強み(USP)は大きな利益をもたらす

強み(USP)は大きな利益をもたらす

ビジネスを構築する上で、強み(USP)を設定することが最も重要だといえる。お客に支持されるの強み(USP)を設定することができるかどうかが、小さな会社のビジネスそのものの明暗を分けることになるのである。強力で、魅力的な強み(USP)を伝えることができれば、新しい魅力が生まれ、お店や会社が急激に変化する。お客に支持される強み(USP)は、ライバルを圧倒し、大きな利益をもたらすのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する「気の経営メルマガ編」も発行中(無料)

強み(USP)はライバルを圧倒する

中小企業や個人事業者などの小さな会社がビジネスを構築する上で、強み(USP)を設定することが最も重要だといえる。これは、どのような業種であっても、とても重要なポイントである。

お客に支持されるの強み(USP)を設定することができるかどうかが、小さな会社のビジネスそのものの明暗を分けることになるのである。

お客に支持される強み(USP)は、ライバルを圧倒し、大きな利益をもたらすものだ。そして、その強みが、数字として表せるようになれなるほど、増々強力になっていく。さらに、この強み(USP)をマーケティングの全てに取り込めればさらに、その威力は膨れ上がることになるのだ。

たとえば、あなたや従業員が、お客と話をする時、その一言一言で強み(USP)をはっきりと強調する。販売時のセールスの場でも、この強み(USP)の利点を説明する。お客には、ライバルの強みよりも、あなたの会社の強みのほうが、そのお客の為になる理由を常に示す。こうしたことを、地道にやっていくことで、あなたの会社の強み(USP)が、お客に伝わり、売上を引き上げていくのである。

強み(USP)を伝えられているか

その為には、常に、自分たちの強みをわかりやすく伝えられるように準備しておかなければ、どうにもならない。いきなり即興で伝えようとしても、それは不可能である。気持ちがあっても、表現できなければ、全く意味がないからからだ。

まずは、自分たちの強み(USP)を20秒ほどではっきりと力強く表現することができるようになっておくことだ。なぜ20秒かというと、人間は、長い文章だと、理解できないからだ。だから、短い1フレーズで、強み(USP)を的確に表現したものをしっかりと準備しておく必要があるのだ。

強み(USP)を伝えられているか

そして、きちっとしたフレーズとして、わかりやすく作成したものを販売にかかわる全ての人に浸透させて共有しておくことが大事なのだ。

こうして、お客と接する全ての場面で、この強み(USP)を明確に伝えていく。

そうすることで、その強み(USP)が、お客にとって、どれだけの利点があり、どれだけ重要なものであるかが初めて伝わるのである。

これは、どのような業種であっても、どのような会社やお店であってもまったく同じだ。

経営者はお客の生活を守る存在

強力で、魅力的な強み(USP)を伝えることができれば、新しい魅力が生まれ、お店や会社が急激に変化する。

強み(USP)を伝えることは、すなわち経営者である社長の考え方を伝えることだ。だから、社長がどのような考え方で商売をしているかを伝えることになる。つまり、強み(USP)とは、社長のアイデンティティそのものともいえるのである。

経営者とは、お客の側に立つ人間だ。商売をするということは、お客の生活を豊かにし、そして守る為だ。自分の為だけに行う人間には、お客は決して共感しない。だから経営者である社長は、常にお客の味方である必要がある。

だから、自分や自分の会社やお店の強み(USP)が、いかにお客の役に立つかを、全ての機会をとらえて伝えていくことが必要になる。

こうすることで、あなたの会社やお店は、お客にとってのOnly oneとなり、支持を得て、発展していくことができるのだ。

関連記事

  1. 商品が売れる理由を理解しているか

    商品が売れる理由を理解しているか

  2. 小さな会社が利益を出し儲かる方法

    小さな会社が儲かる方法

  3. 暇な時期の売上を増やす方法

    暇な時期の売上を増やす方法

  4. あなたの商品が売れない本当の理由

    商品が売れない本当の理由

  5. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  6. 常連客の持つ不満をわかっているか

    常連客の持つ不満をわかっているか

error: Content is protected !!