オンラインとオフラインの両方が必要

オンラインとオフラインの両方が必要

今の時代に、インターネットを利用しないということは、エンジンをつけない手漕ぎボートのようなものだ。少しづつは進めるがスピードは全く出ない。ビジネスを繁盛させるためには、オンラインとオフラインの両方が必要になるのだ。常にどこが主戦場になるのか、お客との接点は、どこになるのかを意識して、それに合わせたマーケティングの方法を取っていくことが必要である。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

オンラインとオフラインの両方が必要

私が最も得意にしている分野は、オンラインとオフラインの融合だ。なんのこっちゃと思うかもしれないが、インターネットだけではなく、かといって、リアルビジネスだけでなく、その両方を融合して、中小企業や個人事業者のような小さな会社やお店を繁盛させることにある。

今の時代に、インターネットを利用しないということは、エンジンをつけない手漕ぎボートのようなものだ。少しづつは進めるがスピードは全く出ない。しかし、そうかといって、何でもかんでも、インターネットだけでビジネスをやろうとしても、会社やお店そのものに、しっかりとした仕組みができていなければ、穴の開いたバケツで水をすくうようなものだ。

これでは、いくら頑張ってfacebookでいいねを集めても、結局、疲れるだけで終わる。ビジネスを繁盛させるためには、オンラインとオフラインの両方が必要になるのだ。

基本はお客との接点にある

しかし、小さな会社の社長の多くが、インターネットだけに目がいって、その基盤の部分を忘れがちになる。

商売の基本は、お客との接点にある。お客と対面するその場所が基準なのだ。それが、リアルのお店であれば、まずは、そこからスタートすべきなのだ。お客が、お店に来て商品を買ったりサービスを受けて、お金を払ってくれる。こうしたお店であるならば、そこからスタートなのだ。

どうしたら、お店に来てもらえるか?
どうしたら、あなたの商品やサービスを気に入ってもらえて、それ欲しいと思ってもらえるのか?

これを対面の世界で考えることだ。この場合には、ネットはあくまで補完的な位置づけとなる。

あなたのビジネスの主戦場はどこか

あなたのビジネスの主戦場はどこか

しかし、これがネットショップであれば、それは、オンラインが主戦場になる。当たり前の話だが、この時は、全てネットで完結するので、当然にオンラインでの仕組みが中心になっていく。このように、お客との接点の場所から、商売やビジネスを逆算して構築していくことが必要になるのだ。

そして、常にどこが主戦場になるのか、お客との接点は、どこになるのかを意識して、それに合わせたマーケティングの方法を取っていくことが必要な事なのだ。ここを間違えると、余分な労力がかかって、時間とお金の無駄になってしまう。

ネットの効果的な使い方

私が行うコンサルティングでは、こうしたネットのあらゆるツールや媒体を効率的に利用しながら、売上につなげていく。

ネットをビジネスに使う場合には、社長は、どのツールや媒体を、どのように使えばいいかをしっかりと理解しておかなければならない。

あなたの会社のホームページの役割とは何なのか?
SNSではどのようにコミュニケーションをとるのか?
さらに、ネット広告をどう使うか?
あなたのお客にこうしたネット上のツールを使ってどのようにアプローチするか?

ビジネスにおいては、実際の細かい技術もそうだが、こうした全体を俯瞰した理解が必要になる。「気の経営」では、自分の会社を中心にした全体を俯瞰で眺めて行動をしていく。ここを理解していないと、変なセールスに引っかかって無駄なお金を毟り取られたりするので注意が必要だ。

関連記事

  1. 無理にイノベーションを起こす必要はない

    無理にイノベーションを起こす必要はない

  2. 独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

    独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

  3. 会社を繁盛させるには何をすればいいのか

    会社を繁盛させるには何をすればいいのか

  4. マーケティングに投資をする

    マーケティングに投資をする

  5. あなたの商品が売れない本当の理由

    商品が売れない本当の理由

  6. 失敗の原因はアイディアの先行

    売れる商品の作り方

error: Content is protected !!