儲かる為の新しい経営戦略

儲かる為の新しい経営戦略

中小企業や個人事業者のような小さな会社の社長としてあなたが商売をする時に、もっとも重要な事は、あなたの生き方をお客に伝えることだ。、今は、商品の魅力だけではなかなか売れない時代になり、社長個人の魅力で、商品が売れていく時代だからだ。これらかの商売で大事なことは、社長の人間的魅力である。だったら、この人間的魅力に焦点を当てて研鑽を積んでいけばいい。そして、ここを経営戦略の中心に据えることだ。(内田游雲)

profile:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、この世界の法則や社会の仕組みを理解し、時流を見極めて経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 、「木鶏」「千思万考」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する【気の経営(メルマガ編)】も発行中(無料)

経営者として生きることが豊かになる近道

私は、基本的に中小企業や個人事業といった小さな会社の社長に向けて、こうした文章を書いている。もちろん、この文章を読んている人には、それ以外の人も多く含まれているとは思うが、今は、雇われの人も、いずれは、自分の足で立って起業して、商売を始めて欲しいと願っている。

なぜなら、この資本主義の世の中においては、起業して会社を持って経営者として生きることが、豊かになるための近道だからだ。もちろん、それにはリスクが伴いはするが、こうした生き方が資本主義の中では正解だと感じるからである。

ここでいう、会社というのは、あくまで象徴的な言い方で、実際に店舗や事務所を持つ必要はない。今の時代は、むしろ実際の店舗や事務所を持たないほうが、良い場合も多くある。

内田游雲の発行する【気の経営-メルマガ編-】(無料)はこちらから

社長の生き方が戦略の中心になる

中小企業や個人事業者のような小さな会社の社長としてあなたが経営をする時に、もっとも重要な事は、あなたの生き方をお客に伝えることだ。これが、これからの経営戦略の中心になっていく。

今は、商品の魅力だけではなかなか売れない時代になり、社長個人の魅力で、商品が売れていく時代だからだ。そうなると、ここを基本にして経営戦略を組み立てていく必要がある。つまり、どれだけ社長であるあなたのことを、お客に知ってもらえるかが、カギとなっている。

しかし、多くの社長がこのことにまだ気が付いていない。だから、つい、マーケティングやセールスのスキルやテクニックだけに拘わってしまうのである。もちろん、そうした知識を勉強することは、素晴らしい事だ。しかし、もはや世の中の前提が変わってしまったのである。

あらゆるところで、ブティック化の波が起こってきている。ブティック化とは、小型の専門店化ということだ。この時の、お客の購買動機は、どのような商品を買うかということよりも、だれから、どのような商品を買うかにシフトしていく。

社長の生き方が戦略の中心になる

社長の人間的魅力が売れるカギ

これらかの商売で大事なことは、社長の人間的魅力である。だったら、この人間的魅力に焦点を当てて研鑽を積んでいけばいい。そして、ここを経営戦略の中心に据えることだ。

そして、この人間的魅力をウリにするために、必要な事は、コンテンツマーケティングである。コンテンツマーケティングとは、独自のコンテンツを発信して、見込客を集め、そこにあなたの魅力を伝えていくことだ。独自コンテンツとは、どういうものかというと、これは、ただの情報や知識ではない。情報や知識をあなたの体験を基にして、再構築したものを独自コンテンツと呼ぶ。

つまり、あなたのこれまでの経験や体験を基にして、情報発信をすることで、見込客を集め、共感してもらい、そして、あなたから商品やサービスを買ってもらう。これが、これが、これからの10年、あなたの商売を繁盛の為の経営戦略であり、最も重要なポイントとなるのだ。

関連記事

  1. オンラインとオフラインの両方が必要

    経営にはオンラインとオフラインの両方が必要

  2. ネットから集客する前に売れる仕組を作れ

    ネットから集客する前に「売れる仕組み」を作れ

  3. 平等思考では儲からない

    平等思考では儲からない

  4. ネット環境が小さな会社を有利にする

    小さな会社はリアルとネットを効率よく使うことでチャンスを手に入れられる…

  5. 最初の利益を放棄するともっと儲かるのにそれができていない

    最初の利益を放棄するともっと儲かるのにそれができていない

  6. マーケティングに投資をする

    マーケティングに投資をする

error: Content is protected !!