強み(USP)とは約束のこと

強み(USP)とは約束のこと

効果的なマーケティングとは、お客が思わず買いたくなるような合理的な理由を作り出し、強力な強み(USP)で行動を促すものだ。人は何かの商品やサービを買おうとするときに、たいてい何らかの強み(USP)に引かれて、購入しようと思う。それほど強み(USP)は、お客に購入を迫る力がある。マーケティングは、強み(USP)がまずベースに有ってそこから組み立てていく。明確で説得力のある強み(USP)をお客の心に焼き付けることが重要になるのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

誰に対しても魅力的な強み(USP)は存在しない

あなたがこれまでに、何かの商品やサービを買おうとするときに、たいてい何らかの強み(USP)に引かれて、購入しようと思ったはずだ。それほど、強み(USP)は、お客に購入を迫る力がある。

しかし、ここで、気を付けておくべきは、誰に対しても魅力的な強み(USP)は、絶対にあり得ないという部分だ。

会社やお店を経営していると、つい、全ての顧客を大事にしようとしてしまいがちである。しかし、たいていの強み(USP)は、特定の市場のごく一部だけに訴えかけるようにできている。

高級志向の顧客と、バーゲン狙いの顧客とでは、大きな隔たりがあるし、その両方の心を掴むことは、最初から無理な話なのだ。

だから、どちらを自分の顧客として選ぶかを、まず考える必要がある。これを、つい欲をかいて両方を追うと、結局、何も得ることができなくなってしまう。

強み(USP)を決めることは、ある顧客層を切り捨てるということでもあるのだ。

強み(USP)とはお客との約束

そして、もう一つ大事な事は、強み(USP)というのは、お客との約束だということです。

ここを、いい加減に考える人が多くいるのだが、強み(USP)を見込客に伝えた瞬間に、それは、あなたとお客が、その強み(USP)の内容について、確実に実行すると約束したことになる。

強み(USP)は、表現された瞬間に、公約として動き出してしまうのだ。だから、実行不可能な強み(USP)は、決して選んではいけない。

言葉だけで、実行が伴わない強み(USP)は、最終的に、会社やお店の信用を失墜させることになってしまう。強み(USP)を決める段階で、それを実行することができるかどうかが、最も重要な基準となるのだ。

強み(USP)はあらゆる場面で表現する

強み(USP)はあらゆる場面で表現する

さらには、売上や利益、リピーターの割合についても分析を怠ってはいけない。ただ、市場の隙間を埋めるだけではなくて、売上、客層、利益などの全ての面で、あなたが望む、結果を残すためのものが、強み(USP)だということだ。

現実には、たいていのビジネスモデルは、リピート販売やバックエンド販売を必要としている。ということは、お客が購入した後でも消えないような、インパクトのある明確で説得力のある強み(USP)をお客の心に焼き付けることが非常に重要になるのだ。

お客が、リピートしようとする際にあなたの強み(USP)が、はっきりと頭に思い浮かぶようにするのだ。お客の心は、商品を購入した時に一気にモチベーションが下る。自分の決断が正しかったかどうかが不安になるものだ。

そこで、販売後にすぐに計画的にフォローをかけることで、お客は、自分があなたにとって特別な存在であると思えるので、リピートにつながっていく。この時にも、強み(USP)を繰り返し伝えることで、お客に、より強く伝わることになる。

効果的なマーケティングとは、お客が思わず買いたくなるような合理的な理由を作り出し、強力な強み(USP)で行動を促すものだ。

マーケティングは、強み(USP)がまずベースに有って、そこから組み立てていく。だからこの、強み(USP)については、慎重に考えたうえで、全力で実現していく必要がある。

関連記事

  1. 商品が売れる理由を理解しているか

    商品が売れる理由を理解しているか

  2. 商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

  3. 独自の強み(USP)の見つけ方

    独自の強み(USP)の見つけ方

  4. オンラインとオフラインの両方が必要

    オンラインとオフラインの両方が必要

  5. ビジネスはマーケティングが8割

    ビジネスはマーケティングが8割

  6. 小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう

    小さな会社はお客に自分で階段を上ってもらおう