まなければ、どれだけ頑張っても利益は増えない。これは、あたりまえのことだ。

より具体的に言えば、会社を繁盛させるには、集客をしっかりやって、利益率の高い商品をしっかりと売ることである。ここでもただ、あたりまえのことをすればいいだけなのだ。

関連記事

  1. 顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

    顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

  2. 小さな会社は強み(USP)に特化せよ

    小さな会社は強み(USP)に特化せよ

  3. 強みに特化しOnly oneからNo.1を目指していく

    強みに特化しOnly oneからNo.1を目指していく

  4. 小さな会社は戦わない戦略を持つことが必要になる

    小さな会社は戦わない戦略を持つことが必要になる

  5. 独自の強み(USP)の見つけ方

    独自の強み(USP)の見つけ方

  6. 儲かるポイントは付加価値にある

    儲かるポイントは付加価値にある