キャバクラでマーケティングを学ぶ

キャバクラでマーケティングを学ぶ

そもそも、女性にモテない人間にビジネスはできない。押しなべて、会社を繁盛させることができれば、女性には、間違いなくモテるようになる。マーケティングの根本は、結局は人間心理であり人間関係学である。女性の気持ちが判らなければ、女性向けの商品なんか絶対に売れない。だから、私は男性の社長には、売上を上げる実践の場として、キャバクラへ行くことを勧めている。もちろん、マーケティングを実体験してもらうために。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

キャバクラ好きなんですね(笑)

私は時々、コンサルメンバーや、メルマガの読者と、不定期ではあるが食事会を行っている。参加いただいた方には、大変喜んでもらえて、ぜひ次回もやって欲しいというリクエストがほとんど全員から寄せられる人気コンテンツだ。

そんな中で、一つショッキングなことがあった。
全員が口をそろえて

「游雲先生ってキャバクラ好きなんですね」

こう言われてしまったことだ。

ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

え~っと、もちろん嫌いじゃない。綺麗なお姉さんは大好きである。しかし、それほど好きで毎日通っているわけでもない。たまーに、2~3ヶ月に1回程度気が向いたら行くくらいだ。

どうも、マーケティング解説のときに、人間の本能に基づく行動のなかで一番解りやすいので、たとえとしてキャバクラの話を使ったのが原因のようだった。いやあ、まいった。

なぜかそういうところだけは、しっかり覚えているようで・・・

ということで、ここで宣言しておく。私は、キャバクラ狂いではない。
(もちろん嫌いじゃないけど。くどいか・・・)

人間心理の観察の場としてお店にいったりするのだ。

ああ、スッキリした(笑)

やはり、直接会うとこうした予想外の反応があって、ほんと楽しい。たまに開催しているので、これまで参加できなかったひとはぜひ参加してみて欲しい。そのときには、ぜひキャバクラへも一緒に。

キャバクラとマーケティングの関係

では、キャバクラでマーケティングを学ぶって何なのかだ。

ここからが、やっと本題である。

そもそも、女性にモテない人間にビジネスはできない。押しなべて、会社を繁盛させることができれば、女性には、間違いなくモテるようになる。

キャバクラとマーケティングの関係

そもそも、金があれば、確実にモテる。だから、繁盛している会社の社長はモテるのがあたりまえだ。とまあ、それを言っては身も蓋も無いので、金が無くてもマーケティングを学べば、モテるようになる。

マーケティングの根本は、結局は人間心理であり人間関係学である。

つまり、人の心理や行動を理解しそれに合わせたアプローチをする。こうすることで、物やサービスが売れるという訳だ。

人間を理解すれば狙った相手の8割を落とせる

では、これをキャバクラでやったらどうなるか。
100%モテる。

なんと!
狙った相手の8割を落とせるようになってしまう。

そもそも、世の中の半分以上が女性だ。その半分以上いる女性が口説けない様であれば、商品やサービスなんか売れるわきゃない。

女性の気持ちが理解できなければ、女性向けの商品なんか絶対に売れない。だから、私は男性の社長には、売上を上げるコンサルの実践として、キャバクラへ行くことを勧めている。もちろん、マーケティングを実体験してもらうために。そこで、実践してみて、初めてマーケティング理論が、腑に落ちたりする。

マーケティングを体得したかったら、キャバクラへいくことだ。もちろんその前に、ちゃんと理論を学んでから行く必要があるのだが。

関連記事

  1. 小さな会社経営の基本理念とは

    小さな会社経営の基本的な考え方とは

  2. 商人としての責任を自覚して経営をする

    商人としての責任を自覚して経営をする

  3. お金の使い方には投資と消費がある

    資金繰りが良くなるお金の使い方

  4. お客が本当に必要なものを見極める

    お客が本当に必要なものを見極める

  5. 社長の仕事は三つだけに絞る

    社長の仕事は三つだけに絞る

  6. 大金を集めることを目的にしてはいけない

    大金を集めることを目的にしてはいけない

error: Content is protected !!