マーケティングに投資をする

マーケティングに投資をする

マーケティングとは「投資」である。「投資」の無いところに「リターン」は、絶対にありえない。マーケティングにかかる費用を、間違っても「支出」とみなすような罠に陥ってはならない。マーケティングの費用を「支出」と考えて、経費として削減をしようとしてしまいがちだが、これが、売上の低下につながり、問題はますます拡大してしまうことにつながるのだ。たいがいのマーケティング活動は、細かい事を一つ一つ積み上げて複数の変化を起こすことだ。時間をかけるほど効果が飛躍的に上がる。なかなか目に見える成果が出なくて、徒労に終わったように見えても、それは、必ず何らかの結果をもたらしているのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

社長が自信を無くしていないか

現在、多くの中小企業や個人事業と言った小さな会社の社長は、自信喪失に陥っている。

「私はこの会社をやるのにふさわしい人間だろうか?」
「私はこの会社をやっていけるだろうか?」
「私は本当にこの会社を存続・成長させられるだろうか?」

そう感じてしまっている。
もしかしたら、あなたもそうかもしれない。

しかし、これは、断言できる。あなたは、間違いなくそれができるし、間違いなく、あなたの会社を繁盛させることができるのだ。

たとえ、お金をかけられなくても、時間と労力をかければ、できることが、まだまだたくさんある。だから、ぜひ、前向きに経営に取り組んでいってほしい。

マーケティングに手を付けよう

まず最初にすることは、マーケティングだ。とにかく、ここに一生懸命力を注ぐことである。

マーケティングとは、お客を目の前に連れてくる活動だ。ここに、現状の閉塞から抜け出す為の鍵がある。だから、マーケティングにかかる費用を、間違っても「支出」とみなすような罠に陥ってはならない。

会社に問題を抱えていると、つい、マーケティングの費用を「支出」と考えて、経費として削減をしようとしてしまう。これが、売上の低下につながり、問題はますます拡大してしまう。

マーケティングとは、言い換えれば「投資」である。「投資」の無いところに「リターン」は、絶対にありえないのだ。だから、何よりも優先して、ここに経営資源を投入し続けるべきなのだ。

マーケティングとは積み上げること

マーケティングとは積み上げること

マーケティングとは、一つ一つ細かく変化させていくことだ。何か、特別な魔法の薬がある訳ではない。細かい事を一つ一つ積み上げて複数の変化を起こすことだ。

たとえば、自転車を例にとってみると、電動アシストを追加して、さらにタイヤを交換したとする。これで、出力とタイヤのグリップ力がそれぞれアップする。しかし実際の効果は、二つの改良が組み合わさり、掛け算式に能力が向上する。グリップ力のあるタイヤで出力が増せば、さらにスピードが簡単に出せるようになるのだ。

マーケティングも全く同じである。

細かい変化を積み上げることで、複数の変化が掛け算となり、飛躍的に業績を上げていくことが出来る。しかしながら、細かい変化ひとつづつは、少しの結果にしかならない。時には、それが目に見えにくい事もある。

しかし、ここで、マーケティングに取り組むことを断念すれば、せっかく起きかけている変化すら元に戻ってしまうのだ。

マーケティング活動は長期投資

マーケティングの心構えとして必要なのは、この活動は、全て長期投資だということだ。たいがいのマーケティング活動は、時間をかけるほど効果が飛躍的に上がる。時間をかければかけるほど、その効果は大きくなって返ってくるものなのだ。

その為には、我慢や忍耐が必要な時期もある。なかなか目に見える成果が出なくて、徒労に終わったように見えても、それは、必ず何らかの結果をもたらしているのだ。

しかし、結果が出ないと思って、途中で止めてしまっては、その効果すらも、ゼロに戻ってしまうことになる。マーケティングとは「投資」である。それも、長期的な投資だということを忘れてはいけない。じっと我慢してやり続けることで、新しい扉が開くのである。

関連記事

  1. 経営の悩みから抜け出すにはひたすら売るしかない

    経営の悩みから抜け出すにはひたすら売るしかない

  2. 顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

    顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

  3. 売上を増やす為の3つのポイント

    売上を増やす為の3つのポイント

  4. 小さな会社の社長は最初に哲学を語ろう

    小さな会社の社長は最初に哲学を語ろう

  5. No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

    No.1を目指すべきか、Only 1を目指すべきか

  6. 小さな会社の経営はポジショニングで決まる

    小さな会社の経営はポジショニングで決まる

error: Content is protected !!