商品を売るなら最初に愛を伝えよう

商品を売るなら最初に愛を伝えよう

多くの社長が陥っている致命的なミスは、自社の商品やサービス、さらには、自分の会社に惚れ込んでいることである。本当に愛着を持つべき相手は、商品ではなくお客であるべきだ。つまり、お客の利益をあなたの利益よりも優先させることである。お客に価値をもたらせばもたらすほど、お客にとってだけでなく、あなた自身にとっても、より大きな価値が生まれることになる。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

商品に惚れ込みすぎない

多くの小さな会社の社長が陥っている致命的なミスは、間違ったものに愛着を持っていることである。それは、自社の商品やサービス、さらには、自分の会社に惚れ込んでいることである。

しかし、これは大きな間違いなのだ。

私がコンサルティングをしていて感じるのは、ほとんどの社長が自分の商品やサービスに惚れ込んでいて、その商品が、どれだけ素晴らしいかをとにかく力説してくれる。

「この商品は、素晴らしい!素晴らしい!
 ぜひ買いなさい」

そう、顧客に説明をしている・・・

思い当たるのではないだろうか。

もちろん、惚れ込んではいけないという事ではない。惚れこまないとその商品やサービスを自信をもって売ることができなくなる。しかし、自社の製品やサービス、あるいは会社を盲目的に信じて押し付けてはいけないということだ。

本当に愛着を持つべき相手は、商品ではなくお客であるべきだ。つまり、お客の利益をあなたの利益よりも優先させることである。

利益ばかりを考えるから売れなくなる

商品やサービスを売る時に、ほとんどの社長が次のように考える。

「この商品を買ってもらうためには、何て言えばいいのだろう」

しかし、そうではなくて、

「自分はお客に何を与えられるのか?
 私が与えるべき利益は何なのか?」

こう考えるべきなのである。

お客に価値をもたらせばもたらすほど、お客にとってだけでなく、あなた自身にとっても、より大きな価値が生まれることになる。お客の人生を豊かなものにすることに貢献すればするほど、お客との結びつきは強くなり、あなたはもっと成功することになるのだ。

利益ばかりを考えるから売れなくなる

そして、あなたが、あなたのお客を大事にし、常に気にかけていることをお客にはっきりと伝えることだ。

その為には、あなたは、

「私は、あなたのことが大事です。
 あなたの人生の幸福こそが私の目的なのです」

こう伝えるのだ。
これがしっかりと伝われば、お客は、あなたに大きな価値をもたらしてくれるはずである。

お客は目の前の一人ではない

お客は、あなたの大切な友人である。まずは、ここをしっかりと認識することだ。

友人であれば、あなたは、その友人が重大な決断をする時には、出来る限り豊富な情報に基づいた客観的で事情に通じたアドバイスをするべきである。そうしないと、誰かの手にかかり、騙され生活や財政面で、大きな問題が出るような危険な決定をする可能性もあるからだ。

お客が、あなたのサービスを、ただ利用するだけでも構わないのだ。あなたにとって肝心なのは、お客が大事な状況で、少なくとも最高のアドバイスを受け、酷いアドバイスを信じて決めずに済むというこの一点なのだ。

もう一つ、覚えておきたいのは、お客は一人ではないということだ。あなたの友人であるお客には、大切な、かけがえのない友人がたいていいる。その友人が重大な決断をする時にも、あなたは、手を差し伸べるべきなのだ。

あなたは生身の人間を相手にしている

人と人との間で作り出される価値や、お客にとって大切な人との関係の重要性を理解すれば、あなたは、自分が想像する以上に、お客の生活に大きく貢献できるのだ。何を扱っていようと、どんな仕事だろうと、誰かの生活を変えていくことができる。その人の生活を豊かにし、安全にしているのだ。

だからこそ、お客を利益の対象以上の大切なパートナーとして考え、その人の幸せや成功が、あなた自身の幸せや成功と直結していることを理解しておくことだ。

ビジネスの成功は、他の人の問題を解決してあげようと願う気持ちから始まる。そうしていくうちに、お客の人生を豊かなものにし、その結果、自分自身の人生や、家族や従業員人生も豊かになるのだ。

あなたが、ビジネスの世界に身を置くなら、ただ、お金を稼ぐ為という以上に、もっと高い目標があると肝に銘じることである。他の人の抱えた問題を解決する手助けをし、選択肢をできるだけ広げてあげ、それを実現する方法を見つけるの為に手を貸してあげられる人になるのが、あなたの目標であるべきなのである。

ビジネスを手掛ける者は、どうしてもお金の数字でものを考えがちになる。しかし、あなたが本当にしなければいけない事は、お金という数字を相手にするのではなく、生身の人間を相手にするということなのだ。

関連記事

  1. 愚痴が出始めたら仕事を変える潮時

    社長にとって大切なものは仕事への覚悟

  2. 顧客に支持され続ける会社を目指す

    顧客に支持され続ける会社を目指す

  3. 社長としての器を広げる

    社長としての器を広げる

  4. 社長の仕事は三つだけに絞る

    社長の仕事は三つだけに絞る

  5. 経営に情熱と信念を持ち続けているか

    経営に情熱と信念を持ち続けているか

  6. 小さな会社の社長は「売る」ことをもっと真剣に考えろ

    小さな会社の社長は「売る」ことをもっと真剣に考えろ

error: Content is protected !!