楽しんで仕事をしているか

人生の中で仕事をしている時間は、だいたい1日8時間、つまり、毎日の1/3にもなる。この時間を自分のやりたいこと、得意なこと、そして人生の目的を仕事にできたら、その人の人生はより輝いていくはずである。好きなことであれば、困難を乗り越えることができる。好きであればあるほど、その仕事に情熱を 注ぐことができる。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

「楽しんで仕事をする 」

私がよく商売のポイントについて話す時に使う言葉だ。

人生の中で仕事をしている時間は、だいたい1日8時間、つまり、毎日の1/3にもなる。
これだけの時間を我慢と苦痛の中に置くことが、はたして本当に幸せなことなのか?

そうではなくて、自分のやりたいこと、得意なこと、そして人生の目的を仕事にできたら、その人の人生はより輝いていくはずである。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

好きなことを楽しんで仕事をする

しかし、セミナーなどで話をするときに一番勘違いされるのがこの部分でもある。

「社長は楽しんで仕事をしなさい」
「起業するときは自分が楽しい仕事で起業しなさい」

こうした話をすると、

「好きな事や、やりたい事、得意な事を仕事にするだけで、誰でも成功できる。」

何故かこのように単純に勘違いしてしまう人が多い。

この話の本質は、そもそも、どれだけ好きな仕事に就いたとしても必ず困難に見舞われる。どんなに準備をしても、どれだけ勉強をしても、どのみち困難には遭遇するのだ。その時に、その困難に立ち向かえるだけの仕事に対する情熱があるかどうかが鍵だということなのである。

好きなことであれば、困難を乗り越えることができる。
好きであればあるほど、その仕事に情熱を 注ぐことができる。

寝食を忘れて取り組めば、たいていの問題は解決することができるものだ。諦めないで、続ける為には、やはり好きでないと続けられない。

だから、「好きなことを楽しんで仕事をする」ということが、成功のポイントになるのである。

誰でも好きなことは時間を忘れる

強みに特化し、情熱を感じることを仕事として実現することで、仕事自体が楽しいものとして働くことができるようになる。

誰でも好きなことは、時間を忘れてできるものだ。
楽しいことだから元気になれる。
楽しいからやる気が出る。
そして、工夫することが楽しくなり、新しいアイディアも出る。

「好き」や「楽しい」ということは、ものすごく大きな強みとなるのだ。

しかし、好きなことや楽しいことは、そんなに単純ではない。
特に仕事となるとそう簡単ではない。

これを間違えて、自分の好きなことを単純に仕事にしようと、右往左往する人が実際、多く見られる。

そうではなくて、好きなことを仕事にするとは、好きなことや、得意なことを使って、何らかの仕事をしていくということである。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

楽しいことを仕事にすると善循環が起きる

例えば、パソコンが好きなら、直接接客をするのではなく、ネットショップをやる。
人と話すのが好きなら、対面の仕事をする。
これだけの事なのだ。

もちろん、パソコンが好きなら、パソコン関係の仕事をしてもいい。ただ、それを狭いジャンルに留めないことだ。どのような業種をするかとか、何を売るかとかではない。その作業が好きかどうかなのである。

そして、目の前のことにきちんと目を向け、一つ一つきっちりとやっていく。そうすると、次にやるべきことが不思議と見えてくる。そして、それをまたきっちりやっていく。

それが、さらに楽しいことにつながり仕事が好きになるのだ。
好きなことや楽しいことを仕事にすると、こうした善循環が起きるといういうことである。

まず、今の仕事が楽しいかどうか?
それを見なおしてみることである。

物事の質は(情熱✕年月)

人間の悪い癖として、未来のことを考え、かえって、目の前のことに集中できなくなるものだ。
しかし、人間は一度にひとつのことしか出来ない。

きちっとそれだけに集中したほうがなにごともうまくいくし、かえってスピードが早くなる。

物事の質は、情熱×年月である。

だから、どれだけ真剣に取り組み続けたか。
これがすべてである。

いろいろなものに手を出すのではなく一つに真剣に取り組み続けるとを心がけるべきだ。

そのためには、仕事を好きなことや楽しいことにしてしまったほうがうまくいく。
人生を幸福なものにするためには、ここがが大事になる。

関連記事

  1. マーケティングに投資をする

    マーケティングに投資をする

  2. 小さな会社の経営は二つの軸で成り立

    小さな会社が基本にすべき二つの軸

  3. 小さな会社の取るべき戦略

  4. お客の入口を継続的に数多く作る

    お客の入口を継続的に数多く作る

  5. 儲かる為に何をすべきか

    小さな会社は儲かる為に何をすべきか

  6. 夢を追いかけることを止めない

error: Content is protected !!