小さな会社の経営者に必要な時間管理とタスク管理

時間の無駄使いは利益に直接響く

世の中にあるもののうち、時間だけが二度と取り戻すことができない。誰もがそのことを、解っているはずなのに、嫌な仕事を避ける為にどうでもいい仕事を、さも大切な事であるかのように扱って、言い訳にしてやり続けたりするのだ。特に経営者の時間は、会社の中で最も価値の高い時間だから、誰でもできることは、なるべく誰かにまさせるようにして、経営者にしかできないことに、なるべく割り振ることだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

時間の無駄使いは利益に直接響く

あまりにも多くの小さな会社の経営者が、貴重な時間を無駄遣いしている。

世の中にあるもののうち、時間だけが二度と取り戻すことができない。誰もがそのことを、解っているはずなのに、嫌な仕事を避ける為にどうでもいい仕事を、さも大切な事であるかのように扱って、言い訳にしてやり続けたりするのだ。

あなたは、拒否されたり、嫌な思いをしたりするリスクを避ける為に、仕事の準備にばかり時間をかけたりしたことはないだろうか。しかし、それは、はっきり言って無駄な事なのだ。やるべきことを、まず優先してやらなければ、時間はどんどん過ぎ去っていくものだからだ。

経営者の時間は、会社にとって、どの従業員の時間よりも大きな価値がある。だからこそ、時間の無駄を少しでも減らさなければならないのだ。

計画し優先順位を決める

その為にはまず計画して、何をするかをリストアップし優先順位を決めていく。

計画する時間がもったいないという人もいるが、こうした計画に1時間かければ、だいたい10時間近くの時間を節約することができる。経営者の時間が、会社の中において最も価値が高い。それが節約できるということは、それだけ、会社の業績に大きく寄与することになるのだ。

大きな成功を収めている人や、偉大な業績を上げた人は、例外なく時間管理をきっちりと行っている。行動の優先順位を決め、時間を割り振り、その通りに実行するのだ。

あなたが会社を繁盛させたいと思うのであれば、行動を起こす前に、まずきちんとした計画を立てるようにする必要がある。どうでもいい仕事や準備に、時間を浪費しないことです。その為には、時間管理やタスク管理といった技術が必要になる。

目標値が決まってくると、次に、何をどのタイミングで行うかという行動計画に段階が移っていくのだ。

経営者の為の時間管理とタスク管理

経営者の為の時間管理とタスク管理

世の中で言われている時間管理には、じつは、2種類がある。一つは、日々のタスクを管理して時間効率を上げていく管理で、もう一つは、目標の数値を設定しそれを実現していくことで、目標に到達する管理だ。どちらがいいということではなくて、この両方が必要になる。

しかし、経営者の時間は、会社の中で最も価値の高い時間だから、誰でもできることは、なるべく誰かにまさせるようにして、経営者にしかできないことに、なるべく割り振ることだ。

ここで重要になるのがタスク管理だ。タスク管理とは、日々の行動を一覧にして優先順位を決めて、やるべきことをきちっと実現していくことである。

これにはいろいろな方法があるが、基本は、今日やるべきことを全て書き出し優先順位をつけて、終わったものにチェックをしていくという形だ。この時に、そのタスクは、自分が本当にやるべきなのかを、しっかりと判断する必要がある。経営者でなければできなこと以外は、全て他人に任せることだ。

こうした計画と時間管理ができるかどうかで、それぞれの生産性が大きく違ってくる。一日の差は大きくはないかもしれませんが、それが1年・2年と積み重なったら大きな差となって現れてくることになるのだ。

【参考記事】:

関連記事

  1. 顧客に支持され続ける会社を目指す

    顧客に支持され続ける会社を目指す

  2. 感情をコントロールすることで経営が改善できる

    感情をコントロールすることで経営が改善できる

  3. 社長としての器を広げる

    社長としての器を広げる

  4. あなたの会社やお店を繁盛させるヒント

    あなたの会社やお店を繁盛させるヒント

  5. 商人としての責任を自覚して経営をする

    商人としての責任を自覚して経営をする

  6. 失敗しない起業法は存在するのか

    失敗しない起業法は存在するのか

error: Content is protected !!