小さな会社でも全国から集客できるが間違えてはいけない

小さな会社でも全国から集客できるが間違えてはいけない

現代の経営に、小さな会社が適している理由のひとつは、ネットからの集客がしやすいからである。小さな会社の集客には、大きく二通りある。一つは、リアルでの集客もう一つはネットを利用した集客だ。どちらを利用するべきかというと両方同時ということになる。顧客の入口は多いほうが当然いいからだ。両方を効果的に使って集客していくことで、業績は大きく改善していく。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

小さな会社のほうが有利な時代

今の時代に、小さな会社が適している理由のひとつは、集客がしやすいからである。これは、インターネットの普及に伴い、日本全国にいる潜在的な見込客に向けての集客が低コストでできるようになったことが挙げられる。

それまでは、全国に向けての集客となると全国紙に広告を出すか、TVなどの全国向け媒体に広告を出す他はなかった。しかし、全国紙やTVにCMを出すとなると、最低でも数百万円の資金が必要になる。当然そんな金は、小さな会社や個人事業には到底捻出できない。

しかし、それが今では、無料もしくは、かなりの低コストで、全国に告知を出すことができるようになっている。つまり、それは、小さな会社でも大手企業並みに全国からの集客ができることを意味している。

それどころか、むしろ、ニッチ市場に特化した戦略を取ることで、より効果的な集客を実現することが可能になるのだ。

現代は、小さな会社には、とても大きなチャンスがある。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

ネット集客が小さな会社を繁盛させる

小さな会社は、ネットを使った集客方法を身につけておくことで、この有利な集客を利用することができる。ネットを使った集客には、現実にはいくつかの方法があるが、少なくとも一つは得意な方法を身につけておくことである。

そもそも、小さな会社の経営者は、集客を甘く見ているフシがある。もちろん、必要性は判っているのだろうが、どれほど、集客が大事なのかについては、腑に落ちていない気がする。こうした、小さな会社が陥るパターンは、商品がいいから売れるだろうという間違った考え方だ。

そもそも、商品の優劣などは、買って使ってみなければわからないのだから、リピート客を除けば、商品が売れるかどうかは、商品の良し悪しとは関係ない。

良い商品よりも誰をどう集客するか

良い商品よりも誰をどう集客するか

それよりも重要なのは、誰をどのように集客して売るかということだ。

小さな会社にとって、最も重要なことは、誰をどうやって集客するかが、まず、先にあるべきだ。それを最初に商品ありきで考える為うまくいかなくなるのである。

まず誰を(どのような人を)、どのように集客するかがあって、それから商品を生み出したほうが、商売は軌道に乗りやすいものだ。一部の才能がある人たちは、商品から商売を組み立ているように見えて、じつは商品と集客を同時に計画をしている。

しかし、天才ではない普通の人はこれができない。だから、失敗する人が後を立たないのだ。商品の前に、まず、誰をどうやって集客するかというところから始めれば、新しい商品の価値が見えてくる。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

お客の入口は多いほうがいい

小さな会社の集客には、大きく二通りある。一つは、リアルでの集客もう一つはネットを利用した集客だ。これらの、どちらが優れているわけではなくどちらにも利点と欠点がある。

では、どちらを利用するべきかというと両方同時ということになる。お客の入口は多いほうが当然いいからだ。

しかし、この両方を効率よくやれているところは、そんなに多くはない。もちろん、商品やサービスの特性によってどちらを重視すべきかは変わるだろう。

しかし、両方を効果的に使って集客していくことで、業績は大きく改善していくものである。

関連記事

  1. 商品価格を決定するのは需要と供給

    需要と供給があなたの商売の利益を決めている

  2. 売上を増やす為の3つのポイント

  3. 人生の目的を明確にし商売につなげる

  4. 勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

    勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

  5. 売り込むことがビジネスだと勘違いしていないか

    売り込むことが商売だと勘違いしていないか

  6. 社長が数字に強くならなければ経営はできない

error: Content is protected !!