起業する為には2つのスキルを身に付けろ

起業する為には2つのスキルを身に付けろ

起業する時には、どうしたら儲かるかではなく「どのような人生を生きたいか?」ということが重要になる。起業することは、人生のほとんどの時間をその仕事に費やすということになるからだ。寝ている時間以外の全ての時間をその仕事に当てる覚悟が必要になる。多くの起業を目指す人は、このことを軽く考えている。だから、いざ起業してみたけれど、こんなはずではなかったと思う人が後をたたないのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

起業に必要なスキルはたった2つ

起業する時には、どうしたら儲かるかではなく

「どのような人生を生きたいか?」
「何をやりたいのか?」
「あなたは、何を仕事にしたいのか?」

こうしたことが重要になる。

なぜなら、起業をするということは、そのまま、どのような人生を生きるかを決めることでもあるからだ。起業することが、誰かに雇われることと大きく違うのは、人生のほとんどの時間をその仕事に費やすということになるからだ。極端な話、寝ている時間以外の全ての時間をその仕事に当てる覚悟が必要になる。

しかし多くの起業を目指す人がこのことを軽く考えている。だから、いざ起業してみたけれど、こんなはずではなかったと思う人が後をたたないのだ。

しかし、当然のことながら、

「どのような人生を生きたいか?」

これだけでは、ビジネスは上手くいかない。あたりまえだ。それぞれのビジネスに必要なスキルがるし、基本のビジネス戦略も重要になる。

では、どのようなスキルが必要なのかというと、起業をするために必要なスキルで重要なものは、たった2つだけである。

それが、「売れる仕組みを作る力」と「情報発信力」の二つだ。基本的には、この二つがあれば、誰でも起業してなんとかうまくやっていくことができる。

「売れる仕組み」を作る力とは何か

まず最初に、この「売れる仕組みを作る力」だが、これは、見込客をどこからどのように集めて、そこにどのように商品やサービスを売っていくかということだ。

さらには、一度買ってくれた顧客に、次にどうやって買ってもらうのか。そして、ファンになってもらって知り合いを紹介してもらうかということである。

こうした「売れる仕組み」を、最初から意識的に計画し、ビジネスの中に仕組みとして構築していくことである。

「売れる仕組み」を作る力とは何か

これができていないと、最初のうちは、頑張って広告して繁盛しているように見えても、いつの間にか閑古鳥が鳴くことになってしまうだろう。

寝る間を惜しんで働くのは、起業家として当たり前のことだが、その労力をまずこの「売れる仕組み」を作って機能させることで、時間効率が大きく変わってくる。

そして、もっとも大きなことは、この「売れる仕組み」を作ることで、売上の予測が立つようになることである。つまり、未来の状態を見通せるようになるということだ。

情報発信力を鍛えること

さて、もう一つの「情報発信力」だが、これは、見込客を集める為と、お客をリピートしてもらうために必要な能力になる。情報の発信方法は何でもかまわない。文章でもいいし動画でもいいが、なんらかの情報発信スキルを持つことが重要である。

「情報発信力」は、あなたの生き方や価値観を、どれだけ多くの人に伝えていく。こうした情報を伝えることで、「見込客」を集めることができるようになる。

「見込客」→「既存客」→「ファン客」というように、お客を育てていく一番最初の見込客を集めるために、最も必要になるのが、この情報発信力である。

ビジネス活動を、簡単に表現するならば、見込客をなるべく安いコストで集め、そこに対して、セールスをして、ファンにしていく活動といっていい。

だから、この2つの力

「売れる仕組みを作る力」
「情報発信力」

があれば、どのようなビジネスで起業したとしても、行列ができるようになっていくのである。

関連記事

  1. 言葉の定義から経営が見えてくる

    マーケティングとは何か

  2. 独自の強み(USP)を持つ

    独自の強み(USP)を持つ

  3. 起業で失敗しない為の4つのポイント

    起業で失敗しない為の4つのポイント

  4. 中小企業は戦略にまず力を注ぐこと

    小さな会社は戦略にまず力を注ぐこと

  5. 無理にイノベーションを起こす必要はない

    無理にイノベーションを起こす必要はない

  6. 独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

    独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

error: Content is protected !!