ネットから集客する為の基本原則

ネットから集客する為の基本原則

現代ビジネスにおいて重要になる事は、ネットをどのように使うかという点だ。特に小さな会社にとってネットを的確に使うことは必須である。独自コンテンツを自分のネット上のメディアを作成して発信することで、見込客を集めていくのがコンテンツマーケティングである。こうすることで、ネットから集客し、独自の市場を創りだすができるようになる。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

まずは「売れる仕組み」を作ること

小さな会社は、その小さいという利点を最大限に利用することと、自分の好きな事、得意な事を仕事にすることが基本になる。こうした小さな会社特有の戦略が必要になる。

こうした基本を踏まえた上でやはり重要になる事は、オンラインをどのように使うかという点だ。現代ビジネスにおいて小さな会社にとってネットを的確に使うことは必須である。

ただ、ここで明確にしておかなければいけないことは、ただホームページを作ったからと言ってオンラインでの集客をしているということではないということだ。

そもそも、ホームページを作っても、集客ができたり売上が増えたりということは、ほとんどない。ホームページを作ってあれば、お客さんが来るなんていうことは、20年以上前に既に終わっている。今は、何のために、何を使って活動するかがとても重要であって、その上で、どうやってそこに人を集めるかを考えることが必要になるのだ。

あくまでも会社やお店の売れる仕組みの中に、オンラインでの集客を組み入れるという発想が必要になる。当然のこととして、それ以前の作業として「売れる仕組み」の最適化を行い、SNSやホームページの役割が明確に実現するようにしておかなければならない。

では、こういった作業を誰かに発注すればやってもらえるかというと、ほとんど、できるところがないのだ。そもそも、あなたの会社のビジネスを最適化することは、経営者以外には出来るはずもない。そして、その上で、オンライン上にどのような仕組みを置いて、活用していけばいいかなどは、誰であっても出来るはずもないのだ。

もちろん技術的な部分は、個々に誰かに頼むことはできる。しかし、それすらも基本になるコンセプトや文章は、全て経営者が作る必要があるのだ。まずは「売れる仕組み」をしっかりと構築して、それを最適化しておくことだ。だから社長は、こういったことを勉強する必要がある。

【参考記事】:

社長は常に勉強をし続る必要がある

経営者がやるべき仕事の一つは、勉強し続けることだ。

そして、どのような勉強が必要かというと、

「あなたの事業を最適化する方法」と
「インターネットの仕組みを使って集客やセールスをする方法」

この二つだ。

この二つも、それぞれが、マーケティングやコピーライティングなど、多くのスキルが組み合わされて成り立っているmので、かなりの広範囲に渡る知識が必要になる。細かいスキルを一つ二つ学んでも、現実には、それだけではあまり役立たない。包括的な勉強が必要になる。ぜひ、全体を見ながら学ぶようにすることだ。

こういった包括的な知識を勉強して、必要な部分は外注するなどして、上手に利用して、あなたの会社やお店の業績を上げてくことである。

競争のないビジネスを作る

競争のないビジネスを作る

さて、小さな会社において大事なことは、やはり集客になる。これさえできれば、じつは商品はなんでもいい。なんでもいいとは、言いすぎかもしれないが、大事なことは、お客さんにどのようなメッセージを伝えるかということである。つまり、自分がいいと思う商品を売るのではなく、コンセプトに共感してくれる人の必要なものを売るということだ。

これを、ただ商品を売ろう売ろうと考えると、どうしても、同じ商品を売る相手との競争になってしまう。競争になるということは、価格競争が始まり利益が低下していく。こうなると、より大きな資本を持っているところが勝つことになる。

そうではなくて、独自のコンセプトとそれを支えるビジネスモデルがあって集客していくことで、競争のないビジネスを作ることができる。競争のないビジネスということは、大きな市場を取りにいかないということでもある。つまり、これが小さな会社の戦略である。

コンテンツをネット上に置く

さて、それでは、どうすれば集客、それもオンラインからの集客を実現することができるのかという点だ。

現代人は、いつも何かを読んでいる。これは、あなたのお客も同じだ。ほとんど毎日、Googleで検索し、コンテンツをSNSでシェアし、友人から勧められたものを読み、メールをリンクに貼り付けて友人に送るということをやっている。

この行動は仕事だけに限ったものではない。休暇中にもkindleのような端末を持ち歩いて、何かを見たり読んだりしている。これが、現代人の基本的な行動だ。

つまり、あなたの商品に関する記事、ブログ、レポート、動画、ポッドキャスト、最新情報がネット上に無ければ、あなたのことを、知ってもらうことすら難しいのだ。だから、ビジネスで稼ごうと思ったら、まずは、オンライン上にコンテンツを置くことから始める必要がある。

これがコンテンツマーケティングといわれるものだ。コンテンツマーケティングとは、独自のコンテンツを作り情報発信することで、共感してくれる見込客を集めていく。

コンテンツは、本来は、中身、内容、趣旨という意味の英単語であるが、多くはテレビ、インターネットなどで伝達される「情報の内容」という意味で使われる。ただ単に内容を指すだけではなく具体的な「情報の中身」を表し、そこに含まれるメッセージを意味している。

「コンテンツはメディアにあたり、メディアとはメッセージである」

『メディア論・人間の拡張の諸相』マーシャル・マクルーハン

ここで、気を付けておきたいのは、コンテンツというと、情報を提供するだけでいいと思ってはいけないということだ。ここは、非常に多くの人が勘違いしている。

独自のコンテンツとは、単なる情報や知識ではなく、その人の体験や経験をプラスし、独自のものに再構築したものだ。つまり、自分の体験や、経験を通して学んだことを、知識や技術と経験から構成し直し、新しく作り出したものである。

そして、この出来上がった独自コンテンツを自分のネット上のメディアを作成して発信することで、見込客を集めていくのがコンテンツマーケティングである。こうすることで、ネットから集客し、独自の市場を創りだすができるようになる。

オンラインから集客したければ、まずは、コンテンツをネット上にあげることから始めることである。

関連記事

  1. 何もかもをやろうとしない

    一点に集中することがビジネスを繁盛させるコツ

  2. マーケティングでは改善を積み上げ最適化すること

    改善を積み上げ最適化する

  3. 起業する為には2つのスキルを身に付けろ

    起業する為には2つのスキルを身に付けろ

  4. 小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

    小さな会社は戦わずにコバンザメ戦略を取れ

  5. 暇な時期の売上を増やす方法

    暇な時期の売上を増やす方法

  6. 儲かる会社の特徴

    儲かる会社の特徴

error: Content is protected !!