ビジネスモデルはお客について考えることから

ビジネスモデルはお客について考えることから

ビジネスモデルを作るにあたって、とても重要なことがある。どのようなお客をターゲットにしていくのかということである。世の中のビジネスにおいて、お客の存在しないビジネスはあり得ない。お客がいて、そのニーズがあって、初めて商品やサービスが売れるのだ。ますお客がいて、そのお客が何を欲しいのかを考え、その商品を作ってそれを売る。これが、ビジネスをうまく運ぶ順番なのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

ビジネスモデルを構築する最初の一歩

ビジネスモデルを作るにあたって、とても重要なことがある。それは、まず「いったい誰に売るのか」ということだ。よりマーケティング的な表現をするのなら、どのような顧客をターゲットにしていくのかということである。

ここが、はっきりしていないと、どのようなビジネスモデルを作ったらいいのかが、まったく見えてこなくなってしまう。いってみればここが一番の基礎でもあるのだ。

「誰に、何を売るのか?」

ビジネスモデルを構築する最初の一歩目は、まずそれを決めることである。

では、それはどうやって決めたら(見つける?)いいのだろうか?
そして、それは、どうすれば、見つけることができるのだろうか?

世の中のビジネスにおいて、お客の存在しないビジネスはあり得ない。お客がいて、そのニーズがあって、初めて商品やサービスが売れるのだ。

これは、下記の記事で説明した話だ。

【参考記事】:

最初にお客のニーズ(Needs)を見つける

多くの経営者がする間違いは、まず商品があってそれを売ろうとすることだ。これは、小さな会社に多いのだが、お客がある前に、まず商品がある。

「こんなに、すばらしい商品は他にはない」
「これは絶対に売れるはずだ!」

こう、思い込んでしまっているのだ。だから、経営がおかしくなるのである。

そうでななくて、お客さんが何かを必要としている。何らかの問題を抱えて苦しんでいる。そこに、初めてニーズ(Needs)が生まれてくるのだ。だから、まずお客のニーズ(Needs)を見つけなければ始まらないのです。

もちろん、まったく何もないところから、どんなお客かなど想像もつかないのだが、それでも、今の自分がもっとも得意にしている分野、あるいは、今の仕事の分野のお客を考えてみることはできるはずだ。

まず、そこから考えることが重要なのである。

これを、まず売りたい商品があって、じゃあそれをどう売ろうかと考えてしまうと、決して上手くいかない。もしその商品が売れたとしても、それは、たまたまそうなっただけである。

そうではなくて、ますお客がいて、そのお客が何を欲しいのかを考え、その商品を作って、それを売る。これが、ビジネスをうまく運ぶ順番なのだ。

顧客像を具体化し明確化する

顧客像を具体化し明確化する

そして、お客について考えるためには、まず、顧客像を明確にイメージすることが必要になる。そのイメージは、具体的であるほど、ビジネスモデルは明確になっていく。

たとえば、あなたが、顧客と考えている人は、どのような特徴があるかをよく考えてみることだ。

年齢はいくつ?
男性それとも女性?
家族構成は?
どんな生き方をしている人?
どのような職業?
収入や資産はどれくらい?
どんな考え方をしているのか?

これらのことを想像して、顧客像を明確にしていくのだ。

そして、次にこのお客さんは、どんな悩みを抱えているかを考える。

どのようなことで、夜も眠れないくらいの悩みや怒りを抱えているのだろうか?
この悩みは、どんな商品やサービスが解決することができるのだろうか?

このサービスを提供することが、つまりビジネスだということだ。

ライバルの存在を忘れてはいけない

そして、もうひとつ、なぜ、あなたの商品やサービスを欲しいと思うのだろうか?
同じ客層をターゲットにしているライバルは誰だろうか?

これらのことも考えておく必要がある。残念なことに、どんな素晴らしい商品やサービスであっても、あなただけが提供するということは考えられない。多くの場合、すでに市場にはライバルが存在しているはずだ。もし、いなくてもすぐにライバルが参入してくるだろう。

ビジネスモデルをつくるということは、これらの環境条件をベースにして、はじめて効果的なモデルを作ることができるのである。

あくまで始まりは、必ずお客の側にある。
ここのところを決して忘れないようにすることだ。

関連記事

  1. 儲かる会社の特徴

    儲かる会社の特徴

  2. オンラインマーケティングを学べ

    オンラインマーケティングを学べ

  3. 儲かるポイントは付加価値にある

    儲かるポイントは付加価値にある

  4. 売上を倍増させる売上方程式

    売上を倍増させる売上方程式

  5. 小さな会社は倒産しにくいビジネスを作れ

    小さな会社は倒産しにくいビジネスを作れ

  6. 小さな会社の社長が学ぶべきこと

    小さな会社の社長が学ぶべきこと

error: Content is protected !!