小さな会社はネットをどう使うべきか

ビジネスの中でどうネットを使うか

ビジネスの基本とは、見込客を集め、ニーズに合わせた商品を作り、あなたの商品の価値を伝え、それをセールスする。これが、あらゆるビジネスの基本の流れになる。しかし、こうした基礎的な事を理解しないでただホームページを作ればいい、SNSを使えばいい、という頓珍漢なことをやっている例が数多く見られる。ただインターネットが必要だからというブームに流されるかのように取り組む経営者が後を絶たないのである。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

ビジネスでどうネットを使うか

新型コロナによる影響で、店舗の休業や廃業を余儀なくされるところが増えてきている。こうなると、誰もが考えるのが、ネットを通じての販売だ。しかし、闇雲にインターネットを使って売ろうとしても、そう簡単ではない。

まず、ビジネスの基本とは、見込客を集め、ニーズに合わせた商品を作り、あなたの商品の価値を伝え、それをセールスする。これが、あらゆるビジネスの基本の流れになる。では、この流れの中で、ネットをどう使っていったらいいかというと、まずは、見込客を集めるところ、そして、価値を伝えるところ、さらに、セールスの場面で使うことになる。

「それって全部じゃん」

そんな声が聞こえてきそうですが、ここで勘違いしないで欲しいのが、ビジネスモデルによって、使う場所が違ってくるということだ。

例えば、普通の飲食店では、ネットは集客と価値を伝える部分にしか使えない。最後は対面なのだから、当然そうなる。これを全てに使えば、インターネットで完結する通販ビジネスということになる。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

誰をターゲットにするかで変わる

さらに言えば、そもそも、見込客を集める為に全国に発信する意味はあるのかという事も挙げられる。これは、対象のお客がどんな人かで変わる。旅館などの、全国から人が来るところと、ラーメン屋のように、近場だけからしかお客さんが来ないのであれば、当然やることが違ってくる。

このように、ネットを利用するといっても、それぞれのビジネスによって、どのように使っていくかが変わることになるのだ。

こうした、基礎的な事を理解しないでただホームページを作ればいい、SNSを使えばいい、という頓珍漢なことをやっている例が数多く見られる。小さな会社の社長は、こうしたことをしっかりと勉強をして、何をどうしたらいいかを明確に理解しておくことだ。

至極あたりまえのことなのだが、意外にここを理解せずに、ただインターネットが必要だからというブームに流されるかのように取り組む経営者が後を絶たないのである。

誰をターゲットにするかで変わる

インターネットというツール

インターネットは、あくまでもツールである。それをどのように利用していくかは、経営者が決めていくものだ。今の、ビジネスモデルの中で、ネットをどのように利用していくかを考え、また、どのようにビジネスモデルを変えることでネットの威力を最大化できるかを考えることが経営者の仕事なのだ。

ホームページをただ作れば儲かる。
SNSをやれば儲かる

そんなことは、絶対にありえない。それどころか、インターネットをビジネスに使おうと思ったら、想像以上の時間と労力を消費することになる。この時間と労力は、思った以上にあなたの経営や生活を圧迫していクことになるだろう。

安易に考えると、結局、途中であきらめて残骸だけが残る無残な状態になってしまう。大事な事は、インターネットをどう使うかであり、また、あえて一部に特化してそれ以外は使わないかという選択である。

関連記事

  1. 会社を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

    会社を倒産させない為に資金繰りについて知っておけ

  2. ネットから集客する為の基本原則

    ネットから集客する為の基本原則

  3. 資金繰りの悩みから抜け出す方法

    資金繰りの悩みから抜け出す方法

  4. 「いますぐ客」を集めているのか「そのうち客」集めているのか

    「いますぐ客」を集めているのか「そのうち客」を集めているのか

  5. ビジネスモデルはお客について考えることから

    ビジネスモデルはお客について考えることから

  6. 会社は長続きさせることが目標

    会社は長続きさせることが目標

error: Content is protected !!