社長の仕事は三つだけに絞る

社長の仕事は三つだけに絞る

社長の仕事とは、作業することではなく、本来は、思考することである。考えて、考え抜くことこそが、社長の本当の仕事なのだ。人間は、どうしても、ただ忙しくすることで満足してしまいがちだ。スケジュールが埋まることが嬉しかったり、仕事に追われているのが嬉しかったりする。しかし、それは本当の目的ではない。経営の目的は、あくまで利益を出すことである。ただ無闇に走り回っていたのでは、大事な仕事ができなくなる。これでは、利益など出るはずもないのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

やっている仕事を整理してみる

思うように、やりたいことができない。
やらなければいけないことが多くて、重要なことができていない。
気持ちばかりは焦るけど、結局、何も進んでいない・・・。

経営者であれば、誰でもそんな悩みを持つことがある。これは、おそらく中小企業や個人事業者に限らず、全ての社長に共通する悩みである。特に、小さな会社は、「人」「モノ」「金」といった経営資源が、そもそも足りていないため、結局、社長が全てをやらなくなる。

そうなると、ただ気が焦るばかりで、仕事がなかなか進まないといった事が起きるものである。

中小企業や個人事業の社長は、とりあえず一度、今やっている仕事をすべて書き出してみることだ。細かいものを含めれば、社長は、たいてい一日に平均50以上の仕事をしている。それを、分類して、重要なものだけを抜き出し、一日にやる仕事を三つだけに絞ってみる。もちろんその為には、いくつかの仕事を止めるという選択もせざるを得なくなるだろう。

一見、仕事をしなくなる気がして、怖くなるものだが、これをやると一つ一つの仕事の質を高めることができ、かえって、うまくいくようになるのだ。

何をするかより何をしないかが大事

仕事を三つに絞るということは、何をするかというよりも、何をしないかということが重要になる。

人間は、どうしても、ただ忙しくすることで満足してしまいがちだ。スケジュールが埋まることが嬉しかったり、仕事に追われているのが嬉しかったりする。

しかし、それは本当の目的ではない。経営の目的は、利益を出すことである。忙しくしようがぶらぶらしていようが、利益が出ていればそれでいいのである。

何をするかより何をしないかが大事

実際に一日の仕事を三つにするということは、これまでやっていた仕事そのものを見直す必要がある。

本当に、その仕事は必要なのか?
不要な仕事をやってはいないか?

こうしたことを考えて、重要なものを優先して三つだけに絞るのである。

社長の本当の仕事は経営について考えること

「え~、三つだけなんて、できっこない」

ほとんどの社長が普通はそう考えるだろう。しかし、それすら思い込みである。強引に削ってみればいい。それはそれで、ちゃんと仕事は回っていくものだ。

「人間だもの、できないことはできない(笑)」

ということで、物事をなるべく単純にして、作業を減らせるだけ減らしてみることだ。

三つしか仕事をしないと、時間が余ってしまうと思うかもしれまないが、その時間は、思考する時間に当てていけばいい。三つだけに仕事を絞り込むという真の目的はここにある。仕事といっても、ただ作業に追われているのでは、何事もうまくいかない。

社長の仕事とは、作業することではなく、本来は、経営について思考することなのだ。考えて、考え抜くことこそが、社長の本当の仕事だ。そのための、方法が一日の仕事は三つだけにする。このルールである。

社長の仕事は、社員の仕事とまったく別のものだ。ただ無闇に走り回っていたのでは、大事な仕事ができなくなる。これでは、利益など出るはずもない。

社長の仕事の目的は忙しく動き回ることではない。利益をどうやって出していくのかということである。ここを履き違えてはいけないのだ。

関連記事

  1. お客が本当に必要なものを見極める

    お客が本当に必要なものを見極める

  2. 自分が喜び他人も喜ぶ

    損得より先に善悪を考える

  3. お金の使い方には投資と消費がある

    資金繰りが良くなるお金の使い方

  4. どこかへ消えてしまった「ご恩と奉公」

    人生の目的と経営の方向を合致させる

  5. 商品を売るなら最初に愛を伝えよう

    商品を売るなら最初に愛を伝えよう

  6. 経営に情熱と信念を持ち続けているか

    経営に情熱と信念を持ち続けているか

error: Content is protected !!