いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

いますぐ客に売るのか、そのうち客に売るのか

セールスを考える上で、知っておくべきなのは、2つのお客さんの種類だ。それが、「いますぐ客」と「そのうち客」である。基本的には、セールスというのは、「いますぐ客」に向けて、行うものである。あなたが商品やサービスを売る為には「いますぐ客」に売るか、「そのうち客」が「いますぐ客」に変わった瞬間に売るしかないのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

「いますぐ客」にまずセールスすること

セールスを考える上で、知っておくべきなのは、2つのお客さんの種類だ。それが、「いますぐ客」と「そのうち客」である。この違いを理解しないでセールスを行っても、ほとんど効果が出ることは無い。つまり売れないということだ。

あなたが商品やサービスを売る為には「いますぐ客」に売るか、「そのうち客」が「いますぐ客」に変わった時に売るしかないのだ。

「いますぐ客」とは、その名の通り、いますぐにもその商品が必要なお客のことだ。必要だから、とにかく今すぐ買いたいというお客である。この「いますぐ客」は、とにかく、今、商品があって価格に納得すれば、商品を紹介するだけで売れていく。

一方、「そのうち客」は、今、買うのではなく、欲しいものを調べていたり、なんとなくいいなと思っている、そういった状況のお客ということだ。この、「そのうち客」には、どんなに頑張って売ろうとしても、まず商品を売ることはできない。

つまりセールスをする段階でまず考えるべきことは、目の前にいるお客さんが、「いますぐ客」か「そのうち客」なのかである。

基本的には、セールスというのは、「いますぐ客」に向けて、行うものである。それを知らずに「そのうち客」に向け、一生懸命頑張ってセールスして「売れない!売れない!」と悩んでいることが多いのだ。

セールスとは「いますぐ客」に売る活動

さて、こう考えてくると、セールスというのは、「いますぐ客」を見つけ出し、そこに売るという活動だということが見えてくる。

つまり、チラシや広告、DMなどを使って売る場合は、興味のある人に手を挙げてもらい、その人に売るということになっていく。これがDRM(Direct Response Marketing)と言われる手法である。

セールスとは「いますぐ客」に売る活動

ネットなどで間違った情報が散見されるので、注意しておいて欲しいのだが、ポイントは、Responseの部分。つまり、お客さんに自ら手を挙げてもらうことだ。

「いますぐ客」さんに手を上げてもらい、欲しい商品を提供する。これがセールスの基本の形なのである。

「そのうち客」のほうが集めるのは簡単

では、「そのうち客」は、どうしたらいいだろうか。

「そのうち客」は、いつか「いますぐ客」に変化する瞬間が来る。その時に、あなたのお店や会社が一番最初に思い浮かぶようにしていくことである。その為には、その「いつか」の為に、常にコンタクトを取り続ける必要があり、なおかつ、その時に、あなたのお店や会社が選ばれるように、教育をしていくのだ。

「いますぐ客」と「そのうち客」の割合は、1対10くらいの差があるものである。つまり、集めることだけならば、「そのうち客」さんを集めるほうが簡単になる。しかし、問題なのは、「そのうち客」には、どんなに頑張ってセールスしても売れないのだ。ここを理解せずに売ろうとするからう入れないのだ。

売るには「いますぐ客」か、「そのうち客」が「いますぐ客」に変わった時に売るしかないのである。つまり、「いますぐ客」を集めて売るか、「そのうち客」を集めて、教育し、コンタクトを保ちながら「いますぐ客」に変わるのを待つしかないということである。

ここをしっかりと覚えておくことだ。これを知っているかどうかで、営業の成績は大きく変わることになるからだ。

関連記事

  1. 経営の難問を解決する簡単な方法

    経営の難問を解決する簡単な方法

  2. ネットから集客する為の基本原則

    ネットから集客する為の基本原則

  3. 無駄な値引きをしてはいけない

    無駄な値引きをしてはいけない

  4. 経営戦略の根底にあるべきもの

    経営戦略の根底にあるべきもの

  5. 市場原理から独立することを考える

    市場原理から独立することを考える

  6. 無理にイノベーションを起こす必要はない

    無理にイノベーションを起こす必要はない

error: Content is protected !!