社長と経営者はどう違うのか

「社長」と「経営者」は、同じような言葉だが、実は全く違うものだ。わかりやすく表現するのなら、社長はリーダーであり、経営者はマネージャーである。経営者の仕事とは、会社を効率的にマネージメントしていくことが仕事だ。一方、社長の仕事は、進むべき道を示し、一族をまとめそこに向かっていくことにある。(内田游雲)

profile:
内田游雲(うちだ ゆううん)

ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「運の研究-洩天機-」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

社長と経営者は大きく違る

「社長」と「経営者」

同じような言葉だ実は全く違うものだ。
わかりやすく表現するのなら、社長はリーダーであり、経営者はマネージャーである。
もちろん、世の中的には、社長も経営者も同じだと考えている人がほとんどだと思うが、私は、全く別だと考えている。

経営者とは、文字通り経営する人だ。
会社を経営し、利益を上げて、出資者(株主など)に還元する人である。
だから、利益が出せないとクビにされる。
つまり会社の経営者は、出資者(株主など)の為に働く人となる。
株式会社とは、その名の通り株主のものである。
だから、経営者は、株主の利益のために働くことになる。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

一方、会社の社長は、会社の長(おさ)だ。

長(おさ)とは、つまり一族の長。一族を統率し、安全と繁栄に責任を持つ存在である。
だから社長は、家族や従業員の為に働くことになる。
つまり、より原始的な族長を意味する。

ただし、これは中小企業だからできることである。
中小企業が大きくなっていくにつれて、経営者の仕事は出資者(株主など)の為になっていく。
つまり、会社が小さいうちは社長であり、大きな会社になれば経営者になっていくことになる。
この違いが大きいのである。

社長の仕事を確実に理解する

社長と経営者では、仕事の中身がまったく別のものになる。
経営者の仕事とは、ひたすら効率化して、利益を最大にしていくことにある。
つまり、会社を効率的にマネージメントしていくことが仕事だ。

一方、会社の社長の仕事とは、社員や家族の幸福を目指して進むべき道を示し、一族をまとめそこに向かっていくことなのである。
だから中小企業には経営者は必要ない。
必要なのは、一族を引っ張るリーダーシップを持った社長なのだ。

だから小さな会社の社長の重要な仕事は次のことである。

・進むべき未来のビジョンを社員や家族にしっかりと見せること。
・自分の商売の強み(USP)を明確化すること。

これが、まず必要になるのである。

しかし、日々の業務に追われて、お客の対応をしてしまっていると、重要なこの仕事ができない。
残念ながら中小企業では、どうしても日々の仕事を、社長自らがこなさなければいけない。
ここに、中小企業や個人事業のジレンマがある。

そうしないと、仕事が回っていかないから。これは、まあ仕方の無いことだ。そのため、どうしても「考えること」が、おろそかになりやすい。多くの中小企業が不振に陥るのはここに原因がある。

特に、従業員5人以下の小規模事業においては、社長はスーパーマンであることを必ず求められる。
そこでは、経営に必要なほとんどの技能を要求される。
マーケティング・営業・経理など、経営のほとんどを自分一人でこなさなければ会社は回らないからだ。

その為に、多くの知識を必要とするし、何もかもを自分でやらなければならない。

しかしそれでも、

・進むべき未来のビジョンを社員や家族にしっかりと見せること。
・自分の商売の強み(USP)を明確化すること。

これは、忘れてはならない。これこそが、社長のやるべき仕事だからだ。

社長の仕事を誰かに任せない

しかし、これまでコンサルしてきた多くの社長に共通する失敗は、仕事が軌道に乗りはじめると、つい誰かに、本来社長がやるべき仕事を任せようとしてしまうことだ。
そして、自分はなぜか大きな会社の経営者のように振る舞おうとしてしまう。
こうなると、その会社は一気におかしくなる。

小さな会社は社長が全てである。社長の思想や世界観が全てなのだ。
特に社員50人程度までの会社の場合にはこれは絶対である。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

社長が社長の仕事をしなければ、会社が繁盛するはずもないし、それどころか倒産に向かうことになる。

はたして、あなたは社長としての仕事をしっかりできているだろうか?
自分がやるべきことを、しっかりとやっているだろうか?
そしてその為に、しっかりと学んでいるだろうか?

小さな会社の社長は、常にここを意識することが重要なのである。

関連記事

  1. 市場戦略を考える

  2. 勝ち組と負け組を分ける要因

    勝ち組と負け組を分ける要因

  3. 商人としての責任を自覚して経営をする

    商人としての責任を自覚して経営をする

  4. 有名になりすぎないほうが幸せになる

    有名になりすぎないほうが幸せになる

  5. 仕事は私たちを幸福にはしてくれない

    社長は仕事だけを優先しないほうがいいい

  6. 経営思考の階層

error: Content is protected !!