「いますぐ客」を集めているのか「そのうち客」を集めているのか

「いますぐ客」を集めているのか「そのうち客」集めているのか

見込客には、「いますぐ客」と「そのうち客」の二つの種類がある。あなたの会社やお店は、どちらのお客を集客しているだろうか。「いますぐ客」に対しては、「いますぐ客」に合った接客をしなければ売れないし、「そのうち客」に対しては、「そのうち客」向けの方法を取る必要がある。まず、あなたの会社やお店は、どちらのお客を集めていくのかを明確にしておくことである。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

どちらのお客を集客しているのか

見込客には、「いますぐ客」と「そのうち客」の二つの種類がある。

【参考記事】:

「いますぐ客」に対しては、「いますぐ客」に合った接客をしなければ売れないし、「そのうち客」に対しては、「そのうち客」向けの方法を取る必要がある。たとえ「そのうち客」に対して、有効な方法であっても、「いますぐ客」に対しては、ほとんど役に立たない場合が多いものだからだ。

さて、ここで、質問だ。

あなたの会社やお店は、どちらのお客を集客しているだろうか。

ここをしっかりと考えてみて欲しい。

あなたの会社やお店が出す広告は「いますぐ客」に向けてのものだろうか。それとも、「そのうち客」に向けてだろうか。多くの会社やお店がここを意識していない。ただ何となく、広告やチラシを打って闇雲に集客しているだけなのだ。

そもそも、「いますぐ客」と「そのうち客」の割合は、1対10くらいの差がある。もし、なかなか「いますぐ客」が集まらないのであれば、「そのうち客」を集めて、育てて「いますぐ客」になるまで待てばいいのだ。

集めることだけならば、「そのうち客」は、簡単に集めることができる。ただ、そのあとの方法を考えておかないと何の意味もない。どうすれば、「そのうち客」を教育し、つなぎとめておいて、「いますぐ客」に変わった時に、まず、自分の商品を第一に選択してもらうのである。

この仕組みがないのに、「そのうち客」を集めたとしても、売上は決して伸びていかない。まず、あなたの会社やお店は、どちらのお客を集めていくのかを明確にしておくことである。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

「いますぐ客」にはスピードが命

さらに、「いますぐ客」を集めたならば、なるべく早く売ることだ。「いますぐ客」は今すぐ欲しいのだから、いますぐ売る必要がある。

これを、社長がマーケティングを勉強し始めると、つい、2ステップのほうが売れるとか考えてしまう。そして売れない状態になる。

例えば、家の前でボヤがでて、あなたのお店に消火器が欲しいと飛び込んできたなら、何でもいいから、消火器を売ればいいのだ。それを、この消火器の性能はとか、この特徴は、とかそんな説明などいらない。ただ、使い方を説明すればいいだけだ。

何を当たり前のことをと思うかもしれないが、多くの社長がこうした間違いをするのだ。

「いますぐ客」に対して、一生懸命ウリを説明している。

場合によっては、

「まずこの小冊子をどうぞ」

なんてやってしまっているのだ。だから、おかしくなるのである。

それは、「そのうち客」に対して、有効な方法であっても、「いますぐ客」に対しては、ほとんど役に立たない方法なのだ。

「いますぐ客」に対しては、「いますぐ客」に合った接客をするべきだし、「そのうち客」に対しては、「そのうち客」向けの方法を取ればいいだけである。

経営の場面においては、なるべく単純に考えて、明確化していくことで最も効率的な方法が見えてくるのだ。

売るタイミングを間違っていないか

売るタイミングを間違っていないか

もう一つ重要な点がある。

経営の基本は、限りある経営資源(人・モノ・金)でどれだけ効果的な販促を行えるかである。しかし、どれだけ素晴らしい販促物を作っても反応が出ない場合がかなり多くある。その原因は、タイミングが間違っているからだ。

方法もコピーもよくできている。
しかし、売れない。

こうした時は、タイミングの問題である。タイミングが合っていないから、そもそも売れないし、お客が反応しないのだ。逆に言えば、タイミングが合っていれば、多少コピーがおかしくても売れるものである。

マーケティングスキルよりも大事なものは、じつはタイミングなのだ。売れないときには、タイミングが間違っていないかをチェックしてみることである。

関連記事

  1. 傾いた土台ではビジネスは儲からない

    傾いた土台ではビジネスは儲からない

  2. 小さな会社やお店は割引クーポンで集客してはいけない

    小さな会社やお店は割引クーポンを使ってはいけない

  3. 商品が売れる理由を理解しているか

    商品が売れる理由を理解しているか

  4. ビジネスモデルは経営の設計図

    ビジネスモデルは経営の設計図

  5. 大金を集めようとしない

    大金を集めようとしない

  6. 忘れられたお客をすくいあげる

    忘れられたお客をすくいあげる

error: Content is protected !!