あなたの発信するメッセージは統一されているか

あなたの発信するメッセージは統一されているか

ビジネスのマーケティングというのは、お客をどのように教育するのかということだ。それは、つまりお客に、何を伝えるかということであり、さらには、どのような価値観や世界観を伝え、共感してもらうかというその一点に尽きるのである。その為に、あなたが使う広告などの媒体の役割は、あなた自身の価値観や世界観を伝え広げることであり、さらには、あなたという人間がどのような人間かを伝えることが目的となりのだ。(内田游雲)

プロフィール:内田游雲(うちだ ゆううん)
ビジネスコンサルタント、経営思想家、占術家。中小企業や個人事業等の小さな会社のコンサルティングを中心に行う。30年以上の会社経営と占術研究による経験に裏打ちされた実践的コンサルティングには定評がある。本サイトのテーマ「気の経営」とは、宇宙の法則や社会の仕組みを理解し経営を考えることである。他にも運をテーマにしたブログ「洩天機-運の研究」を運営している。座右の銘は 「千思万考」「木鶏」。世界の動きや変化を先取りする情報を提供する『気の経営メルマガ編』も発行中(無料)

したくない価格競争をしている

以下の記事で取り上げたのは、お客さん自らマーケティングの階段を上ってきてもらおうということだった。

【参考記事】:

そして、そレを実現するためには、あなたの価値観や世界観を伝え続ける必要がある。価値観や世界観を伝え続けるということは、あなたがカラスが白いと考えているのなら、それをずーっと言い続けることだ。

そして、お客が白いカラスがいると、信じるようになるまで発信し続けることだ。

このように、ビジネスのマーケティングというのは、ある意味洗脳的な側面がある。テレビなどの化粧品のCMなどをみても、新しく配合された成分が、どれだけいいかと価値観を発信しまくっている。つまり、マーケティングというのは、どのような価値観のメッセージを出すのか、ということに尽きるのである。

では、新聞に折り込まれるチラシなどを見て一度考えてみて欲しい。これは、あなたの会社やお店のチラシでも、その他の会社のチラシでもいい。そのチラシを見て、目に飛び込んでくるのは、いったいどのようなメッセージだろうか。

あるいは、街を歩いていて目に飛び込んでくる看板に書かれているのは、いったいどのようなメッセージなのだろうか。

実際に見回してみると判るのだが、その多くが価格であることに気づく。つまり、多くの会社やお店が価格を中心にした情報を発信しているのだ。

それは、言い換えれば、

「私たちは価格競争をしています」

というメッセージに他ならない。

しかし実際に広告を出している社長に聞いてみると、口をそろえて価格競争はしたくないというのだ。ところが、現実に発信しているメッセージは、価格競争のメッセージなのである。

発信するメッセージを統一する

どうしてこうなってしまうかというと、多くの会社やお店が何を発信するかが明確になっていない、または、それができていないのだ。既に、最初のボタンが掛け間違っているのだから、問題が発生することになる。

ビジネスのマーケティングというのは、お客をどのように教育するのかということだ。それは、つまりお客に、何を伝えるかということであり、さらには、どのような価値観や世界観を伝え、共感してもらうかというその一点に尽きるのである。

だから、お客の目に触れる部分は、全て同じ価値観や世界観で統一される必要がある。これは、店舗のデザインや、POP、様々な広告、看板、さらにはホームページも全く同じなのだ。

しかし、ほとんどの場合、その中心となる価値観や世界観が明確にならないまま、作成されたり、発注されていくので、統一されていないどこかで見たようなものばかりになってしまう。

だからこそ最初に、あなたの持つ価値観や世界観を明確にし、解りやすく表現する必要がある。これが、全ての中心に来る必要があるのだ。

発信するメッセージを統一する

伝える媒体をしっかりと使おう

そして、こうしたメッセージをお客に発信するための最も重要なツールがニュースレターやメールマガジンになる。

なぜなら、こういった価値観や世界観は、すぐには伝わらず、何度もメッセージを届けなければならないからだ。その為には、定期的にお客さんにリーチするツールが必要になる。これに最適なのが、ニュースレターやメールマガジンなのだ。

まだ、ニュースレターやメールマガジンを出していない人はぜひやったほうがいい。その効果は絶大だ。ニュースレターやメールマガジンは、教育のほとんどを担うものだ。だから、自動化の主役であり、絶対に欠かせないものになる。

ただし、気を付けたいのは、あくまでニュースレターやメールマガジンの目的は、あなたの持つ価値観や世界観を伝えるためのものだということである。紙媒体か電子媒体かの違いはあるが、どちらも目的は同じである。だから、社員に任せたり(一部を任せるのはOK)、外注したりでは、意味がないのだ。

こういった媒体の役割は、あなた自身の価値観や世界観を伝え広げることであり、さらには、あなたという人間がどのような人間かを伝えることが目的である。とにかく、ここを間違えないように注意が必要だ。

ブログの持つ役割とは価値観を伝えること

さらに、もう一つこういった価値観や世界観を伝える最適な媒体がある。

それがブログだ。

だから、あなたがホームページを持っているなら、ただの会社案内にするのではなく、その中に、必ずブログの部分を入れたほうがいい。そして、そのブログで書くべき内容は、あなた自身の価値観や世界観だ。

マーケティングとは価値観や世界観を伝えることだということに気づいている小さな会社の社長は、ほんの一握りしかいない。だからこれをやれば、ライバルに対して大きな差をつけることができるだろう。

関連記事

  1. 会社を繁盛させるには何をすればいいのか

    会社を繁盛させるには何をすればいいのか

  2. 集客ができれば経営は簡単になる

    集客ができれば経営は簡単になる

  3. 売上の増えない原因は2つに集約される

    62,500人の見込客を忘れていないか

  4. 失敗の原因はアイディアの先行

    売れる商品の作り方

  5. 独自の強み(USP)を持つ

    独自の強み(USP)を持つ

  6. 独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

    独自の強み(USP)を見つけOnly oneになる

error: Content is protected !!