社長に必要な資質は勉強熱心さと人間性

社長に必要な資質は勉強熱心さと人間性

小さな会社の強みは何かというと、社長がお客の一番近くにいることだ。小さな会社の強みとは 社長自身のことなのだ。中小零細企業は、お金が無くて人もいない。これが通常だ。だから社長は全てやらなきゃいけない。経営計画の立案もマーケティングも、セールスも経理も全てやらなきゃいけない。だから、社長は常に勉強をすることだ。まず勉強熱心であることが、小さな会社の社長に必要な資質なのである。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

社長は勉強熱心であること

小さな会社の社長に必要なスキルとは何だろうか?

そもそも、中小零細企業や個人事業者は、お金が無くて、人もいない。これが通常だ。
まあ、小さいのだから当たりまえである。そうなると、社長は何をすべきかというと、全てをやらなきゃならないのだ。

そもそも、従業員いないし、外注しようにも金が無い!
それが現実だ。

だから社長は全てやらなきゃいけない。経営計画の立案もマーケティングも、セールスも経理も。ぜーんぶやらなきゃいけない。

これら全てを一人でやるのが小さな会社の社長の仕事だ。まず、これを自覚することである。もちろん、これら全てが最初からできる人はいない。安心していい。しかし、足りないところは、常に勉強していかなければ会社が潰れることになる。だから、社長はまず勉強熱心であること。これが絶対に必要なのだ。

だから、社長は常に勉強をすることだ。まず勉強熱心であることが、小さな会社の社長に必要な資質なのである。

小さな会社の強みとは何か

そもそも、小さな会社の強みは何かというと、社長がお客の一番近くにいることである。社長が自ら営業をして売るのだから当たり前だ。しかし、この当たり前のことが、強みになることをほとんどの社長が自覚できていない。

そもそも、あなたのお客が、なぜ、あなたの商品を買うのかというと、あなたを信用して買うということだ。つまり、「あなた」から買いたくて、お客は買うのだ。他の誰かではない。ここを忘れないことだ。

それなのに、つい営業を雇って自分で売ることをやめようとする。小さな会社の社長が陥る最初の罠だ。これでは、売れなくなるのも当然である。

お客は、「あなた」以外の人から買うなら 大きな会社のブランドがあるところから買うだろう。よく、中小企業や個人事業の社長から強みが解らないと質問をうけるのだが、小さな会社の強みとは社長自身のことなのだ。

社長の人間性そのものなのである。

小さな会社の強みとは何か

自分をちゃんと売っているか

あなたは、自分自身のことを、どれだけあなたの顧客に伝えているだろうか?
また、伝える仕組みを持っているだろうか?

ここができていないと小さな会社では勝負にならない。逆にここができていれば どんな相手にだって勝つことがでる。「あなた」のファンになってくれていれば、他に「あなた」は存在しないのだから。

そして、この、社長自身を売りにするのが、小さな会社が取るべき戦略の一つなのだ。

関連記事

  1. キャバクラでマーケティングを学ぶ

    キャバクラでマーケティングを学ぶ

  2. 経営者に必要な観見の目

    小さな会社の社長に必要な観見の目

  3. 小さな会社は社長の人間的魅力が重要になる

    小さな会社は社長の人間的魅力が重要になる

  4. お客を育てるということを理解しているか

    お客を育てるということを理解しているか

  5. 社長が会社で一番重要な存在である

    社長は自分の貢献度を過小評価してはいけない

  6. 社長における時間管理の重要性

    社長における時間管理の重要性

error: Content is protected !!