経営の目的とは何か判っているか

経営の目的とは何か判っているか

ビジネスの成功とは、他人の問題を解決することから始まる。お客の抱えた問題を解決する手助けをし、選択肢をできるだけ広げてあげ、それを実現する方法を見つけるのに手を貸す。これこそが、経営の本当の目的である。お客を、金儲けの対象以上の大切なパートナーだと考え、その人の幸せや成功が、あなた自身の幸せや成功と直結していると考えることだ。問題を解決することが、お客の人生を豊かなものにし、その結果として、あなた自身の人生や家族や従業員の人生も豊かにしていく。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

お客の悩みを考えているか

人間は、どうしても他人の価値を高く見積もり、自分の価値を低く見積もりがちである。そして、これが会社の経営に大きな問題の影を落としている。つまり、お客に対して腰が引けてしまうのだ。

「自分なんか、大したことができない。」

つい、こう考えてしまうのだ。ここを改善していくことが経営を見直す第一歩となる。

自分の提供する価値を見直すときに、次の質問をし続ける必要がある。

それは、

「お客の悩みとは何か?」

ということだ。

一般的に、お客の悩みとは、何かを決める時(商品を買う時など)に、その決断について、上手くやりたい。出来る範囲で最高の決断をしたい。こう考えている。しかし、たいていの場合、何が正しい決断なのか自信が持てないでいる。そうすると、たいてい、あまり行動を起こさないようにしようとするのだ。間違った行動をしてしまうのは怖いし、失敗してしまった時の損失が頭をよぎるからだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

お客の友人になる

そんな時に、お客が探すのが信頼できる専門知識を持った友人である。その人は、自分にとって、一番ためになることをよく判っていて、利益になるようなアドバイスをくれる。そして、「そんな友人が欲しい!」そう、考えているのだ。

つまり、あなたが、お客の為にやるべきことは、この友人になるということだ。

「お客という名の友人を作る」

これこそが、会社やお店の経営の根幹に位置することである。まずここから、出発しよう。

友人になる為には、お客を、金儲けの対象以上の大切なパートナーだと考え、その人の幸せや成功が、あなた自身の幸せや成功と直結していると考えることだ。つまり、お客の幸せが、自分の幸せになるということだ。

そもそも、ビジネスの成功とは、他人の問題を解決することから始まる。問題を解決することが、お客の人生を豊かなものにし、その結果として、あなた自身の人生や家族や従業員の人生も豊かにしていく。

お客の友人になる

お客のことを好きになる

あなたが、会社やお店を経営するのであれば、ただ、金を稼ぐという目的以上に、もっと高い目標が存在する事を意識することだ。お客の抱えた問題を解決する手助けをし、選択肢をできるだけ広げてあげ、それを実現する方法を見つけるのに手を貸す。これこそが、経営の本当の目的である。

その為には、お客の人間性を理解し、その存在に、最大限の敬意を払うことだ。
もっと簡単な言い方をするのならば、

まずは、

「お客さんのことを好きになる」

ことである。

好きだから、大事にする。
好きだから、尊敬する。
好きだから、役に立ちたいと思う。

その結果として会社やお店が繁盛し、自分の人生も、家族も、従業員の人生も、よいものになっていくのである。

関連記事

  1. 需要と供給があなたの会社の利益を決めている

    需要と供給があなたの会社の利益を決めている

  2. やりがいのある仕事は会社にフロー状態をもたらす

    やりがいのある仕事は会社にフロー状態をもたらす

  3. ビジネスの基本とは「需要と供給」である

    ビジネスの基本は「需要と供給」にある

  4. 経営の意思決定は投資効率で考える

    経営の意思決定は投資効率で考える

  5. 人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

    人生を豊かに生きていきたいのであれば好きな仕事で起業すべきだ

  6. 小さな会社が取るべき二つの軸

    小さな会社が基本にすべき二つの軸

error: Content is protected !!