小さな会社は社長の人間的魅力が重要になる

小さな会社は社長の人間的魅力が重要になる

インターネットの本質というのは、コミュニケーションとしてのツールにある。そうなると、魅力ある人の所にお客が自然と集まっていくことになる。魅力とは何かというと人間性になる。人間性の裏付けになるのは、その人のこれまで生きてきた経験だ。これまでにしてきた経験(いい経験も悪い経験も)が、その人の人間性を形作っている。その経験は、いい事も悪い事もだ。失敗した経験や、恥ずかしいと思った経験は、誰かの心を励まし癒していく。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

ビジネスが変わり始めている

いま、世の中のビジネスをめぐる環境は大きく変化している。

特に、インターネットでのお金の流れは年々倍々ゲームのように増えていっている。つまり、インターネットの市場はどんどん拡大しているということだ。

そして、さらにネットを使ったビジネススタイルは狩猟型から農耕型に変化しつつある。これは、これまでが、確率的に売り上げを求めていたところから、見込客をじっくり育ててその限られた中から売上を上げるように変化してきているのだ。

だから、これまでのような、煽り一辺倒なセールスページは成約率が落ちてきている。また、無料トライアルや特典で釣るようなスタイルも成約率が落ちてきている。顧客が求めているものは、そういうものではなくなってきているのだ。

お客はつながりを求めている

では、お客がいまどんなことを求めてきているのだろうか?

私の感じるところでは、それは「つながり」である。

もともと、インターネットの本質というのは、コミュニケーションとしてのツールにある。だから、ここに行きつくのも当然といえば当然の帰結だ。そうなると、魅力ある人の所にお客が自然と集まっていくことになる。

だから、これからビジネスで成功していくためには、魅力ある人間でなければ上手くいかない。魅力のない人間では、商品が売れなくなっていく。今後の大きな傾向として、商品の魅力そのものは、あまり大きな要素ではなくなっていくのだ。

お客の感情は、

「あなただから買いたい」
「あなただからこうしたい」

こうなっていくのだ。

お客はつながりを求めている

お客にとっての魅力とは何か

ここでいうところの魅力とは何かというと人間性になる。

ビジネスのスタイルが、狩猟型から農耕型に変わると、当然のごとく、お客との接触回数が増えていく。こうなると、人間性が重要にならざるを得ない。

利益だけを追求するタイプ(利益第一主義)の人は、すぐにメッキがはがれることになる。どのように美辞麗句を駆使しても、その行間を顧客は感じ取る。

「ああ!この人は、お客の為といいながら、
結局、お金しか見えていないな!」

どんなに、言葉を飾り立てても、後ろにある胡散臭さを見抜かれてしまうのだ。だから、これからのビジネスでは、人間性が勝負になる。

では、その人間性は何からもたらされるのだろうか?
一言で言ってしまえば、それは、人生の経験だ。

人間性は経験が作り出すもの

人間性の裏付けになるのは、その人のこれまで生きてきた経験である。これまでにしてきた経験(いい経験も悪い経験も)が、その人の人間性を形作っている。

そして、こればかりは、一朝一夕にどうこうできるものではない。経験だけは、飾りようがないのだ。そして経験は、誰にとっても、大きな価値のあるものなのである。その経験は、いい事も悪い事もだ。失敗した経験や、恥ずかしいと思った経験は、誰かの心を励まし癒していく。

私の尊敬する経営思想家の岡田徹氏が次のような言葉を残している。

「商売とは、
人の心の美しさを
出しつくすなりわい
あなたの商人の姿に、
前垂れを掛けた御仏をみたい」

(岡田 徹)

関連記事

  1. 社長が会社で一番重要な存在である

    社長は自分の貢献度を過小評価してはいけない

  2. 小さな会社の社長は経営に命をかける

    小さな会社の社長は経営に命をかける

  3. 商品を売る為の最高の方法

    商品を売る為の最高の方法

  4. 失敗しない起業法は存在するのか

    失敗しない起業法は存在するのか

  5. お客が本当に必要なものを見極める

    お客が本当に必要なものを見極める

  6. お客を育てるということを理解しているか

    お客を育てるということを理解しているか

error: Content is protected !!