全自動で稼ごうとしないほうがいい

お客側からすれば全自動に何の魅力もない

ネットを使った商売の仕組みをつくる時には、よく「全自動」ということがいわれる。しかし「全自動」という言葉の裏返しは、新たな「価値」を作り上げないということだ。商売は、やはり「お客のために」と考えて、「価値」を創造し、提供していくことが望ましいあり方だ。(内田游雲)

profile:
内田游雲(うちだ ゆううん)

ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。静岡県静岡市に生まれる。中小企業経営者に向けてのコンサルティングや人生のコーチングを専門に行っている。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的指導には定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「運の研究-洩天機-」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

全自動で金を稼ぎ続けたい

インターネットを使ったビジネスの仕組みをつくる時には、よく「全自動」ということがいわれる。この手法、このツールを使えば、あとは、ほとんど手を動かさなくても全自動でOK!

こんな意味合いの謳い文句を、多くのサイトなどででよく見かけるだろう。

もし、すべてを「全自動」で行い、利益を生み続けることができたら、きっと、良い暮らしができるのだろう。あくせくと働かなくても、自分の代わりに「何か」が動いてくれるのだから。それで、稼ぎも手に入る。

誰でもこんな生活に憧れてしまう。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

しかし、これは、目先のことしか考えられていない発想だ。悪い言い方をすれば、「ラクして、金を儲けたい一心」だということだ。

「自分だけは得したい」
「自分が稼げればそれでよし」

そう言っているということと同じなのだ。

商売は洗濯機ではない。
お客側からすれば、全自動に何の魅力もない。

詐欺につながりやすい全自動

そして、哀しいかな、「自分がラクするため」となると、自ずと詐欺的な発想にならざるを得ない。

何をもって「詐欺」というかは微妙な問題だが、やはり、「お客のために」と考えて、「価値」を創造し、提供していくことが商売の望ましいあり方だ。

「全自動」の裏返しは、新たな「価値」を作り上げないということだ。
つまり、究極のところ、
『お客に「価値」を提供しない商売』
ということになる。

そのような商売が長続きするだろうか。
ただ「売れればいいのだ」という人と、「売ってお客を幸福にしたい」と思っている人とでは、当然差が出てくる。

くどいようだが、やはり「お客の為に」と思わないと、「価値」を生み出すための新しい発想自体が生まれてこないのだ。

商売はお客の幸福の為に在る

私たちが商売をする目的は、金儲けだけではない。
会社をただ大きくするのではなく、関わった人たち(お客も社長も社員も)総ての幸福を目指す。
そして、お客とのつながりの中で、喜んでもらい感動してもらう。
その結果として、商品が売れていく。
こうした仕事のあり方こそが、本来の商売の姿だと私は思うのだ。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

目先の利益を追い求めると確かに今は儲かるが、未来でうまくいかなくなる。

商品をお客の幸福のために売ることを『徳』を積むと言う。
安定的な利益を得たいと思うのであれば、近視的に利益を追い求めるのではなく、徳を積むことが重要なのである。

関連記事

  1. 勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

    勉強熱心な経営者ほどニーズとウォンツの関係を間違う

  2. 会社は長続きさせることが目標

    経営は長続きさせることが目標

  3. 顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

    顧客生涯価値(Life Time Value)が利益構造を作る

  4. 集客はネットでニッチにアクセスすること

    ネットから集客する前に「売れる仕組み」を作れ

  5. 商売を繁盛させる基本は3つの要素にある

  6. 顧客に支持され続ける会社を目指す

    お客に支持され続ける商売を目指す

error: Content is protected !!