あなたの会社やお店はほとんど知られていない

あなたの会社やお店はほとんど知られていない

たとえ、存在はしていても、いざというその瞬間に思い出してもらえなければ、その会社やお店は存在していないのと同じなのだ。だから、もっと、知られる努力をすることが必要になる。結局のところ、販促の量が会社やお店の業績を決めていく。だったら、頑張ってここを増やせばいいだけである。売上が伸び悩む最大の原因は、この販促量の絶対的な不足にあるのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

2種類の見込客の存在

【参考記事】:


上記の記事では、既存客について説明したが、実は、重要なお客が別にもいる。それが、「見込客」だ。見込客とは、まだ、あなたの会社やお店を利用したことが無いお客のことだ。

そして、この「見込客」は、2つに分けることができる。これは、あなたの会社やお店のことを知っている人と全く知らない人だ。つまり「認知見込客」と「不認知見込客」だ。

ここを、あまり意識していない社長が多いのである。

全てのお客があなたの会社やお店を利用する時、まず、あなたの会社やお店のことを知ることから始まる。つまり、存在を認識することが最初になるのだ。

つまり、あなたのお店や会社を知らない見込客が知っている見込客になって、それから新規客になっていくことになる。

 「不認知見込客」
    ↓
 「認知見込客」
    ↓
  「新規客」

こういった流れである。アタリマエのことなのですが、ここをしっかりと意識しておくことである。この時に「不認知見込客」には、いざ利用したいと思った時に、あなたの会社やお店を思い出せないお客も含まれている。

思い出せないなら無いのと同じ

ここを、つい、いい加減に考える場合が多いのだが、たとえ、存在はしていても、いざというその瞬間に思い出してもらえなければ、その会社やお店は存在していないのと同じなのだ。だから、もっと、知られる努力をすることが必要になる。

思い出せないなら無いのと同じ

多くの会社やお店が、ホームページやチラシ、フリーペーパーなどの広告を行うが、とにかく、絶対的な告知量が足りていない。告知量が足りていないから、あなたの会社やお店は認識されないのだ。

新規客の獲得に、裏技は存在しない。

必ず

 「不認識見込客」
    ↓
 「認識見込客」
    ↓
  「新規客」

この順を追っていくしかないのである。だから、新規客の獲得で最も大事なのは、販促の量になる。

販促費の理想は売上の20%

多くのお店や会社のコンサルをやっていると、感じるのは、この広告宣伝費の少なさだ。これでは、新規客は増えていかない。

新規客が増えていなければ、既存客は必ず減ることになる。どれだけ頑張って、得意客やファン客をつなぎとめようとしても、必ず減るのだ。その理由を調べてみると、引っ越してしまった場合や、そもそも、その人が亡くなっている場合など、絶対に避けようのない理由で多くが減っている。だから、常に固定客の基になる新規客を集め続けなければならないのだ。そして、その為には、販促の量が重要になるのである。

映画などの制作の場合に、一つの映画を作成して上映した時の収入(売上)との割合をみてみてると、その割合は次のように分配されている。まず、映画館などの上映する費用に50%、広告に25%、そして製作費に25%となる。ここで重要なのは、広告費に25%も使うということだ。

あなたの会社やお店は広告費に25%を投入しているだろうか。つまり、集客に関連する部分の経費を全体売上の25%を費やしているだろうか。

25%なんてとても出せないと思うなら、せめて15%~20%は、集客に関連する費用にかけたほうがいい。そして、売上全体の広告宣伝費の割合をせめて10%~15%にするように考えることだ。(理想は20%以上)

結局のところ、販促の量が会社やお店の業績を決めていく。だったら、頑張ってここを増やせばいいだけである。

もちろん、小さな会社が広告宣伝費をなかなか出せないのは理解できる。そうであれば、DMやニュースレター、メルマガやポスティングなど、なるべくコストの安い販促ツールを効率的に使って量をこなしていけばいいのである。

とにかく、今の何倍かの販促量を行うことだ。なぜなら、売上が伸び悩む最大の原因は、この販促量の絶対的な不足にあるからである。

【参考記事】:


関連記事

  1. 最初の利益を放棄するともっと儲かるのにそれができていない

    最初の利益を放棄するともっと儲かるのにそれができていない

  2. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  3. 小さな会社は小さいことを武器にする

    小さな会社は小さいことを武器にする

  4. 値上げをする方法

    値上げをする方法

  5. キャッシュポイントの数が売上を決める

    キャッシュポイントの数が売上を決める

  6. 魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

    魅力的な強み(USP)が圧倒的な差を生む

error: Content is protected !!