起業時の情熱を思い出そう

どのような商売であっても、情熱をもって取り組んでさえいれば、必ずうまくいくものだ。しかし、世の中の多くの商売は、上手くいっていないほうが多い。それな起業の時の精神が無くなるからなのだ。問題を解決する時に、起業時の強烈な情熱と確固たる信念を取り戻すことができれば、それだけで、業績は回復していく。言葉では表現できない熱量が、顧客を惹きつけ、売上につながるからだ。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

情熱を持ち続けることができているか

私たちは誰もが、何らかの願望を持っている。しかし、それを実現できる人は、ほんのひと握りしかいない。

それはなぜかというと、願望を実現させるためには、情熱を持ち続けることが必要だからだ。この情熱を持ち続けるということが、なかなか難しいのだ。

しかし、情熱とは、願望という種を発芽させる為の太陽の光のようなものである。だから、どれだけ情熱を持ち続けることができるか。これが、目標を実現する為に一番大事なことなのです。

仕事であれ、趣味であれ、何かを得る、成果を出す為には、夢中になってその目的のために情熱を傾ける必要がある。逆に言うと、成果が出ない、目的が達成できないのは、情熱の注ぎ方が足りないのだ。

結果が出ないと悩む前に、まず、結果が出るだけの情熱を、ちゃんと注いでいるかを見直すことだ。

結果が出ない理由は、ほとんどの場合、適当にやっていたり、片手間だったりというのが原因であることが多いものである。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

起業時の精神に立ち返る

どのような商売であっても、情熱をもって取り組んでさえいれば、必ずうまくいくものだ。

しかし、世の中の多くの商売は、上手くいっていないほうが多い。それは、何故なのかというと、起業の時の精神が無くなるからなのだ。

起業時の情熱と一生懸命さがあれば、どのような商売であれ、自ずとうまくいってしまうものだ。しかし、人は、時間が経つにつれて、この情熱が徐々に失われていく。こうなると、商売が。徐々に上手くいかなくなる。

逆に言うと、今もし商売が上手くいっていないのであれば、起業時の精神に立ち返ってみることだ。

起業する時には、全ての経営者は、強烈な情熱と確固たる信念を持って始める。

「何が何でも、成功するぞ!」

こうした強い感情に動かされて起業している。この、言葉では表現できない熱量が、顧客を惹きつけ、売上につながっているのだ。

起業時の熱い情熱を取り戻す

誰もが情熱を持ち続けることができない。
あれほど強烈に持っていた情熱は、時間と共に薄れていく。

なんとなく、

「これくらいでいいかな」

そう、考えてしまうのだ。

その結果、経営状態が下降線となっていく。

経営の問題を解決する時に、起業時の強烈な情熱と確固たる信念を取り戻すことができれば、それだけで、たいてい業績は回復していくものだ。

起業したての情熱と一生懸命さを思い出してみればいい。そして、その時に一生懸命取り組んだことをもう一度やり直してみることである。そうすることで、必ず解決策は見つかる。

商売が失敗する理由のほとんどが、途中でこの起業の精神が薄れていってしまうことにあるのだ。こうした、理論だけではない世界が商売には存在する。

関連記事

  1. 決算書が読めないのは恥ずかしいこと

    決算書が読めない社長では商売は発展しない

  2. 世界の一部として役割を担って生きている

    仕事をする理由は何か理解っているか

  3. お客の深層心理を探る

  4. 勝ち組と負け組を分ける要因

    勝ち組と負け組を分ける要因

  5. 商売を繁盛させるには社長の熱い思いが必要になる

    商売を繁盛させるには熱い思いが必要になる

  6. 自分は他より秀でていたい

    自分は他より秀でていたい

error: Content is protected !!