役割を自覚し天職に生きる

役割を自覚し天職に生きる

スモールビジネス戦略とは、結局のところ、最も自分らしさを出す商売のやり方である。そして、自分らしく、やりがいのある仕事をし、自分の生き方を模索していると、天職に行き当たることになっていく。天職とは「役割」のことだ。それぞれが持って生まれた役割に基づく商売を構築する。これが、「天職」の商売であり、スモールビジネス戦略が最終的に目指す形である。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

自分は本当は何をしたいのか?

スモールビジネス戦略8つ目の理念は、「天職に生きる 」である。

スモールビジネス戦略とは、結局のところ、最も自分らしさを出す商売のやり方である。そして、自分らしく、やりがいのある仕事をし、自分の生き方を模索していると、自ずと天職に行き当たることになっていく。

天職を見つけられた人は、それだけでもう幸福な人生といっていいだろう。

やりたいことを仕事にすることから、天職を仕事にすることへ。
これが、私が最終的に到達したい商売のありかたである。

しかし、ほとんどの人は、

「自分は何がやりたいのかが、
 そもそも、よくわからない」

こういう疑問を持つ。

今の時代は、
「自分には何のとりえもないし、やりたい仕事もない」
そう悩む人が少なくない。
 
ハローワークの職員の人に聞いた話だが、
「私はどうやったら自己実現できますか?」
という相談が時々あるそうである。

「自分は本当は何をしたいのか?」

そうしたことは、ほとんどの人が、実際には、そんなにわかっていない。確かに好きなことの中には、天職のヒントは隠されている。しかし、好きなことを職業にすることと、天職を生きるということは、現実には、イコールではないのだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

天職とは自分が担うべき役割のこと

多くの人は自分の天職である「職業」が世の中のどこかにはあって、どうしたらその天職にめぐり合えるかと考えている。

しかし、これは間違いである。
天職とは、「職業」のことではない。

では何なのか?

結論から言ってしまうと、天職とは「役割」のことだ。自分が、この世界で担っている役割が、つまるところ天職なのである。

この役割をなんとなく自覚できるようになるには、それなりの時間と経験が必要になる。自分のやりたいことをやって、苦しんで、悩んで次のステージへとステップアップし続けた先に、ぼやっと、見えてくる役割が天職なのである。

「あなたには、あなたにしかできない使命がある」

これは、『夜と霧』の著者であり、人生の意味を見つめ続けたビクトール・フランクルの言葉だ。

では、どうやったら「天職」に出会えるのだろうか?

そのためには、自分をよく見つめることが大事だと私は考えている。だから、自分のキャリアを分析する上でも、人生の棚卸しをしたりして、自分自身をまず見つめる事が必要になる。

あなたを必要としている何かに目を向ける

しかし、いくら自分自身を見つめても、あなたが人生で本当にすべきこと、つまり、あなたの「天職」に出会うことはないとフランクルは言う。

天職に出会うためには、
「自分」を見つめるのではなく、
「何があなたを待っているのか」
「誰があなたを待っているのか」
「何が未来であなたによって
実現されるのを待っているのか」

つまり、あなたのことを必要としている
「使命」、「理想」、「課題」
そうした、あなたのことを必要としている何かに目を向けなさい

こうフランクルは言うのだ。

あなたの内部の混乱を見つめないで、
あなたを待っているものを見つめなさい。

価値があるのは、深層に潜んでいるものではなく、
未来においてあなたを待っているもの、
あなたによって実現されることを
待っているものなのです。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

自分の役割に基づく商売を構築する

天職を見つけられた人は、それだけでもう幸福な人生といっていいだろう。だからこそ、それぞれが持って生まれた役割に基づく商売を構築することが必要になってくるのだ。

これが、「天職」の商売である。

それを小さな会社の経営を通じてお客との人間関係の中で作り上げていく。会社を大きくするのではなく、かかわった人達(お客さんも経営者も社員も)すべての幸福を目指すことが、スモールビジネス戦略の最終目標である。

だからこそ、それぞれが持って生まれた役割に基づく商売を構築することが可能になるのである。

お客とのつながりの中で、
お客に喜んでもらい、
あなたの役割を果たして感動してもらう。

その結果として、商品が売れていく。
これこそが、スモールビジネス戦略が最終的に目指す形である。

関連記事

  1. 商品価格を決定するのは需要と供給

    需要と供給があなたの商売の利益を決めている

  2. 人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

    人生を豊かに生きていきたいのであれば起業して仕事を道楽にすべきだ

  3. お客に何かを提供して代りに金を受け取る

    ビジネスの本質とは何か?

  4. オンラインとオフラインの両方が必要

    経営にはオンラインとオフラインの両方が必要

  5. 小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう

    小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう

  6. 商品を売る為の最高の方法

    商品を売る為の最高の方法

error: Content is protected !!